« 「ベタニス」の作用と副作用 | トップページ | 大豆イソフラボンの効果 (患者さんのメールから) »

「ベタニス」の手応えと印象

待ちに待った慢性前立腺炎・間質性膀胱炎の患者さんに「ベタニス」を処方して、2週間は経過しました。
発売開始の9月16日から9月30日までで、65人に処方しました。(・・・この時点で日本で2番目に多く処方しているとのこと。1番は北海道の医師らしい・・・)
初めの頃、処方した患者さんからの感想がチラホラ聞こえてきたので、ここで紹介しましょう。
【結果】
①とても効果があった:3割
②α-ブロッカーとほとんど変わらない:3割
③効かなかった・分からない:3割
④気分が悪かった:2例 口が渇くなど
ざっとの印象で、こんなものでした。

【注】
私は慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の患者さんに処方していますが、本来の過活動膀胱の患者さんのベタニスの効果は80%以上でしょう。
事実、頻尿と痛みの患者さんは、痛みは改善しなかったのですが、頻尿はなくなりました。つまり過活動膀胱症状は消失したということです。

【補足】
②と③の患者さんは投与量が25mgと少なかったので、50mgに増量して経過観察中です。また、α-ブロッカーと併用してみて効果を確認中の患者さんもいます。
時間が経過すれば(1ヵ月以上)、もっと詳細に判明するので、判明したら、またここでご紹介します。

【中間報告】

効き目の印象は、おおむね上記の通りです。

副作用について報告します。
のどの渇き・口渇:2人、頭痛:1人、便秘:1人、不整脈:1人、EDぽい:1人でした。

ベタニス単独では効いた感じがしなかったご婦人が、予備にあったデパスを併用したら、とても効果があったとの報告がありました。デパスとバタニスの相性が良いのかも知れません。

また、α-ブロッカーと併用したら、α-ブロッカー単独よりも症状の改善が著しかった患者さんの報告も受けています。

|

« 「ベタニス」の作用と副作用 | トップページ | 大豆イソフラボンの効果 (患者さんのメールから) »

コメント

エブランチルを飲むと膀胱か前立腺あたりが締め付けられているような違和感を感じるのですが、これでいいのでしょうか?
【回答】
その感覚が不快なものであれば、中止すべきです。

投稿: Y | 2011/10/05 12:19

先生いつもお世話になります、膀胱壁が厚く、排尿障害で、現在先生お勧めの大豆イソフラボンとフリバスを服用ですが、血圧が低いのでフリバスを1日おきにしておりますが
ベタニスの血圧への影響はどうなのでしょう
、又、私のような症状にもベタニスは良いのでしょうか?よろしくお願いします。
【回答】
現在のお薬で症状がコントロールできているのであればベタニスは不要です。
血圧には影響ありません。

投稿: けんじ | 2011/10/05 13:48

エブランチルで一定の効果はあるものの、波があって不満があったので先日(ベタニスを)処方していただきました。

感想として最初2日間は何となく症状が悪化した感じが(寒くなってきたのもあるが)したんですが、徐々に夏場の調子のいい時とそう変わらないまでに上がったので一定の効果があるんだなと感じました。
しかしながら、エブランチルとの併用なので+2の効果なのか、ベタニス単独の効果なのか判りかねますが・・・・
【回答】
ベタニスの治療した患者さんが増えれば、効果がハッキリと判明するでしょう。

投稿: ke | 2011/10/05 19:10

いつも拝見させてもらっています。
ベタニスの効果は楽しみですね
痛みと頻尿の患者で頻尿には効いて痛みには効かないとは今のところ残念な結果ですね。

先生のブログからは排尿障害があれば頻尿の患者さんも痛み系の患者さんもソフトの違いで元はどちらも一緒みたいな感じのコメントですが頻尿系に交換があり痛み系に効果が薄いと言うことは排尿障害からの頻尿と痛み症状は似て似つかないものといまのところなるわけですか?
【回答】
この患者さんの結果だけでは、結論は出せません。
症状の情報源は膀胱三角部も含んだ膀胱頚部周囲の平滑筋だと私は信じています。
ベタニスが、初めから患部全体に均一に作用しているとは思えません。
不均一であれば、作用した部分に「頻尿」の発信源、作用しなかった部分に「痛み」の発信源が存在したと考えれば合点がいくでしょう。
時間が経過すれば、エントロピーの法則の如く、不均一から均一になるので、効果が出てくるでしょう。(期待を込めて・・・)


例えば排尿障害によるプロスタグランジンを介さない痛みの場合の関連痛は硬化してる場所を軟化?や切開させてあげれば痛みがトリガーポイントにより消滅すると先生のお考えは十分にわかります。

3Dエコーで見られる所見で硬化してる人となんらかの形で腫れてる人との2種類の考え方があるんじゃないかなと子供のこぶとり爺さんの本を読みながらふと思いました。

所詮素人考えなので硬化も腫れも一緒のものならそれまでですが捻挫や靭帯が伸びた時は腫れてさらにシコリのようになる部分が見受けられたりします
両方の所見があったとすれば硬化してる人にはαブロッカで改善、腫れてる人には腫れを湿布で気休め程度に張るといったことしかできないと思います。

もしかりに3Dエコーの硬化所見が硬化ではなく腫れている人もいるのであれば腫れ止めみたいのがあればベタニスやαブロッカと併用すれば症状が改善するんじゃないかなと思いました。

所詮こぶとり爺さんの絵本からふと思ったぶっとんだ質問なのですみません。

蜂に刺されて腫れる
蚊に刺されて腫れる脂肪肝で肝臓が腫れる
寝不足で目が腫れる
打撲で腕が腫れる
虫歯でほっぺが腫れる

プロスタグランジンを介さない腫れ方があるとすれば膀胱頸部ももしかしたら腫れてるんじゃないかなってふと思ったしだいです。

ぶっとんだ内容ですみません。
【回答】
排尿障害による物理的な軟らかい腫れは、長期間繰り返されることで硬い腫れ=硬化像になると考えます。
例えば、同じ場所を何回もハチに刺されれば、蜂毒による刺激性の腫れは、硬い器質性の腫れに変化します。
同様に、同じ場所を繰り返し打撲すれば、硬いコブやタコになります。
柔道家の耳が、最初は耳介血腫だったのが、次第にカリフラワー状の硬い変形した耳になるのと似ています。
刹那的な時間で観察すれば、腫れと硬化は別のものですが、月単位・年単位で観察すると、腫れは硬化に移行していきます。
「無常」の概念が、医学には欠かせません。

投稿: kaeru | 2011/10/09 22:52

腫れが硬化に移行するってのがすんなりわかる一番の答えです。

無情な先生はかなりみてきましたが無常な先生にお目にかかる事はなかなかありません。
頭が下がるばかりです

いきなり硬化症になる前の未病の状態はどんなふうな状態なんだろと思ってました。柔らかい腫れから硬化像になるというのもすんなり納得できます

私はそんなに勉強もしなかったためペンダコなんかはありませんがあれもきっと長い年月ペンからの圧力をうけてペンダコになるんだとおもいますがペン離れをして時がたつにつれタコが自然消滅した人を知ってます。

ベタニスなんかで頻尿がなくなれば硬化像もペンダコのように尿の回数が減れば硬化像もなくなるんじゃないかなって

でも柔道やレスリングの人の膨れた耳が元に戻ったのを見たことないんでやっぱし薬が均一に効いてないと考えた方がよさそうですね。

投稿: kaeru | 2011/10/10 21:24

久しぶりに覗いてみたらいつの間にか平滑筋がどうのというより「硬化してるから効かねーんだ」という逃げ道を用意していますね。結局3割しかプラセボ程度の効果しか確認できてないわけなので、逃げるのは早いほうがいいですよ。
【回答】
平滑筋は、周囲の環境によって線維芽細胞にもマクロファージにも変化します。
線維芽細胞の作る線維組織もマクロファージの変化した泡沫細胞も硬化像を形成する組織像です。
したがって、平滑筋を刺激する慢性的な負荷は、硬化像を形成します。
ですから、硬化像は、平滑筋の別の側面です。超音波エコー検査で確認できる硬化像に関しては、2006年3月の記事で紹介しています。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cp/2006/03/post_0ac8.html
をご覧下さい。

また、とても効果があった患者さん3割、α-ブロッカーと同じ患者さんが3割ですから、総じて6割の患者さんが有効と考えれば、「プラセボ効果」というのは、はなはだ早計でしょう。

投稿: エセ医療 | 2011/10/11 13:10

ベタニスを服用して3週間です 私は少しずつ効いています。
高橋先生を批判するコメントを見ると 腹が立ちます。
我々にとって 赤ひげ先生なのですから…
【回答】
10人10色です。
意見もスタンスも違うのは仕方がありません。
私の理論の反対意見に関しては、真摯にお答えするしかありません。


話しは変わりまして
幼い頃 全身麻酔の手術を受けたのですが その後遺症で硬化症になって行きますか?
【回答】
脊椎麻酔は硬化症の原因になりますが、全身麻酔では原因になりません。

投稿: 海老フライマニア | 2011/10/11 19:11

 先生、批判なんかに負けないでください。先生にとってはこんなの慣れっこでしょうが、見てるこっちとしては不愉快ですし、先生が心配です。

 批判している人は理論的に物事を考えられないのでしょうか?1つ1つ丁寧に因果関係を探って、事実を積んでいけば先生の理論の正しさは素人でも分かりますから、無益な批判はやめて欲しいです。
【回答】
文明といわれるものが確立してから現在に至るまで、新しい知見や理論は常に迫害されて来ました。
しかし、迫害されるということは、逆にその理論が「気に障る」からであって、取るに足らない理論であれば話題にもならない筈です。
「話題」にしてくれる批判者こそ、ある意味重要な存在なのかも知れません。

投稿: とし | 2011/10/12 14:26

ベタニスを16錠服用しましたが、寒くっても、射精をしても、それほど症状は悪化せず、やや良い時の状態を維持しています。
もう少し効いてくれないかなあとは思いますが、約半月ですから無理ですね。
私は、先生の言うように、膀胱平滑筋の異常興奮ないし異常緊張なのではないかと、長い人生のこれまでの経過から思います。
頻尿がすべての出発点のようだったと感じます。

投稿: パルル | 2011/10/12 20:45

51歳で九州に住んでいます。
6年前に先生に手術をしていただき、仕事が今まで続けられていることに深く感謝しています。
先生のHPでベタニスを知って、近くの病院で処方してもらい、1か月が経過しました。頻尿が改善し、併せて関連痛も改善しました。
ベタニスを服用する前は痛みの再発を避けるため、デパスとルボックスを服用し、健康診断で軽度の前立腺肥大と言われたのでアボルブも服用しています。そのせいか排尿も改善され、先割れなどがなくなってきました。
とりあえずこの4種類の薬で経過をみてみたいと思います。
【回答】
効果があって良かったですね。
お大事に。

投稿: おいさん | 2011/10/17 23:23

 発売から3か月経ちましたが、ベタニスの手ごたえはいかがですか?
【回答】
上記の掲載とほとんど同じです。

投稿: 患者 | 2011/12/28 14:33

 この記事の北海道の医師が気になりますね。なんの目的で処方しているんでしょう。もしかしたら先生と同じお考えの先生が北海道にいるのかもしれません。

 あと、医師がどれだけ薬を使ったか分かるんですね。初めて知りました。

投稿: 患者 | 2011/12/30 08:04

いつもお世話になっております。

先日、膀胱頸部硬化症手術をしていただけるかどうかという件で、ある泌尿器科医院を受診しました。

そこでの尿流量測定ウロフロメトリー検査の結果は、
Volume    362 ml
Flow time  91.7 sec
Qmax     9.6 ml/s
Qmean    3.9 ml/s
TQmax    11.0 sec
Total time  129 sec
という、かなり悪いものでした。

エコー検査では残尿も117.1mlもあり、
排尿曲線もギザギザが無数にある
かなりひどいものでした。

その医院の先生が
「ベタニスを使うと残尿が増えてしまう人もいる。」と仰り、
試しにベタニスを中止して1週間後に来るようにと仰いました。

ベタニスを中止して1週間後にその医院へ行きました。
そこで検尿をした後にエコー検査をしたところ、
「残尿が減ってますね。30mlくらいになってるよ」
と言われました。
しかし、このときの排尿量は検尿カップに1杯=150mlくらいのものでした。
前回の検査で排尿量が362mlのときに残尿が117mlだったものが、
今回の検査で排尿量150mlで残尿30mlになったということから
「残尿が減っている」
と言うのは、科学的ではないと私は思いました。
データを比較するならば、
今回も前回と同じように我慢できないくらいになるまで尿を溜めた状態で行わなければ、
残尿が減ったのかどうか判断できないのではないかと思ったのです。
そのことをその先生に申すと、
「パンパンに溜めていない状態で検査しても、調子が悪ければ残尿がもっとあるはずだから、
30mlの残尿という結果は、残尿が減ったことを意味している」
と仰いました。

残尿量を比較するのであれば、前回と同じ条件で比較しなければならないと思うのですが、
高橋先生はどう思われますか?
【回答】
その通りです。
あなたの方が科学的な思考の持ち主です。

投稿: レイニーブルー | 2012/06/24 14:14

日曜日であるにもかかわらず、
こんなにも早く回答下さって
本当にありがとうございます!

高橋先生の診療経験上、
ベタニスを投与したら残尿が増えたということはありますか?
【回答】
はい。』

また、上記の先生に、診療の際、
「頻尿ということならば、抗コリン薬を試してみるとかはどうですか?」
と訊かれました。

それに対し、
「高橋先生は、『排尿障害の患者に抗コリン薬を使うと尿が出にくくなるから、
抗コリン薬は使わない』ということらしいです。」
と答えました。

すると先生は、
「う~ん・・・デパスにも抗コリン作用があるんだけどねぇ~」
と仰いました。

デパスにも抗コリン作用があるのでしょうか?
デパスの抗コリン作用は無視できるくらいに僅かなもので、
それよりも平滑筋弛緩作用のメリットが大きいため、
高橋先生はデパスを使用するということでしょうか?
【回答】
抗コリン作用といっても薬剤によって、その強さや作用機序の領域は千差万別です。
一般的な抗コリン薬には副作用として「喉の渇き」があります。
しかし、デパスを服用した患者さんに「喉の渇き」を訴える人に遭遇したことがありません。 

投稿: レイニーブルー | 2012/06/24 15:38

ご回答ありがとうございます。

ベタニスは膀胱平滑筋の緊張を緩めるので膀胱出口が開きやすくなり、尿を出やすくさせるということだと思いますが、
ベタニス投与の結果、残尿が増えてしまうケースがあるというのは不思議な気がします。

それはどのようなメカニズムなのでしょうか?
筋肉の緊張を緩めるということは、膀胱が尿を押し出す力(膀胱の駆出力?)も弱くなってしまうということでしょうか?
【回答】
ベタニスが作用するβ3レセプターが、膀胱全ての平滑筋に均一に分布しているとは限りません。
例えば、膀胱出口の平滑筋にβ3レセプターが欠如していれば、ベタニスにより膀胱出口は弛緩せずに、他の膀胱の平滑筋が弛緩していれば、当然、排尿機能障害が生じます。』

ベタニスで残尿が増えてしまうケースというのはどのくらいの割合でしょうか?
だいたいの印象でも結構ですので、よろしければ教えて下さい。
【回答】
10%もないでしょう。』

一口に抗コリン作用といっても、その作用は色々なんですね。
確かに、デパスを服用したからといって、それによって特にのどが渇くというような感じはしませんね。

投稿: レイニーブルー | 2012/06/27 13:12

 質問です。

 ベタニスはいつから三か月処方となりますか?
【回答】
10月からです。

投稿: 地方患者 | 2012/08/27 21:32

ベタニス処方後一年が経ちますが、長期投与することによって、痛み系といわれているという患者さんへの効果はみられましたか?
【回答】
もちろんです。
症状によって薬剤が効く効かないではありません。
頻尿系も痛み系も原因は同じですから、ある薬剤による治療効果は、効く人効かない人の比率は同じです。

投稿: | 2012/09/24 19:31

交通事故による骨盤多発骨折により
半年が経過しました。
後遺症の一つに排尿困難があり
カテーテルでの自己どう尿をしています。
腹圧をかければ自尿はでますが、残尿はあります。
肛門括約筋は麻痺しています。

最近頻尿の症状があり、
尿漏れも多いため、昨日ベタニスを処方されました。
インターネットでこの薬を調べると
生殖器に影響を与える可能性があり、
妊娠を考えている年代への投与は控えるべきとの情報が多くみられました。
現在38歳ですが、妊娠を希望しています。
処方してくれた医師は妊娠を希望していることは伝えていませんでした。

次回受診が二週間後のため、それまで
飲み続けてよいものか不安でこちらで質問をさせていただきました。
先生のお考えを聞かせていただけないでしょうか。
【回答】
毎日30錠も服用すれば、子宮に影響するでしょうが、1日1錠であれば全く問題ありません。

投稿: mare | 2013/01/29 18:53

以前、ホーレップ手術後の頻尿にベタニスの事を質問しました。あれから半年くらい内服し、頻尿はましでしたが、尿速が遅くなり、尿切れが悪くなってきました。膀胱の弛緩作用で尿速は遅くなるそうですが、尿漏れが少しあり、残尿感も不快です。こういう過活動膀胱にはベタニスをやめて抗コリン薬の方がいいのでしょうか。お教えください。
【回答】
試されたらいかがでしょうか?

投稿: ホーレップ手術人 | 2013/05/26 14:09

御世話になっています。
泌尿器科で頻尿と排尿時に膀胱出口付近の浸みるような痛みがあるためベタニスを処方
され1錠飲んでみましたが変化はないので止めましたが暫く続けて飲む必要があるで
しょうか?

以前、ハルナールをまた飲んでみてはと助言され2週間程、飲んでみましたが変わりませんでしたので止めています。

よろしくお願いします。
【回答】
私でしたら、少なくても3ヵ月は続けて服用させます。

投稿: トロ | 2014/05/11 18:07

高橋先生

本日午前中にベタニスの処方をして頂きました診察券番号25674です。

本日はありがとうございました。
早速頂いたベタニスをハルナールと併せて飲んでみましたところ、数時間後に残尿感が無くなりました。
これには本当に驚きました。

高橋先生に、「来週から実家のある九州に帰省しますがどう思われますか?」と率直に聞いた時、「場所も変われば気候も違うし調子よくなるかもよ!せっかく飛行機とったんだったら帰ったら?人生一度だから冒険しておいでよ!」と言っていただき、心にグッときました。
今さっきお袋から電話があり、「いよいよ来週帰って来るね」と楽しみにしている様子でした。
色々と考えて、病名は伏せましたが「ちょっと膀胱炎みたいなのになってしまい、九州帰っても何も出来ないし下手すると具合が悪くなるかも、顔しか見せれないけど」と伝えましたら、母は「それでも心配せずに帰っておいで」と。
母の優しさに、恥ずかしながら電話を切って1人男泣きしました。
やはりこの病気の本当の事は言えませんでした。
ただただ情けなくて涙しかでません。
高橋先生の「冒険しておいでよ」と言う言葉が本当に心強く後押しして下さいました。とりあえず先生の言う通り冒険してみようと帰る事にしました。
不安ですが、よい報告が出来るようまた次回の診察の際は宜しくお願い致します。
人生をめちゃくちゃにされるこの病気が本当に憎いです。
先生、これからもどうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました!!

※先生に直接メールでお伝えしたかったのですが、アドレスがわからずこちらにコメントさせて頂きました。
先生にどうしてもお伝えしたかっただけですので、ブログに掲載はして頂かなくて結構です。

患者番号25674

投稿: 患者 | 2014/08/20 15:30

先ほどベタニスを50㎎にしてほしいと頼んだ者です。
4日分のベタニス(25㎎)が残っているのですが、明日の朝からそのベタニスを1度に2錠服用してもいいですか?
【回答】
はい。

投稿: 悔しいよ~ | 2015/04/06 20:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ベタニス」の手応えと印象:

« 「ベタニス」の作用と副作用 | トップページ | 大豆イソフラボンの効果 (患者さんのメールから) »