« 細菌性前立腺炎 | トップページ | 慢性前立腺炎の症状 関連痛とは? »

慢性前立腺炎chronic prostatitisとは?

【概念】
原因菌を確定同定しようとしても出来ずに、それでいて細菌性慢性前立腺炎と同じような不定愁訴がある病態を非細菌性慢性前立腺炎と呼びます。
前立腺マッサージ後の精液検査で白血球を認めることから、感染症を専門にする泌尿器科医はその細菌同定をあきらめ切れずに、延々と抗生剤投与を繰り返します。そして、白血球が前立腺液中に認められなくなった時点で、患者さんの症状の有無はともかくとして「治った」と判断します。その時点で症状がある患者さんは、「精神的」「心の病気」と診断し、精神科に回されてしまうのが落ちです。

【症状】
細菌性慢性前立腺炎と類似の症状です。しかし、病歴がかなり長いので、本当に精神的に参っているのも事実です。
●頻尿
●尿意頻拍感
●残尿感
●会陰部(陰嚢と肛門の間)の疼痛
●恥骨部疼痛
●尿線の分裂・噴水状
●尿道の痛み・しびれ・痒み(先端・全体・奥など)
●大腿(太もも)の不快感(しびれ・痛み)
●足の裏の不快感(しびれ・痛み)
●腰痛
●坐骨神経痛
●背部痛
●射精時の痛み・射精後の痛み
●陰嚢の痒み
●尿漏れ感覚
●尿臭過敏
●水刺激(水の音・水に触れる)で尿意切迫
慢性前立腺炎と診断される方はまだいい方で、下半身の様々な症状のために、大した検査もしないで心因性・精神的と診断される方がかなり多くおられます。

【治療】
非細菌性と診断されても、抗生剤の無意味な投与が主流で、さらにセルニルトン・漢方薬・安定剤・抗うつ剤などが処方されています。

|

« 細菌性前立腺炎 | トップページ | 慢性前立腺炎の症状 関連痛とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慢性前立腺炎chronic prostatitisとは?:

« 細菌性前立腺炎 | トップページ | 慢性前立腺炎の症状 関連痛とは? »