カテゴリー「間質性膀胱炎の考え方」の記事

水分摂取の功罪

続きを読む "水分摂取の功罪"

| | コメント (0)

平滑筋の多面性

以前に、平滑筋について解説したことがあります。
医師も含めて一般の人もみな平滑筋と聞いて、筋肉そのものが思い浮かべるでしょう。つまり、伸びたり縮んだりする動力装置としての筋肉です。

続きを読む "平滑筋の多面性"

| | コメント (8)

BOTOX治療の可能性

Cpmecha1千人以上の慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の患者さんを診察・検査・診断・治療・経過観察するうちに、これら病気の病態が少しずつ分かってきました。
イラストで示すように、これら病気の本質は恐らく「膀胱頚部機能不全あるいは機能障害Bladder Neck Dysfunction)でしょう。つまり排尿の際に膀胱出口・膀胱頚部が十分に開かないことにあるのです。
十分に開かなければ、膀胱の収縮力と腹圧で無理に排尿することになります。無理に排尿すれば、膀胱出口・膀胱頚部は必要以上にブルブル振動します。
この振動が数年~十年単位で長期間にわたり繰り返し起きれば、膀胱出口・膀胱頚部は生体反応で硬化してきます。これが超音波エコー検査で診断できる「膀胱頚部硬化症Bladder Neck SclerosisあるいはBladder Neck Contraction)」です。
「硬化」して膀胱出口・膀胱頚部の柔軟性が欠如する訳ですから、尿の出が悪くなるのは当たり前です。これが「排尿障害」として自覚するのです。
膀胱出口・膀胱頚部の硬化は、膀胱三角部にも及びます。膀胱三角部は膀胱の感覚器=センサーとしての役目も担っていますから、硬くなればなるほど振動しやすくなり過敏になります。これが「頻尿・関連痛・自律神経症状」として自覚されるようになります。
また、膀胱出口・膀胱頚部の硬化は、排尿時の振動数を増やすようになります。振動数の増加=エネルギーの増加ですから、敏感になった膀胱三角部は振動エネルギーにますます被曝され、症状は増悪の一途です。

「排尿障害」「頻尿」「関連痛」「自律神経症状」などの症状の程度・組み合わせなどから、診察する医師の判断で患者さんを「慢性前立腺炎」「間質性膀胱炎」「過活動膀胱」「心因性頻尿」「神経因性膀胱」「前立腺肥大症」などと分類・診断されているのに違いありません。(もちろん、あくまでも私の仮説です。)

続きを読む "BOTOX治療の可能性"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「間質性膀胱炎・過活動膀胱・慢性膀胱炎」に誤解されたご婦人の膀胱頚部硬化症50例

男性の慢性前立腺炎のブログの中で紹介しているように、原発性膀胱頚部硬化症による排尿障害が慢性前立腺炎の原因だと私は論じています。ご婦人の間質性膀胱炎・慢性膀胱炎・過活動膀胱・心因性頻尿・神経因性膀胱も全く同じ原因だと私は信じています。
そこで、ここに実例を挙げて解説したいと思います。目標50例です。2年後の平成24年4月の泌尿器科学会の報告までに間に合えばよいのですが・・・どのようなことになりますか・・・。リアルタイムで掲載していきます。

【1】
Oab24303f50患者番号24303 50歳のご婦人です。
25年前から年に2回膀胱炎を繰り返す、その都度、1ヵ月くらい残尿感と尿道口のジクジク感が残ります。
1年前くらいから、1日20回以上の頻尿で苦しんでいます。地元の泌尿器科での診断は「過活動膀胱」でした。そのご婦人の2D超音波エコー検査の所見です。

Oab24303f50pp超音波エコー検査所見に注釈を付けました。
ご婦人の場合、男性に比較して膀胱括約筋の肥厚は目立ちません。その分、膀胱三角部は厚く肥厚して見えます。膀胱出口は明確に見えていて、硬化像も伴っています。
膀胱出口・括約筋間距離は8.7mmと男性患者さんと比較すると短い方ですが、5mmを超えていて異常です。ご婦人の場合、前立腺という臓器がないので、男性ほどには膀胱出口・括約筋間距離が長くなりません。前立腺の存在は、必要以上に膀胱出口・括約筋間距離を過大に表現してくれます。

続きを読む "「間質性膀胱炎・過活動膀胱・慢性膀胱炎」に誤解されたご婦人の膀胱頚部硬化症50例"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発性膀胱頚部硬化症と続発性膀胱頚部硬化症

慢性膀胱炎・間質性膀胱炎・過活動膀胱の原因である膀胱頚部硬化症は、内視鏡検査を実施しても残念ながらほとんど分からない(所見が得られない)のが現実です。(注:二次的変化は内視鏡検査で観察できるのですが、その所見を無視している医師がほとんどです)
しかし泌尿器科医のほとんどが、下部尿路(膀胱・尿道)の病気は内視鏡検査ですべて分かると誤解しています。また、ご婦人の場合は尿道の観察を省略して結論を出します。ですから、内視鏡検査で所見の得られない膀胱頚部硬化症は存在しないと・・・まぁ当然の結論でしょう。私も研修医の頃であれば、そう思っていました。しかし、泌尿器科医を30年も経験すると、異なる考えが頭の中に姿を現すのです。

内視鏡検査で容易に分かる膀胱頚部硬化症は、続発性膀胱頚部硬化症です。【続発性】というのは膀胱結石や膀胱腫瘍などの内視鏡手術の後遺症で、膀胱出口が線維化して狭窄した状態、つまり二次的=続発性の膀胱頚部硬化症を意味します。
続発性膀胱頚部硬化症は超音波エコー検査では分かりにくいのが盲点です。線維性の薄い膜状に狭くなった病変は、超音波エコー検査では観察できません。唯一観察できるのは内視鏡検査だけです。

私が慢性膀胱炎や間質性膀胱炎の原因としている膀胱頚部硬化症は、【原発性】の膀胱頚部硬化症です。過去に内視鏡手術などを行った経験のないご婦人で、線維性の狭窄や硬化ではなく、【粘膜の硬化】や【平滑筋の過形成】を意味します。続発性とは異なり、内視鏡検査では分かりませんが、詳細で丁寧な超音波エコー検査で容易に観察できます。

例えると、部屋の壁を観察する時と似ています。
壁の大きさや壁紙の模様は見れば容易に分かります。これが内視鏡検査です。
しかし、壁の厚さや中の柱の本数・補強材、石膏ボードや断熱材の有無は、見ただけでは分かりません。これを分かるように観察するのが、超音波エコー検査になります。内視鏡検査だけですべてが分かるというのは、単なる思い込みでしかないのです。何の根拠もない事柄です。

そこで、ご婦人の慢性膀胱炎や間質性膀胱炎・過活動膀胱の患者さんを中心に、次のブログで超音波エコー検査を提示しながら原発性膀胱頚部硬化症の存在を証明しようと思います。50例も実例を挙げれば、頭の固い泌尿器科医の中に一人くらいは理解していただける御仁が出現するかも知れません。

この内容は、慢性前立腺炎にも同様に掲載しました。

続きを読む "原発性膀胱頚部硬化症と続発性膀胱頚部硬化症"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

膀胱頚部硬化症と診断された患者さんへ

膀胱頚部硬化症と診断された患者さんへ

「膀胱頚部硬化症」という病名は一般的ではなく、泌尿器科専門医にも理解してもらえない可能性のある病名です。この病気の患者さんは、男性であれば慢性前立腺炎・前立腺症・慢性骨盤疼痛症候群・前立腺肥大症・非淋菌性非クラミジア性尿道炎・陰嚢掻痒症・神経因性膀胱・「気のせい」など、ご婦人であれば間質性膀胱炎・慢性膀胱炎・膀胱疼痛症・心因性頻尿・過活動膀胱・神経因性膀胱・「気のせい」などの病名がすでにつけられています。

病態生理は、膀胱出口の生理学的機能低下が原因の排尿障害が、膀胱に対して物理的な刺激を長期間(数年~数十年)にわたって与え続けることによる結果、膀胱出口の器質的変化(膀胱頚部硬化症)し、膀胱頚部周辺が過敏になり症状がある日突然、満を持したように発現すると考えます。
そのきっかけは様々で、過激なセックス・尿道炎・過労・ぎっくり腰・手術処置のカテーテル操作・尿を我慢した等々です。きっかけはどうでも良いのです。それまで病気が隠れていて、ある日突然発症した、単にきっかけに過ぎません。

膀胱出口の機能低下(膀胱頚部機能低下)は即、症状が発現する訳ではありません。しかし、長年(数年~数十年)にわたる機能低下→膀胱出口の振動→膀胱出口の器質的変化→膀胱頚部硬化症という流れで次第に症状が発現します。
膀胱出口の機能低下は、恐らくは発育不全(少年少女から大人になる期間に)が原因だろうと私は推察しています。

膀胱頚部硬化症をお薬で完全に治すことはできませんが、症状を軽減させることはできます。根治的に治すには内視鏡手術しか方法がないと私は考えます。しかし薬の服用で症状が軽快するのならば、内視鏡手術を絶対的に実施する必要はありません。

この病気の理解を広めるために、関連した事実をコツコツと積極的に学会で発表しています。しかし、医師の間で一般的な常識になるまで相当かかるでしょう。私が一生かかっても実現しないかも知れません。それが現実です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

間質性膀胱炎ブログのガイド

このブログは、「間質性膀胱炎」に関して、私の独断の考え方で理論展開しています。あくまでも私の趣味の世界だと思って下さい。しかし、真実しか掲載していません。私はインターネットの中で真理を発信するように心がけています。

真理はどのような状況であっても真理です。真理について信じようとする必要はありませんし、信じてもらおうと説得する必要もないのです。真理が見える人にだけ理解していただければ結構です。(・・・だんだん宗教じみてきた。)

泌尿器科医で、私の考え方に賛同されるのであれば、実践してみて下さい。直接コンタクトを取っていただければ、診断・検査・治療のコツをお教えできます。遠慮なく。地方の患者さんのためです。

テーマが多く、2009年6月上旬現在で130テーマにもなりました。書いている私でさえも、どこに何が書いてあるか分からなることがあります。下記のようにカテゴリーに分類しています。知りたいカテゴリーをクリックして下さい。


ニュース・学会報告・文献報告
新しい知見や私の学会報告を納めています。ブログの中だけでの報告では信用が置けないと中傷されたので、年に2回のペースで学会報告しています。慢性前立腺炎の同じカテゴリーも一緒にご覧下さい。


メール相談
多くの悩み相談をメールでいただきます。内容から代表的なものを掲載しています。

初期の考え方
現在の間質性膀胱炎に関する診断・検査・治療にたどり着く前の考え方を納めています。誤った考え方もしています。比較の意味で貴重だと思っています。

心と体
分類ができないものや「こころ」に関するテーマを納めています。

患者さんからのレポート
私の治療、薬・手術を受けた方の生の声を納めています。レポートをお読みになれば、必ずしも理想的な経過の方ばかりではないことがお分かりでしょう。

間質性膀胱炎と周辺疾患
間質性膀胱炎とは無関係と思われた病気が、実は本質的には同じであったことが理解できるでしょう。
例として、などです。

間質性膀胱炎と手術
私が実施している間質性膀胱炎=膀胱頚部硬化症の内視鏡手術について解説しています。

間質性膀胱炎と薬
間質性膀胱炎をα-ブロッカーで治療するのが、第一選択の治療法です。

間質性膀胱炎の検査
単なる炎症であれば、検査で見つかることはなかなかない間質性膀胱炎ですが、間質性膀胱炎=膀胱頚部硬化症と考えれば、ハッキリした所見が検査で得られます。

間質性膀胱炎の症状
多彩な間質性膀胱炎の症状を一つ一つ解説しました。

間質性膀胱炎の考え方・生活習慣
ここに行きつくまで様々な試行錯誤の上に出た結果、考え方です。ご賞味ください。

症例報告
患者さんの実例を多く挙げています。しかし、私から目線だけでは客観性に問題があるので、治療を受けた患者さんにレポートを書いただくようになりました。

書籍・雑誌
私が関連した雑誌などを紹介しています。ハッキリ言って私の宣伝ですネ。

統計的考察
EBM(面識もない赤の他人が作った公の過去のデータを根拠に考えられた医療)を主張する方が世の中では多いので、私ができる範囲の統計的根拠を掲載しています。忙しい診療の中で、データを収集して意味づけをするのはかなりのエネルギーが必要です。ところがEBNを主張する吾人は、ご自分ではエビデンスを作らない傾向にあります。エビデンスを収集して喜んでいるだけみたいです。人のふんどしで・・・。

診療時間と休診のお知らせ・アクセス
たまに臨時休診することがあるので、ここで掲示しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★ 間質性膀胱炎の要約 ★

このブログをお読みになった難治性の慢性膀胱炎や間質性膀胱炎の方から、地元の泌尿器科医を紹介して欲しいという内容のメールが頻繁に届きます。
このブログに掲載されている間質性膀胱炎に関する考え方や治療法は、私独自のもので一般的ではありません。ですから鹿児島県鹿屋市の倉内先生以外に、ご紹介できる医師を存じません。
このブログの内容は110テーマ以上になりますから、全てを印刷(A4で300ページ以上の量)して主治医に手渡しても要領を得ませんし、現実的ではありません。
そこで、私の考え方や治療法を以下にまとめます。これを印刷して主治医にご相談下さい。質問があれば、医師からの電話での直接の質問もお受けします。
(院長直通:03-3771-8034 ただし午前9時~12時まで)

【考え方】
【1】何らかの原因で、膀胱出口や膀胱頚部の機能が不完全で、排尿時に膀胱出口が十分に開放しない。
【2】膀胱出口の周囲は粘膜・筋肉で構成され、ある程度の柔軟性がある。膀胱出口が十分に開放しないため、排尿時に下部尿路(膀胱三角部・膀胱出口・膀胱頚部)が振動する。その振動は自覚できない。
【3】その振動が慢性化し繰返し起きると、生体の防御・適応反応で、膀胱出口の線維化あるいは膀胱括約筋の過形成を促され膀胱出口が硬くなる。広い意味での「膀胱頚部硬化症」である。「機能性膀胱頚部硬化症」ともいえる。狭義の膀胱頚部硬化症は内視鏡手術後の線維化を意味する。
【4】硬くなったため、膀胱出口は柔軟性が欠如し、排尿時の下部尿路はさらに一層激しく振動することになる。
【5】この激しい振動は、刺激エネルギーとして下部尿路全体を絶えず刺激する。
【6】膀胱刺激知覚症状(特に膀胱三角部において)として、残尿感・頻尿症状がある。
【7】下部尿路の神経支配の脊髄を絶えず刺激することで、脊髄内の神経ネットワークが発達し、他の知覚経路や自律神経経路と接続するために、関連痛・自律神経症状が出現する。
【8】下部尿路の振動エネルギーによる器械的刺激により、膀胱は物理的炎症を起こす。細菌感染やアレルギーの炎症ではなく、あくまでも「物理的炎症」である。
【9】「軽微な排尿障害の慢性的な繰り返しが、膀胱を病的に変容させる」が慢性膀胱炎・間質性膀胱炎の本質である。
検査で細菌が「たまたま」検出されると「細菌性慢性膀胱炎」、細菌が検出されないと「気のせい」「心因性頻尿」、尿意切迫感が強いと「過活動膀胱」、痛みが強いと「疼痛性膀胱」、病歴が9ヵ月以上、年齢が18歳以上で夜間も頻尿が認められると「間質性膀胱炎」と診断される。自律神経症状が強いと「自律神経失調症」「更年期障害」、関連痛が全身に及ぶと「線維筋痛症」と診断される。中途半端な検査と症状に振り回されることにより、同じ病気を細かく分類しているに他ならない。よって、受診する医療機関ごとに様々な病名を付けられることになる。

続きを読む "★ 間質性膀胱炎の要約 ★"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

間質性膀胱炎の診断基準

間質性膀胱炎の診断に当っては、下記の診断基準が使用されます。診断基準が使用されるということは、病気そのものがよく解明されていないといえます。
【注】(カッコ)内は、私のひとり言です。

【必須項目】
・点状出血またはハンナー潰瘍の存在
(前立腺肥大症の内視鏡手術の際に良く見られるのが、点状出血です。学会報告でも点状出血が疑問視されています。)
・膀胱部痛または尿意切迫時に伴う痛み
(なぜ痛くなるかは解明されていません。除外項目で出てくる放射線性膀胱炎・結核性膀胱炎・薬剤性膀胱炎の場合は、粘膜がただれているので当然と思われた痛み症状ですが、その当然と思われた病態生理すらも議論されていませんでした。)

【除外項目】
・膀胱容量350ml以上
(間質性膀胱炎は突然なる訳ではないから、その移行期が必ずあるはず。400mlの膀胱容量でも間質性膀胱炎になりつつの人は存在するでしょう。)
・膀胱容量が150mlに達するまでに尿意がないもの
・不安定膀胱
・症状が9ヶ月未満
・夜間頻尿の欠如
(症状にはバラエティがあっていいはず。)
・抗生剤、抗コリン剤、消炎鎮痛剤にて症状が消失するもの
(間質性膀胱炎と診断されるまで、これらの治療で効き目があるから続けていた患者さんは存在する。)
排尿回数が8回未満(1日)
・3ヶ月以内に細菌性膀胱炎または細菌性前立腺炎に罹患
・下部尿路結石
・活動性の性器ヘルペス
・子宮、子宮頚部、膣、尿道の悪性腫瘍
・尿道憩室
・薬剤性膀胱炎
・結核性膀胱炎
・放射線性膀胱炎
・膀胱腫瘍
・膣炎
(間質性膀胱炎が原因で、膣炎になることはある。)
・年齢が18歳未満
(病気の本質が分かっていないのに、年齢制限することはナンセンス)

【疫学】
アメリカでは人口10万人に10人、女性10万人に18人の罹患率である。日本では泌尿器科患者10万人に1.2人、女性泌尿器科患者10万人に4.5人である。患者総数では、アメリカ70万人~100万人、日本20万人~40万人と推定される。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「過ぎたるは及ばざる如し」 水は不可欠な存在だが、過剰な飲水は毒 

以前にも水分の取り過ぎに注意を促しました。
しかし、来院される患者さんの多くが、水の取り過ぎで病気に苦しんでいます。「たかが水」という認識と、「水は身体によい」という妄信と、「炎症の治療」には大量な尿排泄が必要という呪縛(無理解な泌尿器科専門医が飲水を勧めるので・・・)が存在しているからです。
飲水治療は、「細菌性」の急性膀胱炎・慢性膀胱炎と「細菌性」の急性前立腺炎・慢性前立腺炎にしか効き目がありません。それも抗生剤・抗菌剤のなかった頃の主たる治療です。(この種の尿路感染症に適応のある漢方薬も利尿作用があるので、飲水治療と同じです)
誤解を解くために、ここで再度、「水」について論じたいと思います。

Suibuninout右の図は、60kg体重の人の体の水分収支です。
体重の60%が水分といわれていますから、60kg×60%=36kg=36ℓ(1g=1mlとして)です。
数値には幅があります。必ずこの数値どおりとは限りませんから、参考の標準データと思って下さい。

【経口から入る水分IN-PUT】は次のようです。
1.食事:1.0ℓ(私たちは水分のないものは食べれないのです)
2.代謝水:食事がエネルギーとして代謝される時に、化学反応の結果排出される水0.5ℓ
3.飲水:0.8ℓ(0.5ℓ~1.0ℓ)(自分の意志で調節可能な水です)

【排出される水分OUT-PUT】は次のようです。
1.尿:1.4ℓ(体重1kgにつき1時間に1mlの尿が生産されます。したがって60kg×1ml×24時間=1440mlです。しかし、腎臓の基礎代謝(アイドリング状態)で最低でも500mlの尿が何が何でも排泄されるので、900mlは調節可能です)
2.呼気・汗:0.8ℓ(呼気で300ml、汗で500mlです。汗といってもダラダラ流れる汗ではなく、不感蒸泄といって体表から蒸発する水分です)
3・大便:0.1ℓ

例えば、・・・

続きを読む "「過ぎたるは及ばざる如し」 水は不可欠な存在だが、過剰な飲水は毒 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)