« 膀胱炎症状の形状変化 | トップページ | 排尿日誌 »

難治性膀胱炎の裏技治療

膀胱炎症状で治らない患者さんが、日本全国から来院されます。
私の考えでは、難治性の膀胱炎は原因は排尿障害ですから、抗生剤や抗菌剤ではなく排尿障害の治療でほとんどの患者さんが改善します。通常は、排尿障害の治療薬であるエブランチル、過活動膀胱の治療薬であるベシケア、ベタニス、トビエース、ウリトスなどです。この治療法でほとんどの患者さんは治ります。

ところが、一部の患者さんでなかなか治らない方が存在します。これが、治療師の医師としての課題です。そこで、裏技治療法を考案しました。
Img_0155❶まず、このような患者さんは、リンパ球免疫が過剰反応している場合があります。
免疫を適度にコントロールしてみます。劇的に症状が改善します。ただ欠点としてステロイドを分泌する副腎機能低下になることがあります。

Img_0156❷エブランチルというαブロッカーは昔からある降圧剤です。αブロッカーが排尿障害に効果があることが分かり転用された薬剤です。しかし、排尿障害用に開発された薬剤ではないので、効果的な作用が求めることができない患者さんもでてきます。そこで男性用の薬剤を流用すると、症状が改善しまず。

Img_0157❸仙骨神経が病気のために過剰反応しているので症状が改善しません。これは、ある意味で過剰の条件反射が症状を作っていると考えます。そのためには、別の条件反射を作って、問題の条件反射を抑え込むのです。欠点として、新しい条件反射を作れるまで、仙骨神経ブロックを毎週1回以上実施し、10回以上続けなければなりません。

Img_0154_2❹病気の症状を作っているのは、膀胱三角部の平滑筋のセンサーとしての興奮です。この興奮を抑えるためにαブロッカーや過活動膀胱の治療薬を使用するのです。その平滑筋の興奮を抑えるサプリメントが大豆イソフラボンです。

Img_0158_2❺膀胱三角部と仙骨神経の間を結び付けているのが、仙骨神経節です。難治性の患者さんの仙骨神経節は、これまでの疲弊により神経節のグリシンというアミノ酸が不足して難治性の症状の原因です。ですから、サプリメントとしてグリシン摂取を勧めています。

Img_0159❻難治性の患者さんの多くが、更年期を過ぎているご婦人が多いのです。ここにはホルモンバランスの崩壊が原因?と想像できます。女性の更年期を過ぎると、女性ホルモンが10分の1になります。すると、副腎から分泌している男性ホルモンは変わらないので、ホルモンバランス的には完全な男性になってしまうのです。その結果、女性ホルモンが優位の時には、抑えられていた症状が徐々に頭角を現すのです。最後に身動きの取れない症状になるのです。
単純に考えれば、女性ホルモンを投与すれば良いと考えるのですが、思うように症状が改善しません。生体が作る本物の男性ホルモンに、薬剤の偽女性ホルモンが負けてしまうのでしょう。
そこで、男性ホルモンを抑えることの出来る前立腺肥大症の薬剤が登場です。

Product_seirogan_l❼アニサキスの治療薬として脚光を浴びたのが、昔からある正露丸です。アニサキスが胃壁に食らいつき、虫の口からの分泌液が胃壁の平滑筋を刺激し、それが胃痛の原因なるのです。正露丸は、その平滑筋の興奮を抑えて鎮痛作用があるのです。難治性の膀胱炎症状の人も平滑筋の痛みですから、正露丸が効く人がいます。

☪️私が今現在思いつく治療法は、ここまでです。これからも、無い知恵を絞って研鑽いたします。

|

« 膀胱炎症状の形状変化 | トップページ | 排尿日誌 »

コメント

質問ですが アボルブを女性に投与するという裏技ということですかね?

少し危険なような気がするのですが大丈夫なのでしょうか
☪️回答
男性に男性ホルモンを抑える方が、危険です。
男性に無理矢理の更年期障害を作る訳ですから。

投稿: 質問です | 2017/08/03 13:47

度々すいませんが仙骨ブロックを10回程度打つとありますが間隔をあけないでやらなくても10回やれば良いということなのでしょうか?
☪️回答
保険適応は、週一です。

投稿: 質問 | 2017/08/03 13:53

回答ありがとうございます。
度々すいませんがでは間隔が空きすぎてのブロック注射はどうなのでしょうか?

素人なので短い期間でやらないと意味がないと思ってしまっております。
☪️回答
間が空きすぎると、新しい条件反射が形成されません。

投稿: 質問 | 2017/08/03 14:24

質問させていただきます。49歳女性です。
排尿後痛があり、内科へ行き尿検査しましたが異常がありませんでした。
排尿後痛は治まりましたが、前から下腹部痛や尿漏れが少しあったので、泌尿器科に行きましたが今度は骨盤内うっ血症候群らしいといわれ、血流をよくしてくださいと言われました。

骨盤内うっ血症候群でも尿漏れなどあるのでしょうか?
更年期にやる慢性膀胱炎なのでしょうか?頻尿や残尿感などはありません。
【回答】
骨盤内うっ血症候群は、原因不明のいい加減な病名です。
おそらく、排尿障害があるので、排尿痛、尿漏れがあるのでしょう。

投稿: 匿名希望 | 2017/08/05 02:33

お返事ありがとうございます。
排尿障害ですか。。一度ご相談に伺わさせていただきたいと思います。
その時はよろしくお願いいたします。

投稿: 匿名希望 | 2017/08/05 15:36

質問です。
仙骨ブロックは一度でだいたい何時間の効き目があるのでしょうか。
以前脊髄下半身麻酔をしたときに酷いむずむず足症候群がすぐ発現し麻酔が切れるまで続きました。仙骨ブロックにもそのような可能性はあるのでしょうか。
よろしくお願いします。
☪️回答
注射液の濃度と量によります。
1時間〜5時間です。

投稿: | 2017/08/07 15:40

初めまして、いつもブログ拝見させて頂いてます。
33才既婚の女性です。子供はいません。

どうしてもお聞きしたく、こちらで相談出来たらと思いコメントさせて頂きました。

先月7月頭から尿の濁りと尿道にチクっとした痛みを感じていたのですが、膀胱炎の強い症状が無かったので治るだろうと軽く考えていたら、
7月5日から右下腹の痛みと共に突然微熱が止まらなくなり、
総合病院で盲腸の検査やCTを撮っても原因なく。
婦人科でもMRIを撮ったのですが、特に所見なく泌尿器科に紹介状が出まして、
その頃に強烈な膀胱炎の症状が出たので、
泌尿器科の尿検査では膿と
菌、血も混じっており尿路感染、膀胱炎と言うことで一般的な抗生剤を1週間飲んだのですが全く症状に変化なかったのですが、
最終的に、7/31の婦人科の性病検査でまさかの淋菌が陽性が出てしまいました。

現在、淋菌の抗生剤点滴をしてから10日経つのですが、膀胱の強い痛みと尿道炎症状は全く良くならず。。
痛みは膀胱に尿が溜まるとすぐに痛みと強い尿意で膀胱あたりが固くパンパンに張り、
尿道も刺激されてなのか居ても立っても居られない状態になり、
排尿するとスッキリはするのですが、尿道の奥の方から膀胱、ヘソの周りにかけて鈍い痛みがズーンと来て、腹部全体が痛くなり軽い吐き気も。
排尿から1時間ほど痛みと不快感が続きます。

この状態で間質性膀胱炎の疑いはありますでしょうか。
淋菌の抗生剤点滴から10日なので炎症のなごりであれば安心できるのですが、
間質性膀胱炎に変化してしまったのでは無いかと不安で毎日睡眠不足で辛い状態です。。

よろしくお願いします。
☪️回答
間質性膀胱炎は、病名だけの病気です。
本質は排尿障害です。
排尿障害を治さなければなりません。

投稿: ルチア | 2017/08/10 10:19

今月始めに初めて診察していただいたNo.35736です。
ユリーフとベタニスを処方していただきましたが飲み始めて4~5日ほどから排尿後すぐの不快感がひどくなってきました。排尿したい感覚も以前より少くなり水分も少し減らしたためか尿が濃くて排尿後の不快感がひどいのでしょうか?
体を横にしていると不快感はあまりありません。
☪️回答
はい。
このままユリーフとベタニスを続けてよいでしょうか?

投稿: 35736 | 2017/08/10 13:41

お休みの所申し訳ありません。
10日にもコメントさせていただきました、No.35736の患者です。
あれからますます不快感というより、特に排尿後すぐの痛みと、陰部あたりの不快も強くなりました。
尿意もあまりなく、1日7回くらいの排尿だったのが、現在4~5回になり、あまりたくさん出なくなりました。
排尿後の痛みが強く、横にならないと居られなくなりました。
以前はこれほどひどくなかったのですが。
☪️回答
薬を一度全部やめてみましょう。
薬が合わないのでしょうか。
コメントよろしくお願いします。

投稿: 35736 | 2017/08/15 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 膀胱炎症状の形状変化 | トップページ | 排尿日誌 »