« 原因不明の難治性亀頭包皮炎 | トップページ | 椎間板ヘルニアと排尿障害 »

学会発表の予告 第74回日本泌尿器科学会東部総会 松本

今年の10月に長野県松本市で上記の学会が開催されます。4月に引き続き発表予定です。それの予告篇です。

【テーマ】
「陰嚢掻痒症」下部尿路症(LUTS)の症状としての評価

【目的】
前立腺肥大症・膀胱頚部硬化症などの排尿障害の症状として、頻尿、残尿感はよく知られた下部尿路症状(LUTS)である。しかし「陰嚢掻痒症」も下部尿路症の患者にしばしば認められる症状だが、一般的に医師には認知されていない。原因不明の陰嚢掻痒症、陰部神経症、皮膚真菌症などと誤診され、主に皮膚科疾患として治療されるので、経過は長期にわたり難治性である。陰嚢掻痒症の患者について統計的な評価を実施した。

【方法】
対象は陰嚢掻痒症を主訴あるいは副症状として訴える患者50例である。罹患期間、前立腺の容積、前立腺の形態、尿流量率、残尿量、IPSS、QOL、治療法について評価した。

【成績】
患者の各データ平均は、年齢46歳、罹患期間5年6カ月、前立腺容積19.3cc、最大尿流量率17.7ml/秒、平均尿流量率8.8ml/秒、残尿量52ml、1日排尿回数8回、IPSS12、QOL4.1であった。

【結論】
排尿障害の症状に関しては、治療前の患者のほとんどが悩んでおらず、神経質、体質、生来のものと認識していた。実際のデータも排尿障害としては軽視されがちな所見である。α-ブロッカーの服用あるいは内視鏡手術の排尿障害の治療により、ほとんどの症例で陰嚢掻痒症は軽快した。陰嚢掻痒症の発症メカニズムを考察し、陰嚢掻痒症を排尿障害に起因する下部尿路症の重要な症状として啓蒙できればと考える。

|

« 原因不明の難治性亀頭包皮炎 | トップページ | 椎間板ヘルニアと排尿障害 »

コメント

慢性前立腺炎、黄色靭帯化骨症です。
関連性ありますか?

【回答】
分かりません。

投稿: 匿名 | 2009/06/03 12:03

なんで分からないのですか?

【高橋クリニックからの回答】
なんで私が分かると思うのですか?
黄色靭帯骨化症は整形外科領域の病気です。慢性前立腺炎は泌尿器科領域の病気です。
整形外科領域の病気を泌尿器科医に質問して、「なんで分からないのですか?」という質問の趣旨が分かりません。
人にはそれぞれキャパがあります。そのキャパは無限ではなく、限られたものです。
慢性前立腺炎と黄色靭帯骨化症とが結びつく病態生理を、今の私には分かりません。

投稿: 匿名 | 2009/06/07 15:32

線維筋痛症は整形外科の病気、潰瘍性大腸炎は消化き科の病気、鬱病は精神科の病気なのに関連性指摘してますよね!矛盾してませんか?

ですから黄色靭帯骨化症との関連性についても、もっと勉強してキャパを広げて分かって下さい。

【回答】
分からないものは分からない、分かるものは専門分野が異なっても解説しています。
現時点で私は分からないと初めに答えているのに、なぜ分からないのですか?という質問はおかしいでしょう。
それに対して、またこのような質問は理解できません。
他人に勉強して下さいと命令するくらいなら、ご自分で勉強して下さい。何でもかんでも他人にお願いしないで、ご自分で勉強して下さい。素人だからというのは言い訳にはなりません。私も他の専門分野に関しては素人ですから。

投稿: 匿名 | 2009/06/14 08:51

素人が何故言い訳にならないのでしょうか?むしろ言い訳をする必要はありません。素人であり患者ですから。
高橋先生は素人、患者に対して自分の病気は自分で勉強して自分で治せというのですか?
医者は病気を治すのが仕事でお金貰ってるんでしょう。

【回答】
そこまでおっしゃるのなら、姓名を名乗って正式に私に相談したらいかがですか?私は名前も連絡先も自分の一言一言に責任を持ってお答えしています。あなたは匿名ではないですか。
それに、素人でしたら、私が分からないと言っているのをこうまでしてしつこく尋ねません。普通であれば、他を当たるでしょう。偏執的です。
また、あなたからは私はお金をいただいていません。私の回答は全く無料です。私の回答はすべてボランティアの無料です。だから何でもかんでもあつかましく質問してよいということにはならないでしょう。質問する側にも、それなりの礼儀が必要でしょう。

投稿: 匿名 | 2009/06/14 10:03

高橋先生がこういったブログを自分の意志で作って姓名などを勝手に名乗っているのに、私が姓名を名乗って質問する必要はありません。
【回答】
でしたら、不遜な態度で質問することもないでしょう。

私がブログの開設を頼んだ訳でもないですし、こう言ったブログをボランティアで開設しているから質問したまでです。
【回答】
ボランティア行為だからといっても、ボランティア回答者が不快に思えるような質問をしてもよいことにはならないでしょう。

礼儀に反するようなこともしておりません。質問しているだけです。
【回答】
無礼な人は、一般的に自分では無礼だと思ってはいません。

投稿: 匿名 | 2009/06/15 15:43

なんでもかんでも質問するなというなら質問してよい事、悪い事をブログに明記されてはいかがですか?私は質問して悪いことを聞いている自覚はありません!
【回答】
常識の範囲内で理解できるはずです。
何でもかんでも質問してもよいですが、「分からない」という回答に関して「なんで分からない}という質問は無礼でしょう。

投稿: 匿名 | 2009/06/15 15:46

他の様々な病気は分かるのにこの病気は何で分からないのか気になったから質問したまでです。
【回答】
「気になった」程度で、このように執拗に食い下がりますか?
「他の様々な病気は分かるのに」という内容は私に尊敬の意味を込めているのか、皮肉で言っているのか分かりません。一連の内容からは後者でしょう。
「分からない」という言葉に対して「何で・・・」という疑問がわくこと自体が私には「分からない」
「分からない」ということは、全く知らないから、関連性が見つからないから、証拠を知らないから、その病気の専門家ではないから・・・他にどういう理由が思いつきます?理由があったとしても想像できる範囲のことでしょう。「何で分からない」と質問するほどのことでもないでしょう。

高橋先生の私の質問に対する対応も私からすれば私に対して無礼ですね。
【回答】
無礼な人間に対しては、私は鏡となって無礼に反射するだけです。

高橋先生がご自分でおっしゃってるように無礼な人は自分で無礼と自覚してないみたいなのでそうは思ってないでしょうが。
【回答】
笑止千万。匿名君。

投稿: 匿名 | 2009/06/15 20:02

それは個人の考え方の違いですね。私は納得出来ないことは食い下がります。
笑止千万とは高橋先生は自分が無礼だと自覚されてるのでしょうか?それは当たり前のことでしたね。す み ま せ ん で し た 。

【回答】
はいはい。あんたは偉い。

投稿: 匿名 | 2009/06/16 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/45175753

この記事へのトラックバック一覧です: 学会発表の予告 第74回日本泌尿器科学会東部総会 松本:

« 原因不明の難治性亀頭包皮炎 | トップページ | 椎間板ヘルニアと排尿障害 »