慢性前立腺炎ブログのガイド

このブログは、「慢性前立腺炎」に関して、私の独断の考え方で理論展開しています。あくまでも私の趣味の世界だと思って下さい。しかし、真実しか掲載していません。私はインターネットの中で真理を発信するように心がけています。
真理はどのような状況であっても真理です。真理について信じようとする必要はありませんし、信じてもらおうと説得する必要もないのです。真理が見える人にだけ理解していただければ結構です。(・・・だんだん宗教じみてきた。)
泌尿器科医で、私の考え方に賛同されるのであれば、実践してみて下さい。直接コンタクトを取っていただければ、診断・検査・治療のコツをお教えできます。遠慮なく。地方の患者さんのためです。

テーマが多く、2009年6月上旬現在で280テーマ(2012年6月上旬現在で370テーマ)にもなりました。書いている私でさえも、どこに何が書いてあるか分からなることがあります。下記のようにカテゴリーに分類しています。知りたいカテゴリーをクリックして下さい。

この「ガイドページ」は、常にトップページに来ていますから、このページ以降の記事は最新のものから順番に並んでいます。
また、このブログは私が思いつくままに記事を書いています。ブログのために記事を書いている訳ではありませんから、興味あることが思いつかないのに記事は書きません。記事を書いていない期間が長いというボヤキを目にしたので付け加えました。

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

水分摂取の功罪

» 続きを読む

| | コメント (0)

いわゆる、慢性前立腺炎の症状の秘密と治療

前回、慢性膀胱炎の症状について解説しましたが、今回、慢性前立腺炎の症状の秘密に関して解説しましょう。これ以外に、前立腺症、前立腺疼痛症、慢性骨盤内うっ血疼痛症候群も、すべて同じ範疇の病気です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

超音波エコー検査で分かる前立腺・膀胱の形態学的変化

私は、排尿に問題がかかえた患者さんに対して、必ずエコー検査を実施します。
一般的に、泌尿器科医は、エコー検査なるものを正式には学習していません。大学病院などの大きな病院では、放射線科の医師や検査技師が、ルーティンの方法でエコー検査し、その診断を放射線科医が読影し、診断結果を泌尿器科医が参考に読んでいるだけです。
放射線科医も画像を見ているだけで、実際の患者さんを診ずに診断しています。実際の患者さんの訴えや他の所見をフィードバックなしで診断しています。ある意味、画像だけの机上の空論を報告書に書いているだけです。
私は、大学病院勤務時代はエコー検査に重きを置いていませんでした。研修医の頃のエコー検査機器は、大した画像ではなかったからです。

ところが、救急病院に転職したら、そんなことは言っていられませんでした。急患の状態を正確に把握するためには、血液検査、レントゲン、心電図、CT検査、聴診器、身体的所見、エコー検査しかありません。これらの検査情報を駆使して、患者さんの状態を正確に把握して、緊急手術するかしないかを短時間に決断するので。

その際に、エコー検査がとても重宝しました。当時のエコー機器の画像は進歩し鮮明でした。リアルタイムに所見が得られ、患者さんの顔を見ながら、患部に直接アプローチ出来るのです。エコー検査を毎日5件以上実施し、年間1500件、救急病院の3年間で4500件以上研鑽しました。

開業医になってからは、年間500件✖️28年もの多くの患者さんを診ています。だから、初診の患者さんが過去のエコー検査で異常なしと診断されていても、私は信じませんし、異常のなかった患者さんに遭遇したことがありません。

» 続きを読む

| | コメント (15)

平滑筋の多面性

以前に、平滑筋について解説したことがあります。
医師も含めて一般の人もみな平滑筋と聞いて、筋肉そのものが思い浮かべるでしょう。つまり、伸びたり縮んだりする動力装置としての筋肉です。

» 続きを読む

| | コメント (10)

慢性前立腺炎の症状#8 「精子運動率の低下」

前立腺は精液に3分の1を作っています。
その役目は、精子をアルカリ性物質で保護し、酵素で精液をサラサラにして精子が移動し易くし、精子にエネルギーを供給しています。
精子はエネルギーの蓄えなしで睾丸より放出されます。射精直後に前立腺液と混ぜられながら尿道から放出されます。前立腺液のATPというエネルギー物質を利用しながら精子は動きます。

» 続きを読む

| | コメント (53)

慢性前立腺炎の症状#7 「急性副睾丸炎と急性前立腺炎」

慢性前立腺炎を訴えて来院される患者さんの中には、過去に急性副睾丸炎にかかっている患者さんがいます。
一般的には、雑菌が体内に侵入して急性副睾丸炎や急性前立腺炎に罹患すると考えられていますが、実は慢性的な排尿障害がその原因だと私は考えています。

しかし、そのような事実や文献の記載は存在しません。ですから、この考えは私オリジナルな荒唐無稽の考えと思って読んでください。
排尿障害があると、尿道内、特に前立腺部尿道内に排尿中に尿によるジェット流が生じます。ジェット流は渦流となり尿道粘膜に負荷をかけます。その負荷は物理的エネルギーですから尿道周囲・前立腺内にストレスをかけます。生体はストレスがかかると、生体反応が起きます。いわゆる炎症という生体反応です。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

患者さんの著書

昼休みの昼食時間に患者さんから届いていたレターパックを開けると、書籍が3冊入っていました。5年前に私が内視鏡手術した患者さん(脳神経...

» 続きを読む

| | コメント (13)

ザルティア発売一周年記念講演会

Zalutia20155月23日(土)京都の国立京都国際会館において、日本新薬のザルティア発売一周年記念講演会が開催され、私も招待されて京都に行ってきました。
午後4時半から始まり、終わったのが午後8時前です。それから懇親会が催されました。日本全国から泌尿器科医が一堂に集まった?という感じでした。


» 続きを読む

| | コメント (32)

「慢性前立腺炎患者の会」 設立

患者さんのお一人から次の依頼がありましたので、ここでご紹介します。 「突然ですが,この場をお借りして,「慢性前立腺炎患者の会」の設立...

» 続きを読む

| | コメント (5)

排尿障害を示唆する超音波エコー所見

外来が忙しい時には、尿流量測定検査(ウロフロメトリー)や残尿量測定検査を省いて、超音波エコー検査だけで患者さんの排尿障害を推理・診断することがあります。
超音波エコー所見で得られる排尿障害によると思われる形態学的な変化その根拠を解説しましょう。
①膀胱括約筋の変形 ②膀胱頚部の膀胱内突出 ③前立腺結石 ④前立腺静脈瘤 ⑤膀胱出口の肥厚 ⑥膀胱三角部の肥厚 ⑦前立腺肥大症 ⑧肉柱形成
この8つの所見のどれか一つでも発見できれば、排尿障害を疑います。

それぞれについて解説しましょう。
Echo32841i40pe①膀胱括約筋の変形
膀胱括約筋は膀胱出口の近くに三角形の頂点として観察されるのが正常です。排尿障害が進行すると、膀胱括約筋の間に前立腺が侵入し、膀胱括約筋は次第に膀胱出口よりも遠ざかります。その際に膀胱括約筋の先端が棍棒状に変形したり、ワニ口状に裂けるなどの変形が認められます。また、膀胱括約筋の先端は膀胱出口を刺しているのが正常ですが、排尿障害で膀胱括約筋が尿道足に牽引されるために方向が変化します。
【写真】陰嚢掻痒症で来院された40歳の男性患者さんです。膀胱括約筋の示す方向(赤い矢印)が、膀胱出口(緑の丸)を指していない。膀胱括約筋が裂けている(緑の矢印)。

» 続きを読む

| | コメント (20)

高周波電気メス装置ERBE・VIO300D

開業以来3代目になる電気メスを購入し、10月29日に届きました。 ドイツ製のERBE・VIO300Dタイプです。ERBE社の電気メス...

» 続きを読む

| | コメント (15)

不定愁訴満載の患者さんからのレポート#52

Bns30751sy様々な不定愁訴があり、慢性前立腺炎の診断で当院を平成25年11月に初診した患者さんです。
それまでの症状は、
下半身の強度の冷え・背部痛・腰痛・手足の疼痛・尿臭・ドライアイ・目の疲れ・口角の切れ・口内炎など不定愁訴がてんこ盛りの状態でした。
インターネットで私のブログを読み水分摂取を控えたところ、症状は劇的に軽減しましたが、更なるQOL向上のため当院を受診したのです。

» 続きを読む

| | コメント (4)

磁気刺激治療器 Nico Wave 治療効果

8月の下旬に導入してから1ヵ月ほど経過しました。 その間、男女合わせて26人の患者さんを治療しています。1日多い時に10人、少ない時...

» 続きを読む

| | コメント (8)

慢性前立腺炎の薬剤効果による分類

難治性の非細菌性慢性前立腺炎患者さんには自覚出来ない微細な排尿障害が隠れていて、その排尿障害が物理的な形態異常を作り機能障害を増強し、支配神経を興奮させ特異な症状のソフトウェアを形成し、非細菌性慢性前立腺炎独特の多彩な症状を生み出すのだと私は信じています。
その治療には難渋しているのも事実です。薬剤で容易に軽快する患者さんもいれば、ほとほと困る患者さんもいます。ここに掲げた薬剤効果による簡単な分類は、私の苦労の歴史を物語っています。

①α‐ブロッカー(エブランチル・ハルナール・ユリーフ・フリバスなど)の効く人
十中八九の患者さんに排尿障害が認められます。実際は99%の人に排尿障害があります。
ですから、治療の主軸はα‐ブロッカーになります。70%以上の患者さんがα‐ブロッカーの単独治療でコントロール可能になります。
α‐ブロッカーだけでも、膀胱三角部や前立腺の平滑筋の興奮を抑えることは可能ですが、中にはその興奮がしぶとく継続する人がいます。
その場合、エブランチルからハルナールへ、ハルナールからユリーフへ、ハルナールからフリバスへと変更を試みます。薬剤の変更で飛躍的に効果の出る人がいます。しかし、若い男性には保険でエブランチルしか処方できませんから、その場合、自費で購入していただいています。苦渋の選択です。

» 続きを読む

| | コメント (53)

磁気刺激装置:NICO Waveの搬入

Nicowave予てから予告していた磁気刺激装置が8月26日(火)の午後6時から7時にかけて搬入されました。
日本光電の話によると、現時点で北海道、秋田県、千葉県、東京都、沖縄県のそれぞれに1台ずつ、計5台の搬入が決まったとのこと。その東京都で初めて搬入の1台が、高橋クリニックの購入した名誉ある記念すべき1台だそうです。

» 続きを読む

| | コメント (17)

前立腺結石

前立腺結石の存在が、慢性前立腺炎の諸悪の根源だと思っている方も多いようなので、ここで前立腺結石についてテーマを作りました。

前立腺結石と慢性前立腺炎
慢性前立腺炎で来院する患者さんの多くに前立腺結石を認めます。また、排尿障害の強い前立腺肥大症の高齢者の多くにも前立腺結石(しかも大量です)を認めます。この両者の共通は、排尿障害です。ですから、前立腺結石を認めたら、当然のように排尿障害を考えます。

前立腺結石の成り立ち
では、なぜ排尿障害が存在すると前立腺結石が出来るのかを解説しました。あくまでも私の仮説ですが。

前立腺結石と排尿機能障害
前立腺結石と排尿機能障害の関係について、日本泌尿器科学会で報告しました。

» 続きを読む

| | コメント (13)

磁気刺激装置とファラデーの法則

Faladylaw前回解説した磁気刺激装置の作用効果で私が勘違いをしていたので、ここで詳細に原理・効果を解説しましょう。

磁力線が生体(骨盤底筋・神経)に直接作用して生物活性を促すものだと思っていましたが、実はそうではありませんでした。
Hatsudenki学生時代に勉強した物理学の知識でファラデーの法則というものがあります。伝導体の近くで、磁場に方向性や強弱に変化を与えると、渦電流(うず電流)が発生するという原理・原則です。この原理を利用して発電機が電気を作っています。水力発電も火力発電も原子力発電もガスタービン発電も、すべてこの原理の発電機を利用しなければ電気を作れないのです。

» 続きを読む

| | コメント (5)

磁気刺激装置

Tmu1100nihonkoden今度、日本光電から磁気刺激装置なるものが発売されます。
ご婦人の過活動膀胱の治療装置ですが、間質性膀胱炎や慢性前立腺炎の患者さんにも有効かも知れません。
1100mecha日本光電の説明動画から静止画を起こして作成しました。
椅子に仕掛けた高周波のコイルから磁力線が発生し、骨盤底筋や神経を刺激します。

Tmu1100mecha磁気刺激は、骨盤底筋を鍛え、また陰部神経を介して、脊髄中枢を介して膀胱に効果をあげるようです。「・・・あげるようです」と述べたのは、磁力線が神経や筋肉を本当にリラックスさせることが出来るのか?疑問に感じたからです。もしも本当にそうであれば、膀胱や前立腺の平滑筋こそリラックスされてもおかしくないでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (7)

2チャンネルを読んで

前回のブログの内容について、2チャンネルで下記のようなコメントが掲載されていました。 もう少し具体的なデータを添えましょう。(※が私...

» 続きを読む

| | コメント (12)

ビジネスモデルについて

患者さんのブログに下記のような投稿があり、少し炎上したようです。

「アルファブロッカーはご存知のとおり症状を緩和するだけで根治を目指す薬ではありません。
プロダクトポートフォリオマネージメント(PPM)という有名なビジネスの戦略分析手法があります(PPMに関して詳しく知りたい方はネットで調べてみてください)。Tクリニックでアルファブロッカーを処方された患者は一生Tクリニックから薬を購入しないといけないわけですから、これらの既存患者はPPMで言うところの「CASH COW(金のなる木)」といえます。
またT先生はネットで熱心にコメントを記載しており、これを見て新しい患者さんが集まるわけですが、これらの新規見込み患者はPPMで言うところの「STAR(スター)」になります。まれにTクリニックからよそに乗り換える患者さんもいるわけですからこれらの患者さんはPPMで言うところの「QUESTION MARK(問題児)」といえます。
いずれにせよTクリニックをPPMの観点(=ビジネスの観点)でみると金のなる木とスターがほとんどですので相当よくできたビジネスモデルと言えるでしょうね。巷の会社経営者はぜひ彼のビジネスモデルを見習うべきでしょう。
T先生は尿検査もせず訪れた患者さんほぼ100%に「膀胱頚部硬化症」と診断するのはなぜなのでしょうね~?」
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

» 続きを読む

| | コメント (13)

3つも名前がある不思議な薬

Zaltianoアドシルカ、ザルティア、シアリスこれらは全て「タダラフィル」という同じ薬剤で同じ製薬会社から発売され、使用目的によって商品名と単価が異なる薬です。
アドシルカは「肺動脈性高血圧症」の治療薬で、薬価は20mg1錠1720円です。
ザルティアは「前立腺肥大症」の排尿障害治療薬で、薬価は5mg1錠230円(20mg換算920円)です。
シアリスは「勃起障害(ED)」の治療薬で、実勢価格は20mg1錠2000円前後です。

» 続きを読む

| | コメント (15)

「ザルティア」 4月17日薬価収載、同日発売!

排尿障害の治療薬となったシアリスの別名「ザルティア」が、4月17日薬価収載、同日発売になります。 当院でも、やっと保険で処方出来るよ...

» 続きを読む

| | コメント (12)

男女の両者にある原因不明の膀胱頚部硬化症

男女の原発性膀胱頚部硬化症
Primary Bladder Neck Obstruction in Men and Women

ヴィクターW.ニッティ、MD
ニューヨーク大学医学部泌尿器科、ニューヨーク

Pbno【要旨】
原発性膀胱頚部硬化症(PBNO)は、膀胱頚部が排尿の間に適切にあるいは完全に開かない状態である。
原発性膀胱頚部硬化症PBNOの真実の罹患率を確認するのは難しいが、排尿機能障害を持った男女それぞれの研究調査は、この条件の著名な罹患率を実証する。
原発性膀胱頚部硬化症PBNOによって引き起こされた畜尿症状(頻度、尿意切迫、切迫性尿失禁、夜間頻尿)および排尿症状(尿勢減弱、排尿開始遅延、残尿感)を含んでいる。
神経筋による機能障害や繊維症を含むPBNOの病因に関して多数の理論がある。
膀胱頚部硬化症PBNOの診断は、排尿時のビデオ・ウロダイナミクス、同時の圧力流量測定を備えたウロダイナミクス検査、膀胱頚部の画像で正確に作ることができる。
治療は、症状の重症度やウロダイナミクス検査所見や治療による効果に応じて、薬物療法による経過観察から外科的治療に至るまで多岐にわたる。
この報告は、罹患率、膀胱頚部硬化症PBNOの病因、診断および治療に関して現在の最先端技術を調査する。
RevUrol2005;7(suppl 8):S12-S17] 2005 MedReviews

» 続きを読む

| | コメント (5)

膀胱頚部硬化症についてインタビュー

ある有名医療機器メーカーの研究開発部門から、膀胱頚部硬化症についてインタビューしたいと申し出があり、3月6日(木)午後3時30分に担当者二人にお会いし、午後5時50分まで熱弁をふるいました。

欧米では「膀胱頚部硬化症Bladder Neck Sclerosis」なる名称はほとんど使用されず、主にMedian Bar(柵形成)、 Bladder Neck Obstruction(膀胱頚部閉塞症)、 Bladder Neck Contraction(膀胱頚部委縮症)、Bladder Outlet Obstruction(膀胱出口閉塞症)などの名称で論じられています。しかし、これらの意味するところは、ほぼ同じ意味です。

アメリカでは年間74万人の膀胱頚部硬化症と診断される患者さんが存在し、その80%はα‐ブロッカーで治療されています。薬剤治療で効果が得られない患者さんが内視鏡手術になるそうです。(そのメーカーの収集した情報の受け売りですが・・・)

Bnsballon_2以前に、膀胱頚部硬化症に対するバルーンカテーテル治療について私独自で臨床検討したことがあり、その記事に興味を持たれ尋ねて来たのです。

» 続きを読む

| | コメント (12)

慢性前立腺炎の症状いろいろ

慢性前立腺炎を訴える患者さんを多く拝見していると、様々な症状を合併している方に遭遇します。
排尿障害が原因の慢性前立腺炎症状の患者さんを治療していく過程で、一見無関係と思われる随伴症状が治るのです。それら随伴症状も慢性前立腺炎の症状の一面と考えれば、その随伴症状で長年苦しまれている患者さんを助けることができます。
今まで、このブログで書きためた随伴症状をここに書き出しました。

①またの付け根が痛い=会陰部痛
慢性前立腺炎と言えば、会陰部痛と思われるくらい代表的な症状です。

②陰嚢が痒い=陰嚢掻痒症
慢性前立腺炎で陰嚢が痒いなんて思われない症状です。実は、排尿障害がその原因だったのです。

③尿道分泌過多症
慢性尿道炎や非淋菌性非クラミジア性尿道炎と誤診される病態です。漫然と抗生剤や抗菌剤が処方されてしまう症状です。

④尿臭
自分がオシッコ臭いと思ったり、他人に臭いと思われてしると妄想してしまう病態です。

» 続きを読む

| | コメント (37)

慢性前立腺炎の症状#18 「顔の痒み」

29歳の男性患者さんです。
平成24年4月に食中毒に罹患しました。その後から、顔の痒み、陰茎の痒み、陰嚢の痒みが出現しました。皮膚科を2軒はしごし、色々な軟膏と抗アレルギー剤の処方されましたが改善しません。特に顔の痒みが辛く、インターネットで検索しますが、ハッキリした解決策が得られないでいました。
Face29cp202061陰嚢も痒かったので、「陰嚢の痒み」という言葉で検索したところ、高橋クリニックが候補に挙がり、意を決して平成25年7月に高橋クリニックを受診しました。
後日、患者さんが持参したCG画像です。赤い斜線で示している部分が、当初の顔の痒み部分です。

» 続きを読む

| | コメント (4)

シアリスが排尿障害改善剤として承認されました!その名は「ザルティア」

Zaltiaかねてから話題にしていたシアリスが今日、厚生労働省から「前立腺肥大症」の排尿障害の治療薬として承認されました。その名前は「ザルティア」です。
5mg錠と2.5mg錠の2種類になります。保険薬になるので、現在のシアリスよりは価格が下がるでしょう。もしかすると、α-ブロッカーのハルナールの薬価と同程度かも知れません。

発売は未定ですが、夏前には市場に出るでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (17)

大豆イソフラボンと一酸化窒素NOとの関係

排尿障害の治療薬としてのシアリスの登場で、一酸化窒素NOに対する考え方を改めた思いです。
大豆イソフラボンのアグリマックスの会社から、下記の文献を提供していただきました。
これを読むと、アグリコン型イソフラボンの平滑筋に関する作用機序にも一酸化窒素NOが関与している事が分かります。
Noisoflavone2summary
1. The aim of the present study was to assess the effects of isoflavone aglycones (IFA), containg 32.9%IFA,on the production of nitric oxide (NO) and systoric blood pressure (SBP) in stroke-prone spontaneously hypertensive rats (SHRSP).

2. twelve male SHRSP rats, aged 5 weeks, were used. Rats were devided into two groups: (ⅰ) the IFA group (n=6) ; and (ⅱ) the control group (n=6). Administration of IFA (20mg/kg equivalent of isoflavones) resulted in a significant decrease in SBP in the IFA-treated group compared with the control group.

3. Nitric oxide levels in the urine and serum were also significantly higher in the IFA-treated group than in the control group. Significantly higher levels of endothelial NO synthase with control group.

4. Isoflavone aglycones could decrease SBP significantly by increasing the formation of NO.

» 続きを読む

| | コメント (8)

慢性前立腺炎に対する大豆イソフラボンの臨床治験募集

大豆イソフラボンが慢性前立腺炎症状に効果があるらしいことは分かっているのですが、公の文献がありません。 そこで、大豆イソフラボンに関...

» 続きを読む

| | コメント (11)

ボトックス注射部位の疑問

Botoxinj専門誌Urology TodayのVol.20,No.3に実践マニュアル「膀胱のボツリヌス毒素療法」というレポートが掲載されていました。東大チームの業績です。

そこの記事に、間質性膀胱炎の患者さんに対するボツリヌス毒素(BOTOX)の注射部位が提示されていました。それが右の図4です。
この図を見ると、膀胱三角部を中心にBOTOXを注射しています。

» 続きを読む

| | コメント (22)

シアリスが排尿障害治療薬になる!

バイアグラと同じED治療薬であるシアリスが2011年アメリカで前立腺肥大症の排尿障害の治療薬として承認されました。
勃起不全の治療薬が、排尿機能障害の治療薬に変身したのです。不思議でしょう?それには、それなりの理由があるのです。
平滑筋は一酸化窒素NOで弛緩します。シアリスはバイアグラ同様に一酸化窒素分解酵素の働きを抑制する作用を持っています。つまり、一酸化窒素NOの働きを増強するのです。
一酸化窒素NOの働きが増強すると言うことは、平滑筋が十分に弛緩する=陰茎動脈が拡張し勃起を促すという仕組みです。
前立腺肥大症などで排尿障害がある場合は、膀胱・前立腺・尿道の平滑筋が緊張していますから、排尿障害になるのです。それらの平滑筋を弛緩させれば、排尿障害は改善すると言う理論です。
アメリカで承認が得られた訳ですから、かなりの効果があったのでしょう。恐らく、ハルナールと比較しての臨床治験だったと考えられます。ですから、ハルナールよりも効果が高いと考えられます。

» 続きを読む

| | コメント (49)

副睾丸炎の悩み (慢性前立腺炎の症状)

【平成24年5月2日のメール】

お世話になります。先生のお人柄のあふれたお答えに感服して読ませていただいています。
そこでお尋ねですが、上記診断を3ヶ月前に受け、2つの病院でハルナール、セルニルトン、消炎剤等を処方されましたが鈍痛が収まりませんでした。
2つ目の社保病院では結石エックス線、尿勢、残尿エコー、前立腺がん腫瘍マーカーを調べましたが特に異常はなかったようです。痛みがあるにもかかわらず、原因がわからないので様子を見るしかない、何か変化があったらまた来るようにと薬の処方もありませんでした。
そこで3つ目の公立病院では地黄丸と消炎剤を処方された結果、大分痛みが和らぎ、地黄丸だけで消炎剤はもういいということになった矢先に安心して射精したところ精液に膿のようなものが一緒に勢いよく飛び出し驚いた次第です。しかも痛みが弱まってよかったと思っていたのにまた元の鈍痛が出てしまいました。主治医は地黄丸だけ服用して1ヵ月後にくればよいということでしたが早めに報告したほうがよいでしょうか。なお痛み(鈍痛で耐えられないほどではないが不快な痛み)は不規則に起こり3,4時間で収まることが多いですが、夜間だと眠りを妨げます。慢性の場合はやはり時間がかかるのでしょうか。なお夜間には3・u梔tcw尿意で目が覚めます。当方65歳で特に既往歴はありません。
長い文で申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。
なお、診断料につきましては、ぜひご相談させてください。以上です。
★★★★★★★★

» 続きを読む

| | コメント (53)

進化の後遺症

Nezumi6500【哺乳類の祖先】
私たち人間の祖先、全ての哺乳類の祖先は、6500万年前頃に恐竜が絶滅した後に出現した、ネズミほどの大きさ(250㌘)の小さな生物でした。主に昆虫を餌にして生きていた生物です。
この小さな生き物から哺乳類が進化し、サルになり類人猿になり人になったとされています。

» 続きを読む

| | コメント (40)

慢性前立腺炎/慢性骨盤疼痛症候群 #2 m3.comから

慢性前立腺炎「尿流を見よ」 【時流◆前立腺】 「実は尿道の異常がある」 2013年5月1日 時流 患者増加が注目される「前立腺疾患」...

» 続きを読む

| | コメント (26)

慢性前立腺炎/慢性骨盤疼痛症候群 m3.comから

慢性前立腺炎、自転車は禁忌 【時流◆前立腺】 増える慢性前立腺炎、患者指導で重視 2013年5月1日 時流  4月25日に開催された...

» 続きを読む

| | コメント (27)

慢性前立腺炎/慢性骨盤疼痛症候群(CP/CPPS)101回日本泌尿器科学会パネルディスカッションから

2013cpcpps


» 続きを読む

| | コメント (28)

血精液症と排尿障害 第101回日本泌尿器科学会

2013uro101mokuteki以前にも慢性前立腺炎の症状の一つとして「血精液症」 について解説したことがあります。
今回、札幌で開催された日本泌尿器科学会総会で、統計的な症例報告を4月27日(土)に行いました。1年間に血精液症を訴えた患者さん28例です。

» 続きを読む

| | コメント (16)

患者さんからのレポート#51

高橋先生、 診察番号・・・30番、アメリカ在住の〇〇です。8月末の内視鏡手術の際にはお世話になり、ありがとうございました。 先生のプ...

» 続きを読む

| | コメント (100)

アミノ酸:グリシンの不思議な振舞い

2012年11月28日ベタニス発売1周年記念講演が、丸の内の東京会館で開催され参加しました。
その講演の講師の菅谷公男先生のお話に興味を引かれました。『膀胱の機能進化とその破綻による過活動膀胱』というテーマで、動物実験を中心に膀胱機能と病態生理に関して詳細な知見を得ることが出来ました。
膀胱の排尿抑制回路には、『GABAニューロン』と『グリシンニューロン』の2つの抑制回路が存在し、中枢神経回路と膀胱神経回路の間に介在し、複雑に影響しているとのこと。特にグリシンニューロンは膀胱の興奮を抑えるのに重要な働きをしているらしい。
膀胱に関連した病気、前立腺肥大症・過活動膀胱・間質性膀胱炎の患者さんの脊髄や血液中のグリシン濃度が健常人に比較して明らかに低下しており、動物実験で脊髄中にグリシンを投与すると、傷害された膀胱の機能が回復するのです。

» 続きを読む

| | コメント (60)

外来患者さんの内訳

毎日の診療に追われていると、どの病気の患者さんがどのくらい来院しているのか正確には分からなくなります。
そこで、今月11月の1ヵ月間だけ初診の患者さんの統計を取ってみました。(無料の電話相談はカウントしていません。)
毎月の患者さんは総数800人~900人です。その内、初診の患者さんは200人前後ですから、その中で泌尿器科に関する患者さんだけの統計です。
慢性前立腺炎=男性の膀胱頚部硬化症、間質性膀胱炎=女性の膀胱頚部硬化症、PSA値の異常値=前立腺癌の疑い患者さん、性感染症=性感染症の疑い患者さんも含みます。
データには初診の患者さんのみで再診の患者さんは含めていません。

11月 慢性前立腺炎 間質性膀胱炎 PSA値の異常値 性感染症
----------------------------
1日   2人                   1人        1人
2日   6人         1人
5日   2人                   1人
6日   1人                   1人
7日   5人                   1人
8日   3人         2人        1人        2人  
9日   3人                   2人        1人 
10日  3人                   1人
12日  2人                   1人        1人 
13日  4人                   1人        1人
14日  2人         3人                  1人
15日  2人                   1人        1人
16日  2人         1人        2人        1人
17日  1人         3人                  2人
19日  3人                             4人
20日  1人                             2人
21日  4人                             1人
22日  0人!                  1人        1人
24日  2人                             1人
26日  5人                   1人        1人
27日  1人
28日  0人!        1人                 1人
29日  1人 1人
30日  1人                             2人
----------------------------
総数  56人        11人        15人      25人
----------------------------
11月 慢性前立腺炎 間質性膀胱炎 PSA値の異常値 性感染症

» 続きを読む

| | コメント (62)

α-ブロッカー治療と内視鏡手術との間の治療 その3

Bns25730m273実際の内視鏡手術では、術前の膀胱出口2mm~3mm程度の直径から、手術直後、短径6mm×長径15mm程度に拡張します。

Bns25730m274バルンカテーテルで内視鏡手術と同じ効果を得るためには、膀胱出口を短径10mm×長径20mm程度まで拡張しなければなりません。
ところが、尿管拡張バルンカテーテルの直径は膨らまして最大10mmしかありません。このカテーテルで10mm×20mmの効果を得るためには、このカテーテルを2本縦に挿入して、同時に膨らませる必要があります。

» 続きを読む

| | コメント (91)

α-ブロッカー治療と内視鏡手術との間の治療 その2

Bnsnol_2単なる解説だけでは理解しがたいと思うので、簡単な図を使って解説しましょう。
右の図は、正常な男性の膀胱・前立腺を横から見たイメージです。膀胱出口は十分に開く状態です。

Bnstypical_2排尿機能障害が存在し、長い時間が経過すると膀胱頚部硬化症になります。膀胱頚部硬化症になると膀胱頚部が発達して膀胱出口が狭くなります。それと同時に膀胱三角部も肥厚します。形態学的な異常(器質化)は機能異常をさらに増強させ、周辺の感覚(膀胱三角部や膀胱頚部)を興奮させ、慢性前立腺炎症状を作るのです。

» 続きを読む

| | コメント (63)

α-ブロッカー治療と内視鏡手術との間の治療

α-ブロッカーを服用しても、思うように治療効果の出ない人もいます。保存的治療で効果が出なければ、即、内視鏡手術を選択するのも考えてしまいます。

もっと、中間的な治療法はないものかと考え、ボトックス注射による治療法を考え出して実施しましたが、その効果のあった人は50%で、効果のあった人も3ヵ月程度しか効果が持続しませんでした。
その後、ベタニスの登場で問題が解決かと喜んだのですが、効果のある人は30%強で完全な治療の選択肢としては、まだまだです。

さらに、新しい治療法を模索していた時に、ふとある現象に気が付いたのです。その現象とは、内視鏡手術直前の内視鏡検査でのことです。
Bns25730m27私は内視鏡検査で17フレンチサイズの硬性鏡を利用します。17フレンチサイズは直径5.7mmです。
右の写真では、膀胱出口が上方に小さく存在し、精丘越しには観察できません。

Bns25730m272この硬性鏡で観察した前後、膀胱出口は大きくなるのです。広がるのです。直径1mm位の膀胱出口が3mm程度に拡張しているのです。術前の内視鏡検査で膀胱の隅々まで観察するので、その操作で膀胱出口は結果的に拡張されてしまい当たり前の現象ですが、そのことがフッと気になったのです。
同じ患者さんの写真では、内視鏡検査後、膀胱出口が確認できます。

» 続きを読む

| | コメント (42)

慢性前立腺炎の症状#17 「突発性睾丸挙上・埋没睾丸」

32歳の男性患者さんです。
5年前から、月に1回程度の頻度で両方の睾丸が突然お腹に入ってしまう現象がありました。
「突発性睾丸挙上」あるいは「突発性埋没睾丸」とでも表現すれば分かりやすい現象です。どうやら、仕事で疲れたりストレスがたまると発症するようです。
ひとたび、この現象が起きると手で引張っても睾丸が降りてきません。気分が悪く下腹部全体が不快です。時には肛門の奥までもが不快感を感じます。思い余って、泌尿器科に8軒、心療内科に1軒、精神科に1軒ドクターショッピングしましたが、一向に改善しません。
3年前からは、この現象の頻度が1週間~2週間に1回に起き、頻度が増してきました。
インターネットで高橋クリニックにたどり着き、平成24年9月に来院しました。

» 続きを読む

| | コメント (41)

慢性前立腺炎の治療 α‐ブロッカー

Rinpi201210今月号の「臨床泌尿器科」雑誌に、「古くて新しい前立腺炎の臨床」というテーマで特集が組まれていました。
その中で、慢性前立腺炎とα‐ブロッカーについて掲載があったので、ここでご紹介しましょう。

ついに、慢性前立腺炎の治療にα‐ブロッカーが認められたと喜んで雑誌を読んでみました。

» 続きを読む

| | コメント (59)

慢性前立腺炎の本態と治療

Bnscppathoこのテーマで、慢性前立腺炎に関して364番目のテーマになります。
思いつくままに記事を書いていますが、全体が大きくなり過ぎると、慢性前立腺炎の正体や本体が見えなくなる欠点が出てきます。
時には、まとめ的に記事を書くことにしています。慢性前立腺炎=膀胱頚部硬化症の病理的本態は、このイラストのようだと考えています。

1.この病気の原因の本質は、排尿機能障害です。
2.排尿機能障害が自覚しないで継続すると、下部尿路に物理的負荷がかかります。
3.その負荷は、機能的には膀胱三角部や膀胱頚部の知覚過敏を作ります。
4.器質的には、超音波エコー検査などで、膀胱頚部の硬化像・膀胱三角部の肥厚・膀胱括約筋の変形・前立腺肥大症・前立腺結石として確認されます。
5.膀胱頚部の知覚過敏は、脊髄神経を常に興奮させ、ついには異常な神経回路を形成します。
6.神経回路で増幅した情報は、直接的には頻尿症状を作り、過活動膀胱・心因性頻尿・間質性膀胱炎と誤診されます。
7.情報は自律神経や免疫システムの中枢である視床下部を興奮させますから、その結果、自律神経症状や免疫興奮症状を作ります。
8.脊髄内を上向する情報は、膀胱や前立腺以外の知覚神経に流れるので、関連痛としてしびれ・痛み・痒みなどの症状が形成されます。

» 続きを読む

| | コメント (122)

他院で手術された患者さん

昨年4月に診察していただいた 〇〇〇〇県〇〇〇〇市の〇〇〇〇(診察券no・・813)でございます。

ブログ毎回見ております。目の具合はいかがでしょうか。案じております。


あれから高橋先生の診察所見およびエコー画像、そして99回泌尿器学会のブログ内容を持ち友人医師の紹介により〇〇〇〇病院で手術いたしました。
友人医師(内科)は高橋先生の内容をよく理解してくれたのですが、執刀医師はやはり簡単な切開手術で(やはり高橋先生の診察どおり柵形成しておりました)5時7時を切開しました。
6時の部分が残っていますねと申しましたら高橋先生のように6時を切開すると狭窄が起きますといわれ、ああやっぱりこの先生も駄目かと。
(オペしていただけでありがたいと思わなければいけないのでしょうが、こんなのは病気じゃないと言われたのはショックでした。ガン以外は病気じゃないように思っておられるようです)

手術後半年間の苦痛悶絶から昨年11月から突然症状が好転、不快症状もほぼなくなり尿線も非常に太くこのまま良くなってほしいと思っておりましたが、やはりこの5月連休から突然悪くなりました。
痛み、不快感、間断のない頻尿感、なにより辛いのは尿線細くスムースに出せなくなったことで毎日地獄です。

やはり先生に診察、場合によっては手術していただきたいのですが、目のお具合等からオペは控えておられるのでしょうか?

よろしくお願いします。  

〇〇〇〇県〇〇〇〇市 〇〇〇〇(クリニックで先生と撮った写真を待ち受け画面にしております) 

» 続きを読む

| | コメント (33) | トラックバック (0)

お礼のメール

高橋知宏 先生

先日は驚愕の診察をして頂き、誠にありがとうございました。
5日経過しましたので、お礼かたがた近況のご報告をさせて頂きます。

今まで35年間で30人以上の泌尿器科の先生に診察して頂いて数え切れないほどのお薬を飲みましたが全く効果がありませんでした。
殆ど諦めておりましたがインターネットのブログで先生の事を知り、南九州から伺わせて頂きました。

私の間質性膀胱炎は、50歳代までは頻尿による不快感は有るものの我慢出来ぬ程ではありませんでした。しかし60歳になってから急に潜伏進行していた病魔が満を持したように一斉攻撃で全身に襲いかかってきました。

眠りたくても1時間ごとにトイレのために目が覚めて、熟睡が出来ない、過敏性腸症候群で一日中ガスがお腹に発生する、足先の激冷え、難聴、腰痛、原因不明の舌先の激痛等です。

この病気を経験した人にしか分からぬ、のたうちまわるような悶絶の苦痛でした。阿鼻叫喚の地獄です。
しかし先生の処方して下さった、「たった2粒のお薬で」私はこの底なし沼の地獄から救出されました。とても調子がいいです。付随していた周辺の不定愁訴にまでです。そこに驚愕しています。

それは例えて言えば、猛獣ライオンが入った檻にマジシャンが黒布を掛けて、ポール・モーリア・オーケストラのBGMよろしくそのワゴンを1回転させ、次の瞬間に猛獣ライオンを檻の中から消し去っているかのごとき驚きです。

先生のブログに、外科医は100種類の薬を知悉して使いこなせねば一人前とは言えぬ、そして内科医は200種類だ。と仰っていた事が思い出されます。
先生の手術の凄さをブログで拝見したのですが、手術ばかりではなく先生はお薬の処方でも驚異的だったのですね。嬉しい悲鳴です。
まさに、「高橋クリニックの真骨頂ここにあり!」ですね。

あれから5日間経ったというのに(過去の辛かった事を思い出すと)、今起こっていることが、いまだに夢のようです。いや、夢なのでしょうね。それでもいいんです。こんな幸福な夢なんて決して誰でも見れる夢ではないのですから。

高橋知宏先生、本当にありがとうございました。重ね重ねお礼を申し上げます。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

〇〇〇〇

» 続きを読む

| | コメント (31) | トラックバック (0)

患者さんからのレポート#50

ご無沙汰しております。術前、術後と色々と有難うございました。 栃木県〇〇〇〇市のカルテ番号・・169の〇〇〇〇です。 いつも、先生の...

» 続きを読む

| | コメント (12) | トラックバック (0)

再生医療(第100回日本泌尿器科学会)

以前に患者さんからの要望で、骨髄細胞を利用した膀胱平滑筋の再生医療の文献を解説しました。 この文献の著者の先生が、偶然にも学会でセミ...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第100回日本泌尿器科学会 報告

2012urome2012年4月23日(月)にみなとみらいの会場でポスターセッションにて報告しました。
朝の10時にポスターを貼って、夕方の5時に発表です。その間、1日中雨で会場内をウロウロしていました。


» 続きを読む

| | コメント (9) | トラックバック (0)

前立腺組織の薬物動態(抗生剤)

Pipctazprostate2012uro第100回日本泌尿器科学会のポスターセッションで抗生剤の前立腺組織に移行するかどうかの報告があったので、ここで紹介します。
愛知医科大学泌尿器科と広島大学臨床薬物治療学の共同研究で、「PP-0804前立腺組織における薬物動態」というテーマです。
抗生剤PIPC(ペントシリンというペニシリン系の抗生剤)において、血中濃度の約半分(41.7%~57%)の量が前立腺組織に移行していることが判明したのです。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

骨髄細胞から平滑筋細胞へ 再生医療の扉

患者さんから興味深い文献(http://s-igaku.umin.jp/DATA/58_05/58_05_05.pdf)を紹介されました。
内容が専門過ぎて難解ということで、私なりの解釈でここに解説します。

【要約】
ネズミの実験において、傷害を受けたネズミの膀胱に他のネズミの骨髄細胞を移植したら、骨髄細胞が平滑筋に分化・成熟して、欠損した膀胱平滑筋が充填され再生したという「再生医療」に結びつく動物実験です。再生した膀胱は組織構造上も機能上も正常な膀胱と同様であったというのです。
この再生に必要な要素が3点あり、1つ目が骨髄細胞、2つ目がその骨髄細胞が生着できる場=組織基本構造、3つ目が骨髄細胞が分化・成熟させるに必要な成長因子(Growth Factor)の存在です。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

愛燦燦

入院中、安静にしていなくてはならないので暇を持て余します。
病室でCDを聞きながら時間をつぶしていました。
小椋佳さん作詞作曲、美空ひばりさんの歌で有名な「愛燦燦」があります。
ひばりさんの「愛燦燦」は、力強い人生讃歌のイメージでしたが、小椋佳さんの歌う「愛燦燦」は、愁いに満ちた人生讃歌という印象です。病気で入院していて気持ちが落ち込んでいる時に聞くこの歌は、こころにシンクロします。
慢性前立腺炎の患者さんを例にこの歌を解説しましょう。

雨 潸潸(さんさん)と この身に落ちて
わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして
人は悲しい 悲しいものですね
それでも過去達は 優しく睫毛に憩う
人生って 不思議なものですね

何かが「きっかけ」になって慢性前立腺炎になります。
クラミジア感染症などのSTDが原因になって発症する人も多くいます。
その「きっかけ」は自分が注意すれば回避できたものであれば、なおさら悔いが残ります。
悲しくて悔しくて涙が出て睫毛を濡らすこともあるでしょう。
この涙は悲しみと悔しさの涙であって、それ以外の何物でもない筈です。

» 続きを読む

| | コメント (13) | トラックバック (0)

ダイアモックスという不思議な薬

過去に「ダイアモックス」という薬を服用したら、慢性前立腺炎症状(会陰部痛)が軽快したという患者さんがいました。 ダイアモックスは昔か...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

吉報

何時もお世話になっております。 診察券No〇〇〇30 〇〇〇県〇〇〇市在住の〇〇〇〇と申します。 数か月に一度の診察で、それ以外の時...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下部尿路は楽器

膀胱に尿をため、排尿時に狭い膀胱頚部を通過して、男性なら前立腺~尿道へ、女性なら直接尿道へ尿は排出されます。
尿はほとんど水ですから、尿を流体物として考えれば、膀胱にたまった流体物が狭い空間(下部尿路)を通過するのが、排尿の本質です。
Tranpetこれと似た現象を私たちの身の回りで発見することができます。それは管楽器です。空気という流体物を肺や口いっぱいにためて吹いて音を出すあの楽器です。トランペット・クラリネット・トロンボーン・ホルン・ピッコロ・フルートなどの管楽器が排尿現象と似ています。
そのことから考えて、排尿時には下部尿路で音が鳴っていると考えられないでしょうか?

健康な人は、下部尿路で奏でられたメロディが正常であり、慢性前立腺炎や間質性膀胱炎などの下部尿路に排尿機能障害が存在する人は、正常なメロディが奏でられないと考えると、この病気の本質が理解できるかも知れません。

» 続きを読む

| | コメント (15) | トラックバック (0)

単球Monocyteの多様性

Cellaspsmfuncfig2p4右の電子顕微鏡写真は動物の膀胱平滑筋を観察したものです。
平滑筋細胞の中に筋線維芽細胞(F)が観察できます。細胞にはそれぞれ寿命というものがありますから、平滑筋も寿命が来ると細胞死(アポトーシスapoptosis)し委縮し消滅します。排尿障害などで負荷がかかれば掛かるほど、当然委縮し消滅する平滑筋は増える訳です。新しい平滑筋の補充がなければ、膀胱はただの袋になってしまいます。そうはならないために、筋線維芽細胞が存在します。
ここで疑問が生じます。次々に平滑筋に成熟しなければならない筋線維芽細胞は、いったいどこから来るのでしょう?この電顕像にはたった1個の筋線維芽細胞しかありません。長い年月をかけて補充しなければならない筋線維芽細胞は、この電顕像で確認できる平滑筋よりもはるかに多く存在しなければなりません。現場にないのであれば、どこから飛来してくる筈です。常識からすれば、骨髄で筋線維芽細胞の元の細胞、筋線維芽前駆細胞なる細胞が作られて、血液に乗ってたどり着く筈です。筋線維芽前駆細胞なる形態は、筋線維芽細胞と同じ形態であるとは思えません。恐らくその形は血球に似た形でしょう。

» 続きを読む

| | コメント (25) | トラックバック (0)

私の考える「慢性前立腺炎」の病態

Flowchartbns今までにも、このブログの中で排尿障害が原因の「慢性前立腺炎」について解説しています。
しかし、個々に詳細に解説すると全体像がつかみにくくなるので、フローチャートを利用して全体像の解説を試みましょう。
まず、一番目に下部尿路の流出障害(排出障害・排尿障害)が存在します。膀胱出口が十分に開口しないことで、膀胱出口は排尿中に物理的異常振動を繰り返します。その異常振動は近傍の膀胱三角部平滑筋を刺激します。
平滑筋からの情報は脊髄神経を刺激します。慢性的な繰り返しのたくさんの情報量に対して、脊髄神経は増幅回路を形成し対応します。その神経増幅回路により頻尿・痛み・シビレ・不快感などの「慢性前立腺炎」症状になる訳です。
脊髄からの修飾・脚色された情報により、脳中枢は対応に迫られます。その結果、自律神経・内分泌・免疫システムなどを総動員して対応に当たります。それが「慢性前立腺炎」の全身症状になる訳です。
下部尿路の流出障害は前立腺部尿道内にジェット流を作ります。ジェット流は尿道粘膜を傷つけ、尿中の石灰成分が結晶化し尿道石灰・前立腺結石になります。
膀胱出口の異常振動は、膀胱出口を反応性に硬化させます。それが膀胱頚部の硬化像になります。膀胱頚部の硬化は膀胱出口の振動をさらに増幅させます。
また、その振動は膀胱三角部も振動させますから、膀胱三角部が肥厚します。肥厚は平滑筋の増量になりますから、センサーが増えたことになり、脊髄神経増幅回路をさらに刺激し、症状は深刻化します。
超音波エコー検査で確認できるのは、前立腺結石・膀胱頚部硬化像・膀胱三角部の肥厚です。
慢性的な膀胱出口の異常振動や膀胱頚部硬化症は、振動エネルギーが高まり、それが物理的刺激となって前立腺を前立腺肥大症に発展させます。若年者の前立腺肥大症の原因は、これが理由です。

» 続きを読む

| | コメント (11) | トラックバック (0)

患者さんのブログ

以前にもご紹介した患者さんのブログが装いも新たになりました。 慢性前立腺炎の病気は、患者さん本人にしか分からないものです。そういう意...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

患者さんからのレポート#49

術後の経過報告が少ないというコメントを読まれた患者さんから、以下のメールが届きましたのでご紹介します。 ★★★★★★★★ カルテNO...

» 続きを読む

| | コメント (17) | トラックバック (0)

α-ブロッカーとベタニスの併用

高橋先生いつも大変お世話になります。 NO.〇〇634 大分市の〇〇〇〇です。 ハルナール単体及び、ベタニス単体では、殆んど痛みへの...

» 続きを読む

| | コメント (21) | トラックバック (0)

お礼のメール

〇〇です。その節は的確なご助言をいただきありがとうございました。 現在エブランチルとご紹介のアグリコンイソフラボンを飲み、この2年以...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「カウザルギー」が前立腺の治療で消失

前立腺癌腫瘍マーカーであるPSAが6.47(正常は4.0以下)と高く、前立腺癌が心配で来院した患者さんです。
過去に膀胱癌の既往があり、2009年3月と11月に内視鏡手術をしています。その後、BCG膀胱内注入を6回と5回実施されていました。
排尿障害もあり、ハルナールを半年間服用しています。
Causalgia26583m59echo調べてみると、前立腺は35cc(正常20cc以下)と大きく、前立腺結石を認め、膀胱出口の硬化像を認めました。また、水分を1日に4リットル以上摂取していました。
そこで、排尿障害によるPSAの異常値と判断して、α-ブロッカーをハルナールからユリーフに変え、また、前立腺も大きいのでプロスタールを処方しました。さらに、大豆イソフラボンもサプリメントとしておすすめしました。

1ヶ月後、患者さんは来院し、感激しながら話下手だからと言って、次のレポートを私に手渡しました。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

大豆イソフラボンの効果 (患者さんのメールから)

大豆イソフラボンの反響が良いようです。患者さんからのメールをご紹介しましょう。
★★★★★★★★

高橋先生
9月24日にお伺いしました〇〇(No,・・・34)です。大豆イソフラボンの情報とサンプルをありがとうございました。
2週間経った頃から痛みと排尿のし難さが日に日に楽になり始めました。ハルナールだけの時は、日によって、また、一日の中でも症状に波がありましたが、イソフラボンを3週間飲み続けた現在、安定した状態が続いています!
辛かった痛みが楽になって、睡眠を普通にとれるようになったのが本当に嬉しいです。
的確で素晴らしい治療を本当にありがとうございます。注意事項も守って治していきますので、今後共どうぞ宜しくお願い致します。
取り急ぎ、ご報告と御礼まで。
〇〇〇〇

【補足】

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

「ベタニス」の手応えと印象

待ちに待った慢性前立腺炎・間質性膀胱炎の患者さんに「ベタニス」を処方して、2週間は経過しました。
発売開始の9月16日から9月30日までで、65人に処方しました。(・・・この時点で日本で2番目に多く処方しているとのこと。1番は北海道の医師らしい・・・)
初めの頃、処方した患者さんからの感想がチラホラ聞こえてきたので、ここで紹介しましょう。
【結果】
①とても効果があった:3割
②α-ブロッカーとほとんど変わらない:3割
③効かなかった・分からない:3割
④気分が悪かった:2例 口が渇くなど
ざっとの印象で、こんなものでした。

【注】
私は慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の患者さんに処方していますが、本来の過活動膀胱の患者さんのベタニスの効果は80%以上でしょう。
事実、頻尿と痛みの患者さんは、痛みは改善しなかったのですが、頻尿はなくなりました。つまり過活動膀胱症状は消失したということです。

【補足】
②と③の患者さんは投与量が25mgと少なかったので、50mgに増量して経過観察中です。また、α-ブロッカーと併用してみて効果を確認中の患者さんもいます。
時間が経過すれば(1ヵ月以上)、もっと詳細に判明するので、判明したら、またここでご紹介します。

【中間報告】

» 続きを読む

| | コメント (22) | トラックバック (0)

«「ベタニス」の作用と副作用