« 間質性膀胱炎(ハンナ型) 難病指定 | トップページ | いわゆる慢性膀胱炎や間質性膀胱炎の症状の秘密と治療 »

湿布テープ型の頻尿治療薬

Neoxtape
頻尿治療薬には、昔からあります。
旧いもので、ブラダロン・バップフォー・ポラキス、新しいもので過活動膀胱の薬として、抗コリン剤のベシケア・ウリトス・トビエース、β3剤のベタニスがあります。


これだけ、いろいろなお薬が存在し、それなりに販売されているということは、すべての悩まれている人々に、一つの薬剤だけでは不十分だということです。

過去のお薬の中に、有名なポラキスという薬剤がありました。効き目は良かったのですが、副作用として口腔内の乾燥が著しかったので、長期間続けることが出来ませんでした。
その副作用を軽減すべき開発されたのが、ネオキシテープという貼り薬・テープ剤です。

この貼り薬は、経皮的に薬剤有効成分が、皮膚から吸収されるという仕組みです。何故わざわざ皮膚から吸収される経路を使用する意味があるのかと疑問を感じるでしょう。過去の内服薬は、小腸から吸収されて、肝臓で解毒処理されると、有効成分が変化し、その変化した成分が副作用として発現するからだったのです。

ところが、有効成分が皮膚から吸収されると、肝臓で解毒処理されないので、有効成分の量が減らずに効果があり、副作用の発現する物質にならないという薬剤です。この製品は湿布の会社として有名なHisamitu製薬の商品です。

色々な頻尿治療薬(内服薬)で効果の出なかった人は、一度このテープを試してみると良いかも知れません。

しかし、この薬剤にも湿布カブレという副作用があります。念のため、ご注意ください。

|

« 間質性膀胱炎(ハンナ型) 難病指定 | トップページ | いわゆる慢性膀胱炎や間質性膀胱炎の症状の秘密と治療 »

コメント

高橋先生 ご無沙汰しております。
NO.32755のMです。

ブログは度々拝見しており先生がまた緊急入院されたことを知り大変心配しておりました。
また、前回先生にご相談した時に、現在も服用を続けているザルティア以外に私に処方できる薬が無いと伺ってから次の一手をお聞きすることが怖くて現在までご連絡出来ずにいました。
ですがいつまでも立ち止まっているわけにはいきませんので今回ご連絡させて頂いた次第です。

私の場合、手術は可能でしょうか?

また、大変お恥ずかしい話ですが私の症状名は何でしょうか?
初診の時に、色々ご説明頂いたことはよく覚えているのですが具体的な症状名を伺った記憶が無いものですから。

宜しくお願い致します。
【回答】
膀胱頚部硬化症です。
手術は可能ですが、精液が出なくなる可能性があります。
若い貴方にとっては、問題になる後遺症です。
私が、前立腺肥大症のブログで紹介しているサプリメントを試してはいかがでしょうか?
①大豆イソフラボン(アグリマックス)
②ノコギリヤシ
③カボチャの種
④アミノ酸のグリシン

投稿: M | 2017/04/06 22:37

高橋先生
お忙しい中、ご回答ありがとうございます。
わかりました。
それではサプリメントを試してみたいと思います。
申し訳ありませんがいくつか質問があるので教えて下さい。
1.ザルティアと一緒に服用して良いでしょうか?
回答
はい。」

2.①~④でこれから試してみては?という順番はありますか?
回答
いずれからでも、OKです。」

3.ノコギリヤシの紹介文で「幾つか試してみて、ご自分にピッタリ合った製品を購入してください。」と書かれていますが、これも一つのメーカーにつき3ヶ月は様子を見た方が良いでしょうか?
回答
はい。」

4.アグリコン型イソフラボンを高橋クリニックで購入したい場合、私の家にはFAXが無いのですがお電話でも購入可能でしょうか?
回答
FAXの宛先の電話番号に直接お電話ください。」


宜しくお願い致します。

投稿: M | 2017/04/11 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間質性膀胱炎(ハンナ型) 難病指定 | トップページ | いわゆる慢性膀胱炎や間質性膀胱炎の症状の秘密と治療 »