カテゴリー「磁気刺激治療」の記事

磁気刺激が腹圧性尿失禁に有効 medwireNews(アステラスネット)から

仙骨磁気刺激は治療が奏効しない腹圧性尿失禁に有効

Arch Phys Med Rehabil 2014; Advance online publication
英語版 配信日 2014-08-11

medwireNews: 仙骨磁気刺激(SMS)は標準療法が奏効しない腹圧性尿失禁女性患者に対する有効な治療法である可能性が、台湾の臨床試験で示唆された。

SMSを短期的に実施することにより、患者の禁制およびQOLが著しく改善し、さらにその治療効果は最長4.5カ月にわたり持続したことを、Taipei Veterans General Hospital(台北栄民総医院、台湾)のTien-Yow Chuangらは見いだした。

本治療戦法の効果を最大限に高めるために、さらなる検証および改良が必要であると、ChuangらはArchives of Physical Medicine and Rehabilitation誌で述べている。

Chuangらは、排尿筋過活動を伴うか否かにかかわらず、腹圧性尿失禁の診断を受けた45~75歳の女性40例を研究に組み入れた。被験者は、コイル刺激装置による第3仙髄神経根への磁気刺激を、1日当たり20分、平日の12日間にわたり連続して行うSMS群と、偽治療群のいずれかに無作為に割り付けられた。

SMSによる有害な副作用は認められなかったと、Chuangらは述べている。さらに、ベースライン時と18週時での「生活ストレス」評価において、SMS群で有意な改善が認められた。

具体的には、SMS群において、尿意切迫感を評価するUrge-Urinary Distress Inventory(Urge-UDI)質問票の平均得点は2.6点から1.14点へ、さらに過活動膀胱質問票1の点数は48.1点から26.6点へとそれぞれ低下した。これらの変化はいずれも6週時まで統計的に有意であり、その後も持続した。

それに対し、偽治療群では、試験期間中に同評価での変化は見られなかった。

また、SMSは、ウロダイナミックパラメーターにおける客観的改善との関連性も示した。膀胱容量、機能的尿道長、圧伝達率はすべて、ベースライン時に比べて追跡調査時にSMS群で有意に増加した。これらのパラメーターにおいても、偽治療群では改善が認められなかった。

Chuangらは、治療応答性の予測因子を特定するために、多変量解析を実施した。その結果、症状重症度が高い患者ほど、SMSにより得られる効果も大きいことが明らかになった。特に、ベースライン時におけるUrge-UDIの高得点および機能的尿道長の低値は、SMS後の最大尿道閉鎖圧増加の高値と関連した。

「本研究において、より重症度の高い腹圧性尿失禁患者は、軽症の患者に比べて、SMSへの応答性が高く、さらに長期的な治療効果が認められた。この結果は、腹圧性尿失禁治療におけるSMSの有効性を裏付けている」とChuangらは結論づけている。

「最適な刺激パラメーター、維持プロトコール、併用療法に関するさらなる研究が、治療効果を最大限に高めるために必要である」と補足している。

続きを読む "磁気刺激が腹圧性尿失禁に有効 medwireNews(アステラスネット)から"

| | コメント (1)

磁気刺激装置:NICO Wabeの搬入

Nicowave予てから予告していた磁気刺激装置が8月26日(火)の午後6時から7時にかけて搬入されました。
日本光電の話によると、現時点で北海道、秋田県、千葉県、東京都、沖縄県のそれぞれに1台ずつ、計5台の搬入が決まったとのこと。その東京都で初めて搬入の1台が、高橋クリニックの購入した名誉ある記念すべき1台だそうです。

続きを読む "磁気刺激装置:NICO Wabeの搬入"

| | コメント (4)

磁気刺激装置とファラデーの法則

Faladylaw前回解説した磁気刺激装置の作用効果で私が勘違いをしていたので、ここで詳細に原理・効果を解説しましょう。

磁力線が生体(骨盤底筋・神経)に直接作用して生物活性を促すものだと思っていましたが、実はそうではありませんでした。
Hatsudenki学生時代に勉強した物理学の知識でファラデーの法則というものがあります。伝導体の近くで、磁場に方向性や強弱に変化を与えると、渦電流(うず電流)が発生するという原理・原則です。この原理を利用して発電機が電気を作っています。水力発電も火力発電も原子力発電もガスタービン発電も、すべてこの原理の発電機を利用しなければ電気を作れないのです。

続きを読む "磁気刺激装置とファラデーの法則"

| | コメント (2)

磁気刺激装置

Tmu1100nihonkoden今度、日本光電から磁気刺激装置なるものが発売されます。
ご婦人の過活動膀胱の治療装置ですが、間質性膀胱炎や慢性前立腺炎の患者さんにも有効かも知れません。
1100mecha日本光電の説明動画から静止画を起こして作成しました。
椅子に仕掛けた高周波のコイルから磁力線が発生し、骨盤底筋や神経を刺激します。

Tmu1100mecha磁気刺激は、骨盤底筋を鍛え、また陰部神経を介して、脊髄中枢を介して膀胱に効果をあげるようです。「・・・あげるようです」と述べたのは、磁力線が神経や筋肉を本当にリラックスさせることが出来るのか?疑問に感じたからです。もしも本当にそうであれば、膀胱や前立腺の平滑筋こそリラックスされてもおかしくないでしょう。

続きを読む "磁気刺激装置"

| | コメント (0)