« 慢性前立腺炎の症状♯18「カウザルギー」が前立腺の治療で消失 | トップページ | α-ブロッカーとベタニスの併用 »

お礼のメール

〇〇です。その節は的確なご助言をいただきありがとうございました。

現在エブランチルとご紹介のアグリコンイソフラボンを飲み、この2年以上あれほども苦しんだ症状が何もなかったかのように非常に軽快(寒い日や雨の日に不快感を感じる時もありますが1週間に1度もないかもしれません)
して日常の鬱々とした気分や下腹部が気になりすぎる事によるイライラがほとんど解消されました。
それとは別に痛みもあったのですが、そちらの方は自分でも気づきませんでしたが、尿路結石であったらしく、コロンと小さな石が一つ出てからは痛み自体焼失しました。
これも高橋先生のアドバイスのおかげと大変に喜んでおります。実のところ、自分でも信じられないような軽快ぶりで、どうして早くαブロッカーを処方していただけるお医者さんを探さなかったのかと悔やまれるほどです。
尿流量測定もしてもらいまして、小さなギザギザの見える最大速度17?という38歳という年齢にしては恐らく弱めの、膀胱頸部硬化症の方によく似た波形でした(医者からはそうだとは言われませんでしたが)

しかし、予約を取って診察してもらい、満を持してαブロッカーの名前を出しても「そんなもの効きません。あなたの症状には関係ないです」や「そんな薬どこで聞いたんですか?患者に催促されてホイホイ薬を処方するような医者はいません」と言われたり、何度も聞いた「気のせいです。心因性ですね。気になるならセルニルトンかエビプロスタットという薬を出しましょうか?」という医者があまりにも多く、それらを聞くたびにクリニックを変え、4件も不毛に泌尿器科を巡らなければならなかったのはどうにも辟易とさせられました。
これほど歴然と効果のある人間が居るというのに、それを信じようとしない人が多すぎるのは非論理的に思えてなりません。
自分のように確信を持ってチェーンドクターを続ける人というのは少数なんじゃないでしょうか・・・
それとも単に自分の運が悪いだけなのでしょうか。

この病気は、根本的に排尿障害のある患部が薬で治るというものでもないと思いますが、当面の苦しみから少し解放されて最近は晴れやかな気分です。イソフラボンも飲み続けようと思います。
高橋先生、本当にありがとうございました!

|

« 慢性前立腺炎の症状♯18「カウザルギー」が前立腺の治療で消失 | トップページ | α-ブロッカーとベタニスの併用 »

コメント

先生のところでエブランチルとデパスを処方していただいているものです。大豆イソフラボンのことでお聞きしたいことがあります。

私が主に悩んでいる症状は、腰痛、背中・首の違和感、軽いめまい(ふわふわした感じ)等なのですが、そのような症状にも大豆イソフラボンは効果は期待できるでしょうか?先生のところで診断してもらった時には、前立腺の肥大はみられませんでした。
【回答】
大豆イソフラボンの効果は期待できます。
この病気は、どのような症状であろうと、排尿機能障害→膀胱頚部硬化症→膀胱三角部・頚部の興奮→脊髄神経回路の興奮→慢性前立腺炎症状の発現という大雑把な流れで起きる病気です。
エブランチルは、膀胱三角部・頚部の平滑筋の興奮を抑えるために処方しています。
デパスは、膀胱三角部・頚部の興奮→脊髄神経回路の連絡を鈍くするために処方しています。
大豆イソフラボンは、興奮している平滑筋を鎮めるために有効です。
ただし、サプリメントで保険が利きません。
毎日1錠130円ほどの自己負担になるので、保険薬で効果がある患者さんに積極的にすすめている訳ではありません。
症状改善のクオリティを上げたく試したいのであれば、おすすめです。

投稿: jun | 2011/11/09 18:46

やっぱり高橋経由で買うイソフラボンしか効果がないのですよね?
【回答】
高橋と呼び捨てですか?
初めから回答する必要はないという意味ですね。

市販のものやパックの豆乳では効果がなくて、あくまで高橋名義の入ったFAXを送信して欲しいんですよね?
【回答】
どのように解釈されても結構です。

投稿: ああ | 2011/11/11 12:30

ありがとうございます。早速試してみようと思います。これからもよろしくお願いします。

投稿: jun | 2011/11/11 21:22

別に先生がこの会社からマージンをもらっているわけでもありませんし、この会社自体質問のメールをするととても親切詳細に回答してくれます。

先生の理論からすると効果は期待出来ますし、現実に私には効果がありました、残尿感や尿意に悩んでいる方は試す価値はアリです。

まとめて買うとちょっとお得です。

ご参考まで。

投稿: とし | 2011/11/15 10:50

イソフラボンは先生の指示で私にははっきり効果ありで排尿痛も消え、排尿も楽になりました、PSAも4.5からわずか25日服用で1.7になりました!
イソフラボンも多種多様あるようですが先生おすすめの分が信頼と効果がはっきりとしてるようです(個人的見解)
お世話になってる患者である我々は先生の医師としての人間性と個人的な人間性(医学こぼれ話より)・的確な診断に頼ってるのであり、それ以外は無用です、先生がお元気である事が希望です!先生の対応には本当に頭が下がります、日本のドクターでこのような自分の時間をさいて対応をされてるドクターはいらっしゃらないのではないでしょうか?
【回答】
探せば必ず存在します。

投稿: けんじ | 2011/11/28 12:46

新年あけましておめでとうございます。
高橋先生の記事をネットで拝見し、近くの泌尿器科に頼み込みベタニスとハルナールを処方してもらいました。慢性前立腺炎の部類に入る関連通がひどかったからです。
御蔭さまで服用後2週間ほど経過した今では9割がた良くなりました。誠に先生には感謝に堪えません。
そこで質問なのですが、ほぼ完治したように思っても服用期間はあとどれくらい続けた方がよろしいでしょうか?(2か月ほど?)
【回答】
この病気は症状が改善しても、根本的に治っている訳ではありません。
ですから、出来れば服用し続けることを望みます。
半年も服用すると、硬化像などの所見が改善している事実はあります。」

又、何年かして再発の可能性もあるでしょうから、その際はどうか宜しくお願い致します。
高橋先生のブログが無かったら今も苦しんでいたかと思うとぞっとします。追って何かほんの気持ちのものを送らせて頂きたいと思っております。
今後ともご自愛のうえご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: ファーストエンペラー | 2012/01/01 05:18

先生つまり手術しないでアルファブロッカーのみで器質的変化が確認できたらアルファブロッカーをやめる根拠になりますか?
【回答】
絶対的な根拠ではなく、相対的な根拠にはなります。

投稿: | 2012/11/04 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お礼のメール:

« 慢性前立腺炎の症状♯18「カウザルギー」が前立腺の治療で消失 | トップページ | α-ブロッカーとベタニスの併用 »