« 慢性前立腺炎ブログのガイド | トップページ | コメントからの抜粋 »

患者さんのお母さまからのお便り

Letter23209m35_2

|

« 慢性前立腺炎ブログのガイド | トップページ | コメントからの抜粋 »

コメント

きっとその方は手術の痛みに疲れ果てて帰りはぐったりだったのでしょうね。

【回答】
この文面から、そのように理解できるあなたの思考回路に幸あれ!

投稿: 匿名 | 2009/07/07 13:04

手術の結果が出るには時間がかかると高橋先生が自らおっしゃってたではないですか?
だとすると手術後にすぐに寝ているのは疲れている以外はないでしょう。

【回答】
残念でした。
手術した患者さんの経過が、必ずしもワンパターンとは限らないのです。
この患者さんは、術後4日目から1日20回以上の頻尿が8回前後にまで軽減したのです。1日中感じていた尿意がなくなり、心身ともにリラックスできるようになったのです。

投稿: 匿名 | 2009/07/07 22:21

この患者さんは若い方でしょうか?
【回答】
この患者さんは30代の方です。

ネットで検索していると、下のような文献を見つけたのですが、高橋先生は読まれましたか?
詳しい内容まで読めるようになってはいないので、どんなことが書かれているのかはわからないのですが・・・。
既出でしたらすみません汗

慢性前立腺炎様症状を呈する若年性ぼうこう頚部硬化症の治療経験
http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902245249168666
【回答】
よく探しましたね。
私の非細菌性慢性前立腺炎=膀胱頚部硬化症と同じ考え方です。
やっと、真実を分かる医師が出て来たということですね。
文献の情報をありがとうございます。

投稿: レイニーブルー | 2009/07/20 01:05

お返事ありがとうございます。
この方は30代ということなので、高橋先生は逆行性射精にならないように最小限の手術に留められたのだと思います。
それでもこの患者さんには劇的な効果が現れたということで、読んでいて、いいなぁ~と思いました。

僕は今年の3月末頃に高橋先生に手術をしていただきましたが、尿がある程度の量溜まったときに排尿すると、以前よりもかなり勢いがよくなったことを実感することができ、うれしく思っています。
ただ、僕がまだ20代であることを考慮して最小限の手術に留めてくださったこともあり、頻尿や会陰部の落ち着かない感じ、脚や太腿の疲れの症状がまだ取れない状態です。特に、椅子に座って勉強していると頻尿や会陰部の不快感が起こりやすくなるので、なかなか厄介なものです・・・。
僕にとっては頻尿が一番辛いことなのでそれほど気にしてはいなかったのですが、僕にも背中にかなり目立つアトピーのようなニキビのようなものがあります。もしこれがキレイに治まってくれれば、目に見えて良くなったことが実感できるしかなり感動ものだなぁ~と手紙を読んでいて思いました。

近いうちに2度目の手術をお願いしようと考えています。そのときには、またよろしくお願いします。

【回答】
了解です。

投稿: レイニーブルー | 2009/07/20 16:00

お世話になりました、こちらの記事の23xx9です。8年経過しまして、現況は「自分に排尿障害などあったのか?」と思えるほど改善しております。主なものを挙げますと、本物の尿意以外はありません。排尿の間隔は、終日在宅の場合なら4~7時間に及びます。本当にありがとうございました。お体をお大事になさってください。

いまさら付け加えます。寝ていた理由は、手術後、連日東京観光して遊びすぎたからです。手術後数日間の通院期間がありますが、午前の診察ですから午後は暇なんですよ。

投稿: 23xx9 | 2017/08/17 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者さんのお母さまからのお便り:

« 慢性前立腺炎ブログのガイド | トップページ | コメントからの抜粋 »