« Bar in the sky | トップページ | 慢性前立腺炎CPの実例5 »

泌尿器科学会の演題

日本泌尿器科学会東部総会が品川プリンスホテルのエグゼクティブ・タワーで9月22日~9月24日の三日間開催されています。私は本日、9月23日出席してきました。
toubu-soukai.jpg

さて、慢性前立腺炎で悩んでおられる患者さんにとって、問題の病気に関してどのくらい発表があるのか興味をお持ちでしょう?今回の発表演題をざっと調べたところで、下記の数です。
1.竜胆瀉肝湯が有効であった前立腺肥大症、慢性前立腺炎の5例(横須賀共済病院)

さらに、少し関係があるかな?という発表は下記のようです。
2.下部尿路症状(LUTS)と男性ホルモンとの関係について(聖マリアンナ医科大学)

以上、2件です。今回の学会発表件数が全部で370件以上ですから、0.5%にしか過ぎません。始めの1件だけだとすると、0.3%です。
泌尿器科医がいかに慢性前立腺炎に興味を持っていないかお分かりですか?ですから、会陰部痛や頻尿を訴えて泌尿器科を受診しても、親身になって診断してくれる泌尿器科医は数少ないのが理解できます。

私が医師として駆け出しの頃、厳しく教えていただいた、内視鏡手術では世界的に高名なある大学名誉教授に学会でお会いしました。「今何やっているの?」という話題の中で、慢性前立腺炎・慢性膀胱炎の手術治療についてご説明したところ、「慢性前立腺炎・慢性膀胱炎には手をつけない方がいいよ。」と感想が返ってきました。尊敬する恩師の先生でさえ慢性前立腺炎に対しては一歩引かれます。まして一般の泌尿器科医は慢性前立腺炎には興味を示さないでしょう。

|

« Bar in the sky | トップページ | 慢性前立腺炎CPの実例5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泌尿器科学会の演題:

« Bar in the sky | トップページ | 慢性前立腺炎CPの実例5 »