カテゴリー「間質性膀胱炎の考え方」の記事

尿意の秘密

Img_0625_3
膀胱は「袋状」の臓器で、充満して満杯になると、「尿意」を感じて排尿します。
しかし、疑問に感じませんか?袋状の臓器が満杯になったら、「尿意」?て不思議ではありませんか?普通で考えれば、満杯になって膀胱の壁が無理矢理引っ張られたら「痛み」でしょう?そこには、秘密が隠されているのです。

膀胱で作られる尿意の本質は、実は「痛み情報」なのです。しかし、尿が満杯になるたび毎に「痛い!」では、痛みのために生き物が、だんだんオシッコをしなくなるでしょう。それを避けるために、生体は、脊髄神経回路を利用して、痛み感覚⇒⇒⇒⇒尿意感覚に変換するようになったのです。その例として、過活動膀胱や間質性膀胱炎の患者さんが、程度の差はありますが、症状として痛みを訴えるのは根拠があるのです。
Img_0388
イラストで解説しましょう。
本来の神経回路で作られた尿意をベクトル⬆️、尿意の持続時間ベクトルを➡️と表現します。裏の神経回路で作られたベクトルを⬇︎とします。
点々……の先に示しているのが、表面的な病名、誤診病名、絵空事の病名です。
❶尿意=⇧
❷頻尿=⬆️……心因性頻尿・過活動膀胱・間質性膀胱炎
❸尿失禁=⬆️……過活動膀胱
❹残尿感=➡️……過活動膀胱
❺痛み=⬇︎……慢性前立腺炎・膀胱疼痛症・過活動膀胱・間質性膀胱炎・慢性骨盤疼痛症候群
❻痒み=⬇︎……陰嚢掻痒症・陰部掻痒症・カンジダ性腟炎
❼痺れ・不快感=⬇︎……神経症・坐骨神経痛

尿意という基本的な感覚が、強さ⬆️や持続時間➡️によって、心因性頻尿、過活動膀胱、間質性膀胱炎と診断されます。尿意の裏の神経回路⬇︎が使用されると、膀胱疼痛症、間質性膀胱炎、陰嚢掻痒症、カンジダ性膣炎と診断されます。
しかし、これらの病名は、病気の本質の的を得ていません。すべて尿意を治さなければなりません。

| | コメント (0)

膀胱三角部の重要性

癌や感染症を除く泌尿器科の病気には、前立腺肥大症、慢性前立腺炎、前立腺症、前立腺疼痛症、慢性骨盤内うっ血疼痛症候群、過活動膀胱、間質性膀胱炎、膀胱疼痛症も、すべて同じ範疇の病気です。
これら病気の本質は、膀胱三角部の過敏症です。

❶【排尿障害】
医師が無視できる程度の排尿障害が存在すると、膀胱出口が十分に開きません。

❷【振動①】
膀胱出口が十分に開かず、狭い状態で排尿すると、膀胱出口が細かく振動します。口を狭くして息を吹き唇がプルプルするように膀胱出口がプルプルするのです。

❸【振動②】
膀胱出口のプルプルは、膀胱出口と地続きの膀胱三角部もプルプルさせます。そのプルプルが、毎日5回の排尿の都度プルプルするのです。毎月150回、毎年1800回プルプルするのです。
★この時点での治療のため、ユリーフ、ハルナール、エブランチル、、ザルティア、正露丸が選択されます。

Img_0498❹【肥厚】
このプルプルが10年も続けば、1万8000回も膀胱三角部が衝撃波を受けることになります。さすがに粘膜である膀胱三角部もだんだん硬く肥厚して行きます。これを私は「膀胱の魚の目」と呼んでいます。

❺【過敏】
膀胱三角部は単なる粘膜ではなく、尿意を感じるためのセンサーです。長年の衝撃により、センサーとしてもバージョンアップしてしまい、とても過敏になります。
★この時点での治療のため、ベタニス、ベシケア、ウリトス、トビエース、大豆イソフラボンが選択されます。

❻【混乱①】
センサーからの大量の情報が、頻尿を作ります。しかし、情報量が多過ぎると、頻尿症状だけでは処理しきれなくなります。

❼【混乱②】
その結果、脊髄中の他の神経回路に情報を処理してもらいます。それが、痛み、痒み、しびれ、不快感など人間が感じることの出来る全ての五感を利用して複雑な症状を作るのです。
★この時点での治療のため、トラムセット、リリカ、デパス、トフラニール、アボルブが選択されます。

❽【多彩な症状①】
前立腺肥大症の患者さんが、大学病院や有名病院で前立腺手術(レーザー手術、電気メス手術など)しても症状が取れないことがあります。術後「歳のせい」とあっさりと診断されて終了されることがしばしばあります。これは、過敏になった膀胱三角部を手付かずのままに放置した結果です。たまに、下手な医師が手術してくれると、前立腺だけでなく膀胱三角部も誤って切除するので、症状が取れます。上手な医師ほど、厳格に前立腺しか切除しませんから、症状が取れないのです。手術が上手いからと言って安心出来ません。世の中は、皮肉でしょう?

❾【多彩な症状②】
膀胱三角部は膀胱にとって重要なパーツです。男女の性別に無関係に存在します。この膀胱三角部の興奮が、男性であれば、慢性前立腺炎や慢性副睾丸炎、慢性尿道炎症状になるのです。女性であれば、慢性膀胱炎、過活動膀胱、間質性膀胱炎、膀胱疼痛症、慢性うっ血性骨盤疼痛症候群と診断されてしまうのです。

➓【多彩な症状③】
このように、原因不明という事で、単に症状の組合せで、作られた架空の病名を付けて治療するのです。だから、いつまで経っても治らないのです。医師は、豊富な医学知識をフル稼働して原因を追求しなければなりません。医師が、素人でも想像できる程度の印象で診断するのがダメな医師です。

★★★以上をまとめると、
❶排尿障害→❷膀胱出口の振動→❸膀胱三角部の振動→❹膀胱三角部の肥厚→❺膀胱三角部の過敏・興奮→❻❼脊髄神経回路の混乱→❽❾➓多彩な症状

| | コメント (1)

オシッコの出し方

Img_0469
頻尿や残尿感で苦しんでいる人には、共通点があります。
右の解剖イラストは、骨盤底筋を下から眺めた所見です。このイラストは男性のものですが、女性もほぼ同じです。
正常であれば、排尿の際に前の部分の丸い穴が開きます。しかし、排尿障害のある人は、前の穴部分が閉じながら排尿するのです。当然、力を入れている膀胱に物理的負担がかかります。この状態を毎日何回も排尿すれば、膀胱はだんだん疲れてきます。その結果、膀胱は過敏になり、頻尿や残尿感や過活動膀胱の症状が出現するのです。

616fad6b91474a57bf8340a77f5dd7ca
では、どのようにすれば、負担が軽減出来るのでしょうか?
お通じ、すなわち排便の時にイラストの後ろの穴、つまり肛門が開きます。解剖イラストで容易に理解できるように、膀胱出口と肛門が8の字に繋がっています。肛門が開くと、8の字が連動して膀胱出口も開きます。この連携プレイが、膀胱の負担を軽減してくれます。

その証拠が、排便する時にチョロチョロとオシッコが出る反応です。ですから、排尿に問題ある人は、男女無関係に座って、肛門を開くような動きをするのです。別に排便してなくてもいいんです。本気で息むのではなく、な〜んちゃっての息みやオナラをする感じです。そして、次いでにオシッコしようという感じです。イラストにように、少し前かがみで、カカトを少し上げるような姿勢を取りましょう。

過活動膀胱、間質性膀胱炎、慢性前立腺炎、前立腺肥大症の患者さんに、この方法をお勧めしています。

| | コメント (0)

頻尿の病気を治療するキッカケ

Ilastoab
慢性前立腺炎と思われる患者さんが、有名大学病院や有名開業医で治療しても治らないので、当院に来院しました。
詳細にお聞きすると、開業医で前立腺肥大症として前立腺の内視鏡手術を行っていました。手術したのにも関わらず、頻尿が治らないのです。当時の私は、頻尿の原因が膀胱三角部とは気づいていませんでしたから、困り果てました。頻尿治療薬も、現在のようなベタニス、ベシケア、トビエースなどの効果的な薬剤がなかったのも、治療の幅がなかった原因です。

そこで、神経因性膀胱や頻尿を専門にしている後輩の医師に直接電話して相談しました。
すると、「無理です。方法はないです。」と言う回答でした。
電話を切ったあと、『なんだ〜?こいつ!頻尿の専門家が、この程度の回答か言えないのかヨ!何やってんだヨ!俺と同じなのかヨ!angry』と完全に頭に来ました。

Img_0435『こうなったら、私が自分の力で解決策を考えてやる!sign03』と思いました。これか、頻尿に関連する病気、慢性前立腺炎、慢性膀胱炎、過活動膀胱、間質性膀胱炎の治療に専念したキッカケでした。後輩が、ある意味、私を焚きつけたことになったのです。

問題の患者さんは、再手術を予定したのですが、ご家族の反対に会い、中止になりました。残念ながら、それ以降来院しなくなりました。

私が相談した後輩は、泌尿器科学では、過活動膀胱や頻尿の第一人者になって、講演会で講師を務めるなど有名人になっています。皮肉なものです。

| | コメント (0)

3つの膀胱炎

ブログを書いていると、ヒラメクことがあります。
今回は、膀胱炎をついて、最近私が思い付いたことを掲載したいと思います。

Img_0405
膀胱炎には、経験上、次の3タイプがあると思われます。あくまでも私の分類です。
❶急性細菌性膀胱炎
性行為で誘発された細菌性膀胱炎です。
❷偽細菌性膀胱炎
性行為がなかったのに起きる細菌性膀胱炎です。
❸無菌性反復性膀胱炎
細菌が原因ではない反復する膀胱炎です。

それぞれ詳しく解説しましょう。
❶急性細菌性膀胱炎
抗生剤・抗菌剤で簡単に治る膀胱の感染症です。5日も薬を服用すれば、症状は治ります。
性器皮膚粘膜に存在する雑菌が、性行為によって女性の膀胱内に大量に侵入し起きる細菌性性感染症です。性行為が盛んな若い女性が発症する病気です。
症状としては、血尿、尿混濁、排尿痛、残尿感、頻尿です。これらの症状が揃っていれば、尿検査をしなくても診断できます。
Img_0291❷偽細菌性膀胱炎
症状と検査所見は、前述の膀胱炎と同じです。やはり雑菌が検出されます。何故「偽」という病名が付くのかと言えば、性行為を行なっていないにも関わらず、細菌性膀胱炎になるからです。性行為をしていないので、膀胱内に大量の雑菌が侵入した訳ではありません。
Img_0407では何故、細菌性膀胱炎になるのでしょう。これには他の理由があります。膀胱内には、わずかながらですが、常に常在菌が存在しています。気圧・温度・湿度の変化で体調が崩れると、体を防御しようと白血球が過敏になり興奮します。すると、膀胱内にいた雑菌とたまたま遭遇します。『こいつは、ヤバイ奴だ!』と白血球は誤解し、一斉に雑菌を攻撃するのです。攻撃された雑菌は反撃する手段を持っていませんから、生き残っている雑菌が寄り集まり増殖で対抗します。雑菌が増えれば増えるほど白血球は興奮し攻撃を掛けるので負の連鎖が始まり、見かけ上、細菌性膀胱炎になるのです。

❸無菌性反復性膀胱炎
これまでの膀胱炎は、原因はともかくとして雑菌が関与した膀胱炎です。次に解説するのは、雑菌が関与しない「膀胱炎」類似症状です。症状は細菌性膀胱炎と違い、血尿、尿混濁、排尿痛、残尿感、頻尿の症状が全て揃っている訳ではなく、血尿を除く1つか2つの症状が突出するのです。そして、その症状が執念深くて頻尿が毎日40回とか、尿道や陰部が排尿に関係なく常に痛いとか、症状が1カ月以上続くとか、年に何回も繰り返すなどです。尿がキレイで雑菌が検出されなければ、精神科の患者さんと医師が誤診するのも、不思議ではありません。
これらの症状のある人が、心因性膀胱炎、過活動膀胱、間質性膀胱炎、膀胱疼痛症、陰部神経症、慢性骨盤疼痛症、神経因性膀胱と診断されて、原因を追求されないまま大した治療もしないで放置同然にされてしまうのです。
患者さんのほとんどが自覚しない、診察する医師も無視するような軽度の排尿機能障害が原因です。若い頃から何十年も、排尿機能障害が続くと、さすがに膀胱も疲れて来ます。患者さん本人に、現状の辛い現実を教えようと症状を作るのです。そのために膀胱粘膜(特に膀胱三角部)が過敏になり、そこを支配する脊髄神経が症状を作るための複雑で高度の神経回路を築き上げるので、チョッとやソッとでは治らないのです。
治療目標が3つあります。⑴排尿機能障害 ⑵過敏になった膀胱三角部 ⑶脊髄神経回路の3つです。これらの治療法は、今までも何回もブログ記事で解説しているので、そちらをご覧ください。

★★★前述の❶❷の膀胱炎も、その根底に排尿機能障害が隠れている可能性があります。排尿機能障害で膀胱が疲労していますから膀胱粘膜下に白血球が常に警戒しているのです。また、排尿機能障害のために尿が勢い良く排出されませんから、雑菌が残り増えてしまうのです。

★★★膀胱炎の仕組みを解説ように、男性は❶と❷の膀胱炎にはなりません。同じ症状が発症したとすれば、それは急性前立腺炎です。また、その原因は、表向き雑菌ですが、実は膀胱炎と同じ排尿機能障害が原因です。❸の膀胱炎と同じ現象が、男性の場合は非細菌性慢性前立腺炎です。

★★★膀胱炎=細菌性、細菌が確認出来なければ心因性とワンパターン・チャート式の診断する医師が世の中には多いにで注意が必要です。明確な原因が見えないと、この様に誤診されますから、その際には医師を変えましょう。病気の原因が単純だと思うのは、医師の思い込みです。自分の知っている知識や文献だけを頼りにするのではなく、目の前の患者さんをシッカリと診ることです。それこそが、母校のモットーである「病気を診ずして病人を診よ!」です。

| | コメント (0)

間質性膀胱炎の「難病指定」について

Img_0055
先日、診療中にご相談の電話がありました。
その内容は、ハンナ型間質性膀胱炎と診断されたのだが、私が難病指定登録の申請ができますか?というものでした。
ブログで間質性膀胱炎についてたくさん書いているので、そう思われても仕方がないでしょう。

続きを読む "間質性膀胱炎の「難病指定」について"

| | コメント (1)

水分摂取の功罪

続きを読む "水分摂取の功罪"

| | コメント (1)

平滑筋の多面性

以前に、平滑筋について解説したことがあります。
医師も含めて一般の人もみな平滑筋と聞いて、筋肉そのものが思い浮かべるでしょう。つまり、伸びたり縮んだりする動力装置としての筋肉です。

続きを読む "平滑筋の多面性"

| | コメント (8)

BOTOX治療の可能性

Cpmecha1千人以上の慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の患者さんを診察・検査・診断・治療・経過観察するうちに、これら病気の病態が少しずつ分かってきました。
イラストで示すように、これら病気の本質は恐らく「膀胱頚部機能不全あるいは機能障害Bladder Neck Dysfunction)でしょう。つまり排尿の際に膀胱出口・膀胱頚部が十分に開かないことにあるのです。
十分に開かなければ、膀胱の収縮力と腹圧で無理に排尿することになります。無理に排尿すれば、膀胱出口・膀胱頚部は必要以上にブルブル振動します。
この振動が数年~十年単位で長期間にわたり繰り返し起きれば、膀胱出口・膀胱頚部は生体反応で硬化してきます。これが超音波エコー検査で診断できる「膀胱頚部硬化症Bladder Neck SclerosisあるいはBladder Neck Contraction)」です。
「硬化」して膀胱出口・膀胱頚部の柔軟性が欠如する訳ですから、尿の出が悪くなるのは当たり前です。これが「排尿障害」として自覚するのです。
膀胱出口・膀胱頚部の硬化は、膀胱三角部にも及びます。膀胱三角部は膀胱の感覚器=センサーとしての役目も担っていますから、硬くなればなるほど振動しやすくなり過敏になります。これが「頻尿・関連痛・自律神経症状」として自覚されるようになります。
また、膀胱出口・膀胱頚部の硬化は、排尿時の振動数を増やすようになります。振動数の増加=エネルギーの増加ですから、敏感になった膀胱三角部は振動エネルギーにますます被曝され、症状は増悪の一途です。

「排尿障害」「頻尿」「関連痛」「自律神経症状」などの症状の程度・組み合わせなどから、診察する医師の判断で患者さんを「慢性前立腺炎」「間質性膀胱炎」「過活動膀胱」「心因性頻尿」「神経因性膀胱」「前立腺肥大症」などと分類・診断されているのに違いありません。(もちろん、あくまでも私の仮説です。)

続きを読む "BOTOX治療の可能性"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「間質性膀胱炎・過活動膀胱・慢性膀胱炎」に誤解されたご婦人の膀胱頚部硬化症50例

男性の慢性前立腺炎のブログの中で紹介しているように、原発性膀胱頚部硬化症による排尿障害が慢性前立腺炎の原因だと私は論じています。ご婦人の間質性膀胱炎・慢性膀胱炎・過活動膀胱・心因性頻尿・神経因性膀胱も全く同じ原因だと私は信じています。
そこで、ここに実例を挙げて解説したいと思います。目標50例です。2年後の平成24年4月の泌尿器科学会の報告までに間に合えばよいのですが・・・どのようなことになりますか・・・。リアルタイムで掲載していきます。

【1】
Oab24303f50患者番号24303 50歳のご婦人です。
25年前から年に2回膀胱炎を繰り返す、その都度、1ヵ月くらい残尿感と尿道口のジクジク感が残ります。
1年前くらいから、1日20回以上の頻尿で苦しんでいます。地元の泌尿器科での診断は「過活動膀胱」でした。そのご婦人の2D超音波エコー検査の所見です。

Oab24303f50pp超音波エコー検査所見に注釈を付けました。
ご婦人の場合、男性に比較して膀胱括約筋の肥厚は目立ちません。その分、膀胱三角部は厚く肥厚して見えます。膀胱出口は明確に見えていて、硬化像も伴っています。
膀胱出口・括約筋間距離は8.7mmと男性患者さんと比較すると短い方ですが、5mmを超えていて異常です。ご婦人の場合、前立腺という臓器がないので、男性ほどには膀胱出口・括約筋間距離が長くなりません。前立腺の存在は、必要以上に膀胱出口・括約筋間距離を過大に表現してくれます。

続きを読む "「間質性膀胱炎・過活動膀胱・慢性膀胱炎」に誤解されたご婦人の膀胱頚部硬化症50例"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧