« 膀胱と前立腺に真実を語らせるテクニック | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#2 »

メール相談 慢性前立腺炎編

毎日、5通~10通のメール相談が来ます。その中には慢性前立腺炎のご相談も数多く入っています。下記にその典型的な相談を実例として掲げます。なお、相談者を特定される可能性のある内容に関しては、伏字にしています。また、原文のままです。「尿意」を「尿位」と誤記しているのも原文のままです。

「高橋先生、始めまして。とある掲示板を見て、高橋先生の事を知りました。
頻尿の事で悩みがありましてメール書かせて頂きました。もしお時間あれば読んで頂けたらなと思います。
僕は今年で31歳の男なのですが、もうかれこれ10年間もの間頻尿に悩まされています。
切っ掛けは10年前の11月上旬の事です。その日の夜がすごく寒い日でした。僕は普段は家族がいる部屋にいているのですが、用事があり離れの部屋におりました。そこでTVを見ていたんです。2時間位。その時に強烈な尿位を感じてトイレ行ったのですが、それから何回もオシッコがしたくなるようになったんです。
本格的におかしいと思ったのはそれから数日後に電車に乗った時でした。
電車に乗る前にちゃんとオシッコを済ませておいたはずなのにすぐしたくなるんです。乗った電車が急行で次の留まる駅まで我慢との闘いで漏らすんではないかとすごく焦りました。それから僕の頻尿が始まった気がします。
今まで何軒かの泌尿器科・内科に通いました。
一番初めに行った泌尿器科で「前立腺炎」だと言われました。またレントゲンを撮られて見たら僕は胃下垂でその胃下垂が原因でどっちかの腎臓が押されて下に垂れ下がってしまってました。で、その腎臓が少し腫れているとも言われました。そこの医院では前立腺マッサージと内服薬を頂いて通っていましたが改善はあまりしなかったです。
そこで、他の泌尿器科にも通ってみたのですが他では「異常なし」と言われ、ある所では「神経的な部分から来てるのもあるのかも」とも言われました。(僕は神経質なんで)
またある泌尿器科で紹介してもらった心療内科にも通いましたが改善はしませんでした。後、鍼灸や市販の漢方薬も効果はあまりなかったです。
毎日が尿位との闘いです。一番酷い時はトイレに行って5分も経たないうちにまた行きたくなります。尿は普通位に出る場合もあればちょっとしか出ない時もあります。またトイレが気になって、電車も一時気は各停にしか乗れない時もありましたし、長距離ドライブも渋滞などが恐くて行きにくくなりました。映画も尿位の我慢との闘いです。
一番酷い時は便秘気味の時のような気もします。(大便が前立腺を刺激してるんじゃないかと言われた事も)
僕はどうしたら治りますか?もう一生治らないのでしょうか?実は来年からとある専門学校に通い、寮生活になるかもしれません。こういう尿位があると集団生活も不安でなりません。
本当なら今すぐにでも高橋先生に診察して頂いて、治るんであれば必要なら手術してほしいくらいですが、あいにく僕は関西(○○県)なので通う事も難しいです。どうしたらいいんでしょうか?もしよろしければアドバイスお願い致します。
ちなみに、最近はオシッコした後、膀胱か、腎臓か前立腺か解りません残尿感というか、なんかの臓器を手でぎゅと握られているような痛みがあります。 また僕は小学校の時、「背骨がまっすぐになってない」と言われ矯正のため、毎朝ラジオ体操していた時期もありました。背骨の歪みが影響してるんでしょうか?」

いかがですか?同じように悩みの方が多いのではないですか?他人事ではないでしょう。
気になった語句を中心にご説明します。

31歳
慢性前立腺炎にかかる男性は、比較的若い方です。高橋クリニックでは、18歳~45歳の間で、25歳~35歳の年齢層が一番多い年齢です。

10年間の間
経過が長いのも慢性前立腺炎の特徴です。最長で20年という患者さんがおられました。そして経過が長いのに、一度慢性前立腺炎という病名がつくと、さらに詳しくは検査しないのも通例です。

切っ掛け
この相談患者さんのように、ある日、オシッコを我慢してからとか、性行為感染症・STDにかかってからとか、虫垂炎手術の時にカテーテル(管)を尿道に入れられてからなどの切っ掛けをお話になる方がおられます。切っ掛けの事象は、単にスイッチみたいなものです。その切っ掛けが本当に原因ではなく、それまで病気が隠れていて、その切っ掛けがスイッチになっていしまっただけです。切っ掛けに対してくよくよ悩むのは意味がありません。

胃下垂
理由にならない理由をつける馬鹿な医師が残念ながら存在します。少しでも異常所見があると、慢性前立腺炎の原因を全てその性にするという常套手段です。女性の場合には、子宮が膀胱を圧迫しているから慢性膀胱炎になるのだと言うのと似ています。

前立腺マッサージ
本当の慢性前立腺炎の場合は、前立腺マッサージで症状がある程度軽くなります。何回も繰り返して治らないのは、その治療が間違っていると考えて下さい。

異常なし
尿検査・前立腺マッサージ後精液検査などの検査を1回~2回行って、「異常なし」と診断する医療機関の何と多いことか!泌尿器科の検査は、尿検査・前立腺マッサージ後精液検査だけではない!

神経的な
簡単な検査で異常が見つからないと、「神経性・・・」「気のせい」「心因性・・・」などの診断が簡単に付いてしまうのも、慢性前立腺炎の特徴です。医師の頭が回っていないだけです。

心療内科
泌尿器科で「異常なし」と診断されて紹介される先が、心療内科と精神科です。でも心療内科や精神科の医師も困ってしまいます。なぜなら泌尿器科医が十分な検査もしないで「異常なし」と誤診しているのですから、心療内科や精神科の病気でなければ治らないのは道理でしょう。

大便が前立腺を刺激
前立腺の病気が、その脊髄中枢を過敏にしています。そのためその脊髄中枢の支配下の直腸も自動的に過敏になってしまいます。すると、さらに脊髄中枢が過敏になりますから症状は増悪するといった悪循環を繰り返すのです。

背骨の歪み
脊椎の歪みは全く関係ありません。ただし、最近気になることがあります。慢性前立腺炎で来院される患者さんの中に虫垂炎の手術をなさっている方が多いのです。確率的には30%~50%の間です。全人口の過去に虫垂炎の手術を受けるであろう確率は、せいぜい2%以下でしょうからかなりの高率です。もしかすると、虫垂炎手術のための脊椎麻酔が後遺症を作り、排尿障害の原因、進行して慢性前立腺炎の原因になるのかも知れません。

|

« 膀胱と前立腺に真実を語らせるテクニック | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#2 »

コメント

はじめまして、私は過去に前立腺炎で大変苦しみましたが、現在はほぼ完治と言う状態が続いております。やはりこの病気はいろいろな原因がもとになっているように思えます。
確かに神経的な要素もあるでしょうし何が原因なのかひとそれぞれまちまちだと思います。私の発病から完治までの経過の
体験談をのせたページを今回立ち上げましたので、何かのご参考になればと思います。

投稿: 完治者 | 2005/06/18 13:41

ホームページ、ブログのアドレスを記載なさってください。悩んでおられる方の参考になると思います。

投稿: 高橋クリニックからの回答 | 2005/06/22 21:27

66歳の男性で関西在住です。20年前から頻尿になり12年前にある大学病院の泌尿器科を受診していましたが、そのときの診断は慢性前立腺炎と尿道狭窄と診断されました。しばらくの間通院しましたが、検査のときの説明のない痛みと年の若い研修医の、ペニスが造影剤でテニスボールのように膨れ上がったの見て研修医数人に笑われて馬鹿にされ、恥をかいたことから医者が怖くなり、それ以来病院には行っていませんが、最近になって尿が少ししか出なくなってしまいました。僕の病状は相当進んでいるのでしょうか?尚、1日の排尿回数は昼間は2~30回、夜間は4~5回程度です。

【回答】
災難でしたね。
若い医師の教育が不十分な大学だったのでしょう。
さて、状況からは膀胱頚部硬化症による排尿障害だと思います。
排尿障害の治療を始めないと、症状はもっと複雑になります。
早めに治療しましょう。

投稿: 山〇〇男 | 2010/10/13 21:35

突然の連絡で申し訳ありません。偶然悩んで検索していたら目にとまりました。下記のような症状に2年間悩まされています。
射精しそうな感覚、(実際に射精したことはない)

肛門 下腹部の違和感しびれ

勃起してなくても射精しそうになる

早漏だと思う 想像だけで射精しそうになった

気分の上下が激しい

胸が震えてる感じがする

なにかあると癇癪を起こしそうに

よく屁が出る

胸の中が冷たくなる感覚 震えている感覚

肘 肩甲骨辺りに違和感 たまに痺れみたいなもの

疲れやすい

焦るような気持ち

就寝中のくいしばり

遺精?

セルニルトンを1ヶ月飲んでも効果なし

射精して症状が出るようになったような気がするので禁欲中

射精したときに体温が下がって寒くなった経験がある。自律神経の病気?

川崎病のためジビリタモールを朝晩飲んでいる。

仕事に初めての育児とストレスが原因?

病気のことばかり気にして検索してしまう

常に体調不良

仕事はデスクワークがメイン

主治医には気にしすぎないようにと言われています。自分的にはものすごい悩んでいるのですが困ったものです。お忙しい中申し訳ありませんがアドバイスなど教えていただきたくよろしくお願いいたします。長文すいません。
回答】
慢性前立腺炎の原因は、貴方が自覚していない排尿機能障害が原因です。
症状は、すべて膀胱出口からの情報が脊髄神経回路を通じて、様々な知覚神経に伝達するので、複雑な感覚になるのです。
治療対策は、排尿障害の治療薬であるαブロッカーであるハルナール・ユリーフと、頻尿の治療薬であるベタニス・ベオーバが必ず必要です。
また水分は1日1リットル以下にして下さい。
お大事に。

投稿: 新井 | 2020/07/26 07:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メール相談 慢性前立腺炎編:

« 膀胱と前立腺に真実を語らせるテクニック | トップページ | メール相談 慢性前立腺炎編#2 »