« LUTS 下部尿路症 | トップページ | 慢性前立腺炎の今事情 泌尿器科学会から »

患者さんからのレポート#13

〇 患者詳細
  氏名     ○○○○
  生年月日  昭和40年・月・日生 41歳
  職業     ○○○○○○○○船長
  住所    ○○○○台・-・-4
  電話    0561-・・-・・・・(FAX同じ)
  携帯    090-・・・・-・・・・
  カルテ番号 ・・・30

自宅のパソコンからメール送信できないとトラブルが発生し、やむなく役所のパソコンから送信します。
現在(4月17日)の状況ですが、下腹部の痛み、手足の痺れがかなり強く発生していることから、ちょうど東京に行く用事もあり、再度、4月19日(水)に診察していただこうと思っています。(尿を貯めて行きます。)
排尿の勢いも、少し弱くなった気がします。ロキソニンを服用しましたが、全く痛みが治まらず、素人判断ながらハルナールを昨日から服用しています。なかなかうまくいかないと感じていますが、先生が最後の頼みの綱なので、よろしくお願いします。

〇 現在の状況
  ほぼ手術後2ケ月経過した先日(平成18年4月11日(火))、高橋先生に受診していただきました。現時点では、
 ・ 下腹部の痛み、手足の痺れは継続して発生しています。
   長年、私を苦しめてきた、「前立腺炎」と診断されていた下腹部の痛み、手足の痺れは、先生に診察していただいた時はなかったのですが、2月14日(金)ころから徐々に痛み、痺れともに発生しています。現在、疲れがたまって体調が不良であることが原因でしょうか?今後もこれが継続するならば、再度、診察していただきます。 先生のホームページの「虫垂炎手術と前立腺炎」の中に、私の腹の写真が掲載され「生症状については解消」とありましたが、なかなかうまくいか  ないものですね、
 ・ 排尿の勢いが手術前に比べて格段に良いこと。
   妻が「トイレ、もう終わったの?」とびっくりする位いです。
 ・ 排尿の間隔が、以前より長くなったこと。
   手術前は、30分から1時間であったのが、2時間程度に長くなりました。また、就寝時に小便のため起きることがほとんどなくなりました。
 ・ 手術直後から発生していた、排尿時の痛みがほとんどなくなったこと。
   尿が出終わる時のペニスの先に発生していた疼痛(最初は激痛に近い)が、今では気にならないくらいまでになりました。また、高橋先生から、今後、注意することとして、「手術後3ケ月以内(この時点では1ケ月以内)に膀胱の入口の肉が盛り上がり、尿が出にくくなることがあるので、そうなったら、再度、手術します。また、来なさい。」とのことでしたが、ないことを祈っています。

〇 初診
  平成17年11月7日(月)に初診です。
  長年、私を苦しめてきた「前立腺炎」と決別したいとの決心をして、名古屋から新幹線(普通車の指定席がなかったので、グリーン車)で品川、品川から山手線で五反田、五反田から都営地下鉄で馬込と乗り継ぎ、高橋クリニックに参りました。混んでいるかと思っていましたが、意外と 空いていたことを覚えています。(事前に指示されたように、水分をたくさん摂取して尿をいっぱいため来院しましたが、これが結構、苦しかったです。)
 今、そのときの排尿に関するデートを見ますに
 (1) 初診時(平成17年11月7日)
  イ 測定機器のスイッチを入れてから排尿開始まで 12秒
  ロ 排尿開始から排尿終了まで          57秒
  ハ グラフは、低い丘のようになだらかで、判明可能なピークが17ケ所
  ニ 排尿量 479ml
 (2) 手術後(平成18年2月18日)
  イ 測定機器のスイッチを入れてから排尿開始まで  8秒
  ロ 排尿開始から排尿終了まで          22秒
  ハ グラフは、切り立った山のようでピークが3ケ所
  ニ 排尿量 379ml
 であり、排尿後に超音波測定器により膀胱内を検診したところ、まだ、尿が残っているとのこと、明らかに排尿障害との診断結果でした。
  その場で手術のお願いをしたところ、3ケ月先の平成18年2月13日に決定し、とりあえず「ハルナールD錠」処方していただき名古屋に帰りました。
  「ハルナール」を服用したところ、結構、調子が良く、下腹部の痛みはありましたが、少し気になる程度でした。

〇 手術
  平成18年2月13日(月)、10日間の休暇を取得、ついに手術当日、手術当日だけ妻に付き添ってもらうことにして、2人して朝、名古屋から新幹線で品川、途中、宿泊予定先の東急ステイ五反田に荷物を預け、高橋クリニックへ午前11時40分ころに来院しました。
 妻は午後4時位までいなくていいとのことでいなくなり、高橋先生と二人、最初に麻酔として「仙骨神経ブロック」がなされ、今までの脊椎麻酔に比べると麻酔時の痛みがなく、手術開始となりました。
  手術の方法等は高橋先生のホームページに詳しく記載されているので私が書く事はないのですが、最初から最後まで高橋先生一人で行い(○○○○)、眼鏡型のモニターをかけて手術の経過、また、いろいろと手術中もいろいろと説明していただき、今までの受けてきた手術の中で一番安心できました。
  電気メスで、前立腺を切除するときも、ちょっとピリピリする程度で意外と簡単に済んでしまった感じです。
  採尿パック付膀胱カテーテルを留置して、妻とタクシーで五反田のホテルに宿泊となりました。採尿パックに尿が貯まっていくのですが、最初は尿が赤く染まるくらいの出血がありましたが、徐々にその赤が薄くなってきました。そこまでは、よかったのですが。

〇 手術後出血
  2月14日(火)、採尿パック付膀胱カテーテルから採尿パックなしの膀胱カテーテル、2月15日(水)、膀胱カテーテルが抜かれました。
  以外と早く帰れるかなと思った15日、大便をするときに腹圧をかけたのがいけなかったのか、小便をしたときに尿が真っ赤に染まって、その後は出血とはっきり確認できるものでした。
  先生の携帯に架電したところ、直ぐに来院しなさいとのこと。
  「10%の確立で術後出血はあるよ」と、再度、膀胱カテーテルを挿入し止血、予約したホテル日数いっぱい滞在することになりました。
  かなり残念でした。その後は、採尿パック内の尿に混じっていた血液も除所に少なくなり、2月17日(金)の午後に再度来院、出血が止まったことから膀胱カテーテルが抜かれて一安心となりました。
  翌日の2月18日(土)に再度来院、土曜ってけっこう混んでます。今度、来るときは絶対避けよと思い、排尿の検査をして名古屋に帰ることになりました。再出血もあるよとのことで、かなり心配していましたが、それが現実のものとなりました。

〇 手術後の経過(再出血)
  名古屋に帰ってからは、尿に血液が混じることは時々ありましたが、何が辛かったちいうと
 ・ 排尿時、特に尿が出終わるときにペニスの先に疼痛があり、1ケ月が経過するまでかなりのものでしたが、時間の経過とともに軽減していきました。
 ・ 出血があったことから、アルコールの摂取は禁止としたこと。酒好きの私としては辛いものがありましたが、おかげで体重がなかなか70kgが切れませんでしたが、今回の禁酒でダイエットとなりました。酒の量もかなり減りましたよ。
 ・ 妻との接触、いわゆるセックスを避けたこと。腹圧はかけるといけないよと先生に言われ、妻に話したところ、これが一番いけないでしょなり、我慢することに。

 と辛さに耐えてきましたが、手術から1ケ月経過した3月10日(金)再出血してしまったのです。
  その日は、泊まりの勤務を終え、午後6時ごろにトイレに行ったところ、排尿途中に何か黒い破片のようなものが尿といっしょに排出されました。その後、午後7時頃、フイットネスクラブに行き、着替えを終え再度、トイレに行ったところ明らかに出血、尿がかなり赤く染まっていました。慌てて着替え帰宅し、午後8時ごろ再度、トイレに行ったところ血の塊が尿と一緒に排出され、先生の携帯に架電したわけです。
  この時間になると近所の泌尿器科に電話しても時間外で応答なし。明日まで待つかと思いましたが、愛知医科大学病院に架電したところ、診察しますとのこと。雨の中を約30分かけて自家用車にて同病院に行き、泌尿器科の先生(30代前後)に今回の経緯を話したところ

高橋先生は、会ったことありませんが、ホームページは見ましたよ。出血は膀胱カテーテル入れれば直ぐに止まります。尿を見て(尿全体が血の塊のカスが混じっているもの)、これなら大丈夫ですよ、カテーテルも必要ありません。余ってる止血剤を飲んでください。

 との私の大心配とは裏腹にあっけなく終わってしまいました。

〇 最後に
  現在は、下腹部の痛み、手足の痺れがありますが、頻尿は改善されています。また、再度、診察していただくことになると思いますが、その時はよろしくお願いします。ほんとうにありがとうございました。

|

« LUTS 下部尿路症 | トップページ | 慢性前立腺炎の今事情 泌尿器科学会から »

コメント

この患者さんの場合、内視鏡手術により下腹部の痛み、手足の痺れのトリガーポイントのトリガーを引いてしまった、ということでしょうか?
【回答】
手術そのものが関連痛症状を作ることはあります。

内視鏡手術で過敏にしてしまった部分はインフォームドコンセントにある通り一時的な悪化で有ろうと思いますが?
【回答】
はい。

投稿: | 2014/08/27 19:08

上記質問の物です。
御回答有難うございます。

内視鏡手術による一時的に悪化という事は次第に無くなる。
やはり手術後は最低3か月様子を見る事が必要なんですね。

裏を返せば先生の手術は対処療法ではない根本原因(排尿障害)を治療する、と考えられますね。

投稿: | 2014/08/28 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者さんからのレポート#13:

« LUTS 下部尿路症 | トップページ | 慢性前立腺炎の今事情 泌尿器科学会から »