« 「頻尿」 2D画像の解析#3 | トップページ | 「夜間5回の頻尿」 2D画像の解析#5 »

「尿切れの悪さ」 2D画像の解析#4

Freq22710m412d41歳の男性患者さんです。
半月前より頻尿気味です。頻尿といっても就寝まで7回ほどです。夜間は目が覚めません。以前より尿の切れの悪さは自覚しています。時々尿意切迫感があります。
初診時の2D画像です。前立腺の大きさは27ccほどで、正常の大きさよりも若干大きめです。

Freq22710m41flow勢いの悪さは自覚していませんが、尿流量測定ウロフロメトリー検査では、ご覧の排尿障害を疑う排尿曲線です。

Freq22710m412dppこの2D画像は解析が難しいと思います。
前立腺そのものが、本来の位置よりも完全に膀胱壁ライン上に乗っかっているように見えます。ですから前立腺周囲の構造が複雑です。
少なくても6時の位置の膀胱括約筋が団子状態に肥厚しています。前立腺の前には膀胱括約筋が存在しませんから、排尿障害は考えられます。
前立腺が膀胱内に突出している分、膀胱三角部が肥厚しています。膀胱三角部の肥厚=膀胱三角部の過敏ですから、頻尿になってもおかしくはありません。

|

« 「頻尿」 2D画像の解析#3 | トップページ | 「夜間5回の頻尿」 2D画像の解析#5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「尿切れの悪さ」 2D画像の解析#4:

« 「頻尿」 2D画像の解析#3 | トップページ | 「夜間5回の頻尿」 2D画像の解析#5 »