« メール相談 慢性前立腺炎編#11 | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#13 »

メール相談 慢性前立腺炎編#12

「高橋クリニック 高橋知宏 先生
初めてお便りを差し上げます。私は27歳男性で、慢性前立腺炎に悩んでおります。ウェブで先生のクリニックのサイトや「ココログ」の記事を拝見し、ご多忙中恐縮ですが是非ご相談をお願い致したくメールさせて頂きました。
まず現在の症状ですが、最も苦痛なのが常にまとわりつく会陰部の不快感です。肉体的な苦痛,疲れ易さもさることながら、それに伴い精神的にやる気が起きない、自己肯定感が無くなる、将来に悲観的になるなど、最早仕事の妨げとなっており、今後同じ仕事を続けることへの自信すら失いつつあります。夜中にトイレに起きるのは月に1~2回と頻度は稀ですが、会陰部の不快感のため寝付けず、気持ちが追いつめられるようなことが時にあります。また、会陰部、下腹部周囲、直腸内部(前立腺付近と思われます)、ペニスに時々鈍痛があります。尿の回数はばらつきがありますが一日8回ほどでしょうか。ただ用を足した後30分ほどでまた尿意を催し、(会陰部不快感が強くなり、という場合もあります)またトイレに行くことも度々あります。自然なことかもしれませんが、水分を多めに取った直後によくあるようです。
先生が指摘されている排尿障害にあたるかわかりませんが、排尿後切れが悪く下着に残りが垂れてしまうことがよくあります。この傾向は慢性前立腺炎発症以前からあり、高校生の頃に一度かかりつけの内科の先生に、22歳の時に大学付属病院の泌尿器科で相談し、後者では前立腺肥大の疑いありとクラビットとセルニルトンを処方されましたが目立った改善はありませんでした。前立腺炎発症後、診断確定のためMRI検査を受けた別の大学病院の泌尿器科の医師には、「尿が残るのは当たり前で異常なんかじゃない」とまで言われました。
治療経過ですが、発症は25歳、会陰部に不快感を覚え泌尿器科クリニック受診、慢性前立腺炎と診断されました。特に原因と考えられる菌は見つからなかったようです。先に述べたMRI検査では、前立腺部が白くなっており前立腺炎に違いないだろうと言うことでした。セルニルトンの他、クラビット、バクシダール、オゼックス、クラリス、ミノマイシン、ファロム等の抗生剤、ロキソニン、ソランタール、ダーゼン、ハイペン等の消炎鎮痛剤、精神安定剤ではデパス、漢方エキスでは猪苓湯などを試し、漢方薬局の調剤漢方(2ヶ月で10万円以上というのは高額過ぎるかとも思いましたが)も服用しましたが大きな効果はありませんでした。現在セルニルトンと補中益気湯エキスを処方されています。
実は発症以前の23歳の時、当時交際していた女性から淋菌とクラミジアを移されたことがわかり治療をした経緯があります。この時MRSも検出されたと記憶しています。抗生剤はトロビシン筋注4回、アクディームを2ヶ月強、これに並行してエリスロシン、タリビット、メジコン、ミノマイシンをこの順に処方され飲んでいましたが、その泌尿器科クリニックの看護婦さんから「普通は抗生物質はそんなに長く使わない。違う曜日に来る先生に相談したら」と言われ、別の先生(慈恵医大の先生でした)が淋菌mRNA検査などをされた結果陰性だったため治療終了となりました。ただ、症状が出にくいタイプの菌だったようで、感染しているとわかったのも偶然に近かったのですが、もしかしたら感染後治療が遅れた(最も過去の感染しうる機会は診断の5ヶ月程前でした)ために、前立腺炎として残ったのではと危惧しています。今かかっている別の泌尿器科のクリニックの先生は、その可能性はないから安心しなさいと仰るのですが、治療終了の半年ほど後に現在の症状の前触れのような不快感を覚えて診察を受けたことがあり、この時はすぐに症状は消えましたが、以後散発邸w)€ィに同様の症状が起こっていたため、疑念が払拭できません。
以上のような状況にあるのですが、最も気がかりなのは現在の治療(服薬)で効果があるのかということ、また他に効果的な治療法はないのかということです。デスクワークが多いこと、ストレスも症状が長引く原因かと思い、日常生活では体操や筋トレなど運動もできるだけ行うようにしていますが,なかなか改善しません。○○県○○市在住のため、残念ながら先生のクリニックで治療をお願いすることも難しい状況です。今の治療を続けるべきか、そうでなければ現在お世話になっている病院でお願いできるような他の良い治療、或いは近隣で良い医療機関等ございましたら、誠に恐縮ですが、ご教示頂ければ有難く存じます。藁をもつかむ思いでのご相談で、長い文章になってしまいました。ご多忙中にも関わらず最後までお読み頂き有難うございました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。」

【解説】
会陰部、下腹部周囲、直腸内部(前立腺付近と思われます)、ペニスに時々鈍痛
慢性前立腺炎の時に生じる関連痛です。様々な症状があるので「精神的・心因性」と診断されることが多いのです。

排尿後切れが悪く下着に残りが垂れてしまう
貴方の若さで切れが悪いのは、排尿障害が隠れていると考えると分かりやすいでしょう。

泌尿器科の医師には、「尿が残るのは当たり前で異常なんかじゃない」とまで言われました。
前立腺肥大症で残尿50ml以上残るのが、手術の適応基準になっているのですが、この医師にかかってはどうでもよいことになります。

セルニルトンの他、クラビット、バクシダール、オゼックス、クラリス、ミノマイシン、ファロム等の抗生剤、ロキソニン、ソランタール、ダーゼン、ハイペン等の消炎鎮痛剤、精神安定剤ではデパス、漢方エキスでは猪苓湯などを試し
これだけ色々な薬を飲んで治療して治らないのであれば、診断と治療法が間違っていると考えた方が論理的でしょう?

慈恵医大の先生でした
私の後輩でしょうか?

もしかしたら感染後治療が遅れた(最も過去の感染しうる機会は診断の5ヶ月程前でした)ために、前立腺炎として残ったのではと危惧しています。
そんなことはありません。ただこのような尿路感染が、非細菌性慢性前立腺炎のキッカケになるのは事実です。キッカケは何でもいいのです。風邪でも骨折でも下痢でもよいのです。

他の良い治療、或いは近隣で良い医療機関等ございましたら、誠に恐縮ですが、ご教示頂ければ有難く存じます。
慢性前立腺炎に関する私の診断と治療方針は、私のオリジナルです。他に同じようなことを行っている医師を存じません。

|

« メール相談 慢性前立腺炎編#11 | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#13 »

コメント

前略ご免ください。
1年位前に慢性前立腺炎と診断され現在も完治しておりません。なかなか治り難い病気といわれ、ツムラ清心連子飲という漢方薬を処方されましたが、まるで効き目がありません。下腹部とソケイ部に鈍痛感が続いていましたが、ある青汁を服用し始めてから少し改善しております。
 しかし完全に完治しておりませんので一度先生の診療を受けたいと思います。福岡県在住ですので予約して行こうと思いますので、適切な日時を教えてください。宜しくお願いします。

投稿: 松尾勇二 | 2005/02/28 00:28

予約の必要はありません。診療時間内に来院していただければ結構です。
3/17,3/19,3/22,3/23は院長の都合(我が子2人の卒業式のため)で臨時休診です。この日は避けて下さい。

投稿: 高橋クリニックからの回答 | 2005/02/28 23:02

僕は16歳で、性行為を行ったこともありません。

症状としては、3日前ほどから性器に力をいれたとき(勃起ではありません)に痛みを感じるようになりました。通常にしていれば何も痛みはありません。痛みといっても激しいものではありませんが。症状も他には一切ありません。これは、慢性前立腺炎という病気なのですか?

病院に行かないままだとどうなるんですか?
診察では必ず肛門に指をいれられてしまうんでしょうか?

【高橋クリニックからの回答】
軽い前立腺炎でしょう。
自然治癒するでしょう。
経過が長ければ、泌尿器科を受診して下さい。

投稿: 坂井 | 2007/04/10 19:00

 古いコメントについて質問して申し訳ありません。

 先生のお子様の卒業式という事ですが、お子様は医師又は医療関係者の職に就かれたのですか?
【回答】
子どもの希望で一般職になりました。
医師は私一代で終わりです。

投稿: 匿名 | 2011/12/13 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メール相談 慢性前立腺炎編#12:

« メール相談 慢性前立腺炎編#11 | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#13 »