« 慢性前立腺炎 51年間の闘病 | トップページ | 慢性前立腺炎 18年間の闘病 »

慢性前立腺炎 30年間の闘病

30ycp24550m37echo小学2年生(7歳)の頃より1日12回以上の頻尿と夜間3回の頻尿がありました。
25歳の時に初めて「慢性前立腺炎」と診断されましたが、治りません。
現在では、頻尿の他に会陰部痛(しびれ・モヤモヤ感)、左睾丸痛(チクチク感)、陰茎根部の痛みが彼を悩ませています。椅子に座るとこれらの症状が強く出ます。
平成22年6月に37歳の時に高橋クリニックを受診しました。
超音波エコー検査では、膀胱出口の硬化像、前立腺結石を認め、膀胱出口・括約筋間距離が13mm(正常5mm)と長くなっています。膀胱三角部も厚みのある存在として確認できます。

30ycp24550m37flow尿流量測定検査(ウロフロメトリー)では、30歳代とは思えないほどの勢いの悪さです。自尿254mlを47秒もかかって排尿しています。残尿3mlとわずかですが、最大排尿速度8.7ml/秒、平均排尿速度5.3ml/秒と前立腺肥大症型の排尿曲線です。

【患者さんからのメール】
高橋クリニック 御中
高橋 先生へ
大変お世話になります。
先月、6月16日に初診した診察カード No.・・550 〇〇〇〇です。
薬が7月15日にきれますので、ご報告をメールで差し上げます。

当初は福岡県在住のため、東京都の高橋クリニックへ診察を受けに行く事には、少々ためらいや不安もございました。
しかし、今では先生の診察を受けて、病気の原因が判明しホッとしています。ありがとうございます。
地元の病院で異常なしの診断を受け、別の病院では "慢性前立腺炎" との診断、更に別の病院では "気のせい、気にするな"正直、原因が分からず精神的にまいってました。
帰宅しては、『先生に診察を受けて良かったばい、はよぅ診察ば受けやんやったね、キチンと診てくれて良か先生やった』
また、『まごめ薬局の薬剤師さんも、薬の効果などよう説明ばしてくれらした』地元では、先ず有りえません。違う意味で医療格差を痛感しました。

30ycp24550m37symp初診を受けた日、頻繁に通院しては経済的に負担がかかるので、薬を宅配便で送付して頂けるとの事でしたので、次の日から "症状の記録" をつけて行く事にしました。
症状、症状(痛み、痺れ)の程度、平均点(良い0 ⇔ 10悪い)を記録しています。
先生に初診を受ける前は、平均点(7~10)でした。今では、平均点3~4くらいです。
全く症状(痛み、痺れ)が気にならない日はありませんが、初診を受ける前に比べれば我慢出来る範囲の症状になりました。

今日、私の母が先生にTELを差し上げますので、今後の事などでアドバイスをして頂ければ幸いです。
先生、これから暑くなりますので健康に気をつけてください。
以上です。

30ycp24550m37op上記のメールに記載されたように、α-ブロッカーで症状は改善しましたが、全体的に症状が一進一退で、ついに内視鏡手術を希望されました。
手術直前の膀胱出口の所見です。通常、膀胱出口6時の位置に「柵形成」が顕著に認められますが、この患者さんの場合、6時の位置は低い土手にしか見えませんでした。しかし電気メスから伝わる感触では硬い組織でした。
12時の位置が下方に下がっており、これが排尿障害の原因です。
炎症性ポリープや石灰も観察できました。

30ycp24550m37op2手術直後の所見です。
膀胱出口の12時の位置を中心に処置し、膀胱出口を開放しました。
膀胱三角部は三角ではなく「T」字に変形していました。「T」字の縦棒部分を十分に切開して緊張をゆるめました。

|

« 慢性前立腺炎 51年間の闘病 | トップページ | 慢性前立腺炎 18年間の闘病 »

コメント

いつも興味深くブログ拝見しております。
お忙しいところ恐縮ですが、ご質問させてください。

①一般的な男性の膀胱出口はどのようになっているのでしょうか?
先生が異常と診断される画像を幾つも拝見し確かに納得性はあるのですが、患者である私たちは教科書的な絵以外で正常とされる膀胱出口しか見たことがなく一般男性のエコー画像と異常エコーの違いを視覚的に判断がしずらいと感じました。
【回答】
教科書的な膀胱出口のイラストは、死体の解剖図であり、生きた人間の正常なイラストではありません。生きている時には伸展している組織が、死んで収縮している場合がほとんどで、医師としても死体解剖図から生体の解剖図を想像するしかありません。
そういう意味で、非破壊検査である超音波エコー検査は、生体の生の構造が確認できる検査法です。
正常な膀胱出口は、硬化像がほとんどなく、あってもわずかで、膀胱三角部の肥厚はありません。また、膀胱出口の膀胱内突出もありません。前後の膀胱括約筋は、延長線上に必ず相対しています。
3D画像で観察すると、左右対称で膀胱出口と分かる辺縁に縁取り(くまどり)がなく、膀胱括約筋と膀胱出口の境界が明瞭です。膀胱出口周囲に余分な構造物を見ることができません。
前立腺の大きさは、若年者(20歳未満)であれば、15cc以下であり、30歳以上であれば20cc以下が正常と考えています。


②膀胱出口の異常は若者から高齢者までありふれた現象なのでしょうか?それともごく一部に現れる現象でさらにそのうちの一部の人間が前立腺炎的症状を発生するのでしょうか?
【回答】
おそらく、ありふれた現象でしょう。
所見が存在しても、自覚症状が出ない人も存在します。
また、日本人40歳以上男女に推計800万人の尿トラブルがあるとされています。この統計に20歳以上も入れれば、優に1000万人を超えるでしょう。つまり、日本人の10人に1人は、何らかの排尿トラブルがあり、その全員に詳細な超音波エコー検査を行えば、かなりの確率で所見はあるでしょう。

③これまでご診断経験から難治性の前立腺炎的な症状がありながら膀胱に異常がなかったケースなどあるのでしょうか?
【回答】
ありません。

差し支えなければ正常なエコー画像、もし可能であれば先生の膀胱出口などを交え正常と異常について教えていただきたいです。
要望ばかりで大変失礼なご質問かとも思いましたが、情報を持たない私のような患者やブログのエコー画像を見ても正常範囲内と診断する多くの医師にとって正常例を見せながら解説されたほうがより納得性があるのではと思い質問いたしました。
【回答】
以前から、この比較を掲載しなければと考えていましたが、集まった超音波エコー検査所見は、患者さんの異常所見ばかりで困っています。風邪で来院した患者さんを無理言って超音波エコー検査をするしかないと考えています。
しばらくしたら、私の写真も含めブログ掲載します。
お楽しみに。

長文失礼いたしました。
よろしくお願いします。

投稿: はってん | 2010/07/19 00:40

高橋クリニック御中

初めてご連絡させていただきます。
昨年暮れに急性前立腺炎になり、2月に再発して、内視鏡診断を受け、慢性前立腺炎、と慢性の尿路炎と診断されました。
現在。セルニトロン、猪苓湯、ロキソニン、リリカ、ユーリフ、と寝る前にマイスリーを服用しています。
なかなか改善の兆候が見えず、他に何か方法がないかお聞きしたくご連絡致しました。
【回答】
前立腺が大きいのであれば、抗男性ホルモン剤(アボルブ・プロスタール)が必要になります。』

又、整形外科中でん筋膜炎といわれ、理学療法(電気)とリハビリを週一度受けていますが、前立腺炎、尿路炎への悪影響はないのでしょうか?
【回答】
ありません。』

お教え下さい。

投稿: oda | 2013/07/23 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慢性前立腺炎 30年間の闘病:

« 慢性前立腺炎 51年間の闘病 | トップページ | 慢性前立腺炎 18年間の闘病 »