« インフォームド・コンセント 慢性前立腺炎・前立腺肥大症編 | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#8 »

メール相談 慢性前立腺炎編#7

「突然のお便り失礼いたします。慢性前立腺炎に悩む25歳の会社員です。

昨年10月ごろ、風俗店に行った数日後に亀頭にむずむずするような違和感を覚え、近所の泌尿器科に行きました。おそらくクラミジアでしょうと言われ、抗生物質を処方されましたが、尿検査ではクラミジアは陰性でした。ですが、むずむずした感じはとれないというと引き続き抗生物質を処方されました。そのうち、肛門のあたりにぞわぞわするような不快感を感じるようになりました。ですがその医師からは病名もとくに告げられず、「クラミジアはいないから心配ない。気にするな」といわれ、引き続き抗生剤を処方されました。
2ヶ月ほど飲みつづけましたが(たしか最初はミノペンで、途中からタリビッドだったと思います)症状は改善せず、抗生剤の飲みすぎのためか腸炎まで起こしてしまい、さすがに「これはおかしい」と思い、別の泌尿器科に行くと、「前立腺炎」と診断されました。そのとき、前立腺マッサージの後の尿検査をしていただきましたが、それでもクラミジアは陰性でした。細菌性の可能性もあるということで、抗生剤(メガキサシン)とセルニルトンを処方され、一月ほど飲みましたが、また腸炎を起こしたため、抗生剤は中止、セルニルトンと前立腺マッサージのみの治療になりました。その後2ヶ月ほど通いましたが、あまり改善もなかったため、また症状自体も軽かったので、通院を止めました。生活習慣にも気をつけ、あまり気にしないようにしていたこともあり、症状はたまに現れましたが、気にならない程度にはなっていました。(もともと小便が近いなど、排尿はすっきりしないほうでしたので、菌が原因ではなかったのだろうと勝手に解釈していました。)

このままでよいかと思っていたのですが、私事で真剣に交際を考えたい女性が現れたこともあり(まだ付き合うにはいたっていませんが)、急に「やはりクラミジアが原因なのではないか」と気になり出しました。そして8ヶ月も通っていなかった泌尿器科に再度行き、再び前立腺マッサージ後の尿検査をしてもらいました。結果はまたも陰性で、やっと安心できると思ったら先生から「前立腺のクラミジアの検出率は30パーセントだ」と言われ、結局不安なままです。「薬出しておくから安心しなさい」といわれ、ミノペンを処方されたのですが一度飲んだことのある薬ですし、また長いこと飲み続けなければならないのかと思うと暗い気分になり、結局薬局では薬をもらいませんでした。その泌尿器科でも、私の前立腺炎が細菌性なのか非細菌性なのかもはっきりとした診断はしてもらっていません。最初の通院のとき、一度そのことを聞いてみたところ、「可能性のある菌をすべて検査するのは不可能」と言われました。

長々と書いてしまいましたが、結局私の言いたいことは、症状は軽いので、たとえ完治はしなくとも、前立腺のなかに人に感染させる可能性のある菌がいるのかいないのかをはっきりさせたい、ということです。上に書きました経過で、先生のご意見をお聞かせ願えないでしょうか?
また先生はホームページで、細菌性慢性前立腺炎は、菌を確定同定できるし、必ず治ると書いていらっしゃいました。ですが、私は前立腺マッサージ後の分泌液の検査すらしてもらったことがありません。できることなら今すぐにでも先生のクリニックに行きたい所ですが、あいにく私は○○に住んでおりまして、行くことができません。○○で、そのような前立腺の分泌液の、クラミジアを含めた精度の高い検査をしている病院をご存知でしたら、ご紹介いただけないでしょうか?
初めてご相談させていただく身で、あつかましいお願いであることは重々承知しておりますが、不安で不安でしかたなく、わらにもすがりたい思いでメールしています。お答えできる範囲で結構ですので、なにがしかのご教示をお願いします。失礼します。」

【解説】
クラミジアは陰性
現在のクラミジア検査はDNA検査ですから、例えクラミジアが生きていなくても、クラミジアのかけらでも存在すれば、検査は陽性になります。非常に感度のよい検査法ですから、陰性と結果が出たならば、まずそれを信じた方がよいと考えます。その後の何回ものクラミジア検査で陰性ですから、なおさらのことです。

抗生物質、ミノペン、タリビッド、メガキサシン
これ程、何回も抗生剤に曝露されれば、例えクラミジアが存在したとしても、すでに死滅しています。もし症状が続くのであれば、それは他の原因と考えた方が適切です。

先生はホームページで、細菌性慢性前立腺炎は、菌を確定同定できるし、必ず治ると書いていらっしゃいました
確かに書いています。ですから治らないのは、細菌性慢性前立腺炎ではないということです。

もともと小便が近いなど、排尿はすっきりしないほうでしたので
ほら!排尿障害が隠れているかも知れません。排尿障害が貴方の症状の原因でしょう。

|

« インフォームド・コンセント 慢性前立腺炎・前立腺肥大症編 | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メール相談 慢性前立腺炎編#7:

« インフォームド・コンセント 慢性前立腺炎・前立腺肥大症編 | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#8 »