« 下半身の痛みで苦しむご婦人 | トップページ | 寒いとオシッコが近くなる理由 »

間質性膀胱炎の問題点

間質性膀胱炎は、難病指定の疾患として、公に認められています。

間質性膀胱炎は、診断基準が設けられており、治療は最終的に膀胱水圧拡張術になります。また、膀胱水圧拡張術を行なっても、平均で8か月で再発します。さらに、膀胱は次第に萎縮小さくなり、最終的には膀胱摘出術+人工膀胱を作られてしまうのです。
ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー
【診断基準】「間質性膀胱炎(ハンナ型)」
A.症状
頻尿、尿意亢進、尿意切迫感、膀胱不快感、膀胱痛などの症状がある。(注)
注)症状には、頻尿、夜間頻尿、尿意亢進、残尿感、尿意切迫感、膀胱不快感、膀胱痛などがある。その種類や程度は多岐にわたるので、症状の特定や程度の規定はできない。
B.検査所見
膀胱内にハンナ病変を認める。(注)
注)ハンナ病変とは、正常の毛細血管構造を欠く特有の発赤粘膜である。病理学的には、上皮はしばしば剥離し(糜爛)、粘膜下組織には血管の増生と炎症細胞の集簇がみられる。ハンナ病変はハンナ潰瘍又は単に潰瘍と称されることもある。
Img_0842注)膀胱拡張術後の点状出血を認める場合も間質性膀胱炎と診断されるが、今回対象となるハンナ型とは異なり間質性膀胱炎(非ハンナ型)と分類される。膀胱拡張術後の点状出血とは、膀胱を約80cm水柱圧で拡張し、その後に内容液を排出する際に見られる膀胱粘膜からの点状の出血である。
C.鑑別診断
上記の症状や所見を説明できる他の疾患や状態がない。(注)
注)類似の症状を呈する疾患や状態は多数あるので、それらを鑑別する。例えば、過活動膀胱、膀胱癌、細菌性膀胱炎、放射線性膀胱炎、結核性膀胱炎、薬剤性膀胱炎、膀胱結石、前立腺肥大症、前立腺癌、前立腺炎、尿道狭窄、尿道憩室、尿道炎、下部尿管結石、子宮内膜症、膣炎、神経性頻尿、多尿などである。
<診断のカテゴリー>
Definite:A、B、Cの全てを満たすもの。
上記B.検査所見で以下の2型に分類し、間質性膀胱炎(ハンナ型)を対象とする。(注)
①間質性膀胱炎(ハンナ型):ハンナ病変を有するもの。
②間質性膀胱炎(非ハンナ型):ハンナ病変はないが膀胱拡張術時の点状出血を有するもの。
注)①の患者の方が高齢で症状も重症で、病理学な炎症所見が強い。治療方法も異なるので、この2者の鑑別は重要である。
<重症度分類>
日本間質性膀胱炎研究会作成の重症度基準を用いて重症を対象とする。
ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー
これらの症状が、他の多くの病気と共通するにもかかわらず、それぞれの病気の症状が何故出るのかという理由を明言している文献や医師はいません。
それなのに、診断基準でいい加減に診断して、病名を付けている事に疑問を感じます。表目的な所見だけで診断するのが、科学・医学でしょうか?
Img_0841_3
診断基準に記載されている「点状出血」は、排尿障害の患者さんの内視鏡手術で、よく見掛ける所見です。間質性膀胱炎専門の医師は、ほとんどが内視鏡手術を行わない医師たちですから、寄って集まって、こんないい加減な判断基準を作成したのでしょう。

症状が強く、過敏になっている膀胱を膀胱水圧拡張術で無理やりに膨らませ、膀胱の平滑筋・粘膜・神経・血管を破壊・分断する治療を知的医師の行う行状とは到底思えません。今まで何を修行してきたのか!とお思えて仕方がありません。安易な暴力的破壊的治療は、日本で開発されたものではなく、欧米で考案されたものです。この治療で至るところに傷ついた膀胱は、その傷を必ず治します。平滑筋も粘膜も神経も血管も治ります。ところが、傷は正常に戻る訳ではありません。それぞれが、瘢痕・ケロイドを作りながら治るのです。瘢痕・ケロイドは硬い組織です。膀胱は膨らむ臓器にもかかわらず、そこら中に硬〜い瘢痕・ケロイドが出来ますから、膀胱は膨らまなくなります。さらに瘢痕・ケロイドは痛みが出て、膀胱は小さく萎縮して、症状は強くなるばかりです。

私の考える間質性膀胱炎の周辺疾患のイメージは、この図式の通りです。基本的原因は、軽微な排尿障害です。それが長期に渡って慢性的に繰り返されるので、膀胱出口周辺に形態学的変化が生じ、膀胱の過敏さが様々な形で作られます。その一つ一つの症状の組合せと、診断する医師によって、急性膀胱炎・心因性頻尿・過活動膀胱・間質性膀胱炎・心身症・自律神経失調症・膀胱疼痛症とバラバラに診断されるのです。排尿障害を治療しないから、間質性膀胱炎は難病指定になってしまったのです。

今までに、間質性膀胱炎と診断された患者さんを内視鏡手術で何人も治してきました。もしも、原因不明であるならば、内視鏡手術で治る訳がありません。過去に学会でも発表しました。しかし、学会場での反応は今一でした。医師であっても常識から逸脱することは、なかなか難しいのです。

|

« 下半身の痛みで苦しむご婦人 | トップページ | 寒いとオシッコが近くなる理由 »

コメント

初めまして。
新潟に住む48才女性です。バセドウ病を持病とし
去年の6月に間質性膀胱炎と診断されました。
8月に水圧拡張術を受け、トリプタノールとトラムセットで
なんとかやって来ましたが最近急激に痛みが増しています。
先生の排尿障害という言葉に、調子がいい時はしっかり排尿でき悪くなって来ると排尿が上手くいかないと思っていたのでとても納得できます。
★回答
それが、貴方の膀胱の真の姿なのです。」


こちらから行くとなると土曜日になると思うのですが、その日に検査して処方までしていただけるのでしょうか?
★回答
OKです。」

フルタイムで仕事をしておりストレス過多な日々からは抜け出せない生活です…よろしくお願いいたします。

投稿: | 2018/03/01 21:46

3/1にコメントさせていただき、受診した者です。その節はお世話になりました。ずっと調子よく暮らしてきましたが、90日処方していただいた後、先週くらいから排尿に力がいるようになり、痛みも増し、2時間から悪い時は1時間間隔でトイレに行くようになってしまいました。
バセドウの関係でメインテートも飲んでいるために、エブランチルをあまり飲んでいなかったのですが、尿の出が悪くなった先週から飲み始めています。ベタニスはずっと服用しています。正露丸は夜一錠飲んでいます。
とにかく痛くて頻尿が辛いのです。朝からロキソニンを飲んでいる状態です。すぐに先生の診察を受けたいのですがなかなかそういうわけにもいかず…
ぜひともご教示いただけると幸いです。
よろしくお願いします。
★回答
病気の本質は、排尿障害ですから、エブランチルを中止してはいけなかったのです。
とりあえず、エブランチルを朝晩2回服用してください。

投稿: | 2018/05/06 13:11

早速のお返事ありがとうございます。
エブランチルは利尿作用もあるのかと思っていました。
もう一度先生のブログを読み直しました。
痛くても尿がたまっていないのだから、痛み止めを飲んで、我慢して2時間は行かないようにしています。それで間違っていないでしょうか?
★回答
我慢の必要はないです。
自然体がいいでしょう。」

とにかく1日2回エブランチルを服用しベタニスも併用してみます。またご連絡させていただきます。

投稿: | 2018/05/06 17:49

はじめまして。45歳、二児の母です。
数年前から内科で自律神経失調症(更年期障害)で漢方薬を長年服用しておりました。3年程前から頻尿や痛み、尿漏れを経験、昨年春先に決定的人的ストレスから、時々であった筈の頻尿や痛みが継続的、昨年末には夜間も眠れぬ生活がスタートし、今年2月に泌尿器科受診、間質性膀胱炎と診断され、水圧拡張手術を致しました。が、、、(あ~やっと安眠出来る様になった、、)というのも1ヶ月とは続かず、また元の、乳白色の混じった、そして血尿や、白血球の死骸とも云われるゴミの固まりが出て、非常に痛く、一時間に二三回、手術前より更に尿を貯められず50ccが最大。夜間は一時間~二時間おきに排尿に起きる生活スタイルに、精神的に限界を感じています。(3ヶ月経ちました)
お世話になった泌尿器科の先生から紹介状を依頼し、市民病院へとお世話になるところではありますが、同じく水圧拡張手術を6/8予定。全身麻酔でやりますと云われ、私自身体力がなく虚弱な為に局所麻酔でお願いしましたが、二度目の手術に大変不安と腑に落ちない気持ちで一杯です。
良くするための手術が、まるで逆を行ってる、というのが、私の身体からの感想です。
高橋先生のご説明を拝読させて頂き、非常に納得しており、通院も今心に浮上しております。

何か善きアドバイスを宜しくお願い致します。
★回答
私のブログに書いた間質性膀胱炎の原因は、排尿障害が原因です。
従って、排尿障害を治療しないで、膀胱を膨らますだけの膀胱水圧拡張術を行うと、貴方が体験したように、膀胱が過敏になるだけです。
お大事に。

投稿: YASUKO | 2018/05/27 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下半身の痛みで苦しむご婦人 | トップページ | 寒いとオシッコが近くなる理由 »