« 膀胱痛症候群(陰部疼痛症) | トップページ | 「尿は無菌」はウソだった!:研究結果 »

心因性膀胱炎と診断された患者さん

Nb33763flow
平成27年の春に腎臓癌の手術後から尿道のヒリヒリ感が治らない患者さんです。
様々な検査を行っても異常な所見は見つからないので、「心因性膀胱炎」という訳の分からない診断名が大学病院泌尿器科でつけられてしまいました。
漢方薬、ベタニス、ステープラ、ネオキシテープ、デパスなどの薬を処方され服用しても症状は変わりません。
悩んだ末、高橋クリニックを受診しました。
初診時のウロフロメトリー尿流曲線ではダラダラした尿の勢いで、明らかに排尿障害の所見です。この時の残尿量測定では216mlも確認できました。残尿がこれほど多いのにもかかわらず、残尿量測定もせずに安易に心因性膀胱炎と診断した前医に憤りを感じます。

Nb33763flow2
排尿障害の治療薬をいろいろ試しましたが、最終的にはザルティアで尿道の痛みは軽快しました。
患者さんの希望でウロフロメトリー尿流曲線を実施したところ、初診時と比較して明らかに改善しました。さらに残尿量測定では何と16mlまで改善していました。患者さんも大喜びです。


|

« 膀胱痛症候群(陰部疼痛症) | トップページ | 「尿は無菌」はウソだった!:研究結果 »

コメント

高橋先生、こんにちは。
先生にはいつもお世話になっています、ありがとうございます。
夫が、境界型糖尿病になり、糖質制限を開始しています。私も糖が気になっていたので、夫と糖質制限を始めました。
私たちは、一回の食事の糖質を20グラムに抑えるというのをしているのですが…、
この場合、食事からとる水分が足りなくなるので、水分補給を多めにとった方が良いでしょうか?普段は、300ミリリットル飲み、膀胱は落ちついていますが、1リットル位に増やした方が良いですか?
【回答】
糖質からの代謝水が減るので、増やしてもOKです。
増やさなければならないということではありません。」


宜しくお願いいたします! 
先生、いつまでもお元気でいて下さい!

投稿: にしべ | 2016/03/09 18:49

わ、先生、すごく早くお返事頂いて感謝します。ありがとうございます…。あまり喉もかわきませんし、自然に任せて水分補給します。
ありがとうございました。

投稿: にしべ | 2016/03/09 21:36

連続ですみません…

申し上げました通り、糖質制限をしているのですが、
制限のやり方は、京都にある(財)高雄病院理事長の、江部康ニ先生の方法をもとにしています。

江部先生のブログで知識を仕入れているのですが、どうも、糖質制限をすると頻尿がおさまる方も多くいらっしゃる様です。

先生、釈迦に説法という程の情報なのかわかりませんし、すでに先生ご存知でしたら、恥ずかしいのですが、
一応、膀胱の病気持ち患者の一人として報告させて頂きます…。
江部先生の見解では、糖質制限をすると、体調が整い、病気も収まるのでは…との事です。

投稿: にしべ | 2016/03/10 15:03

こちらへ質問させて頂いていいのかわからないですが、書かせて頂きます。

昨年12月18日に手術をして頂き、その後先週まで5回ほど仙骨ブロック注射を打って頂いたもの36歳女性です(なかなか入らなくて先生にはご迷惑おかけしました)
その後、尿の回数は7、8回で落ち着きをみせていたものの、

●一昨日、今日と突然手がワナワナとして、
1時間に1回、一日に10回以上頻尿になり
体が落ち着かなくなるということが続いておりますが、これも術後の経過としてはありうることなのでしょうか?
【回答】
はい。」


●また、今週は生理が3か月ぶりにきて(術後、授乳中のせいか、この病気のことで心配だったせいかで生理がこなくて生理不順です)それも関係あったりするのでしょうか?
【回答】
はい。
可能性はあります。」


●手のワナワナ脱力感は、服用中の
ユリーフ、ベタニス、デパス、座薬の副作用としてあり得ますか?
【回答】
無関係でしょう。」


●また、風邪をひいた後、3月10日から
外陰部のかゆみがでており、
婦人科で膣の培養検査をしてもらったところ、検査結果は問題なく、
①かゆみどめの「塗り薬(オイラックス)」と、
②「保湿クリーム(ザーネ軟膏)」
③漢方薬で「ツムラ温経湯」
が処方されましたが、

現在、尿のほうで服用中の薬(ユリーフ、ベタニス、デパス)との飲み合わせは
大丈夫でしょうか?
【回答】
問題ありません。」

子供が小さく、なかなか先生の所にお伺いできないのがとてももどかしいです。
すぐにでも先生にお会いすれば不安感も和らぐと思うのですが。

お忙しい中、お世話になりますがご回答宜しくお願い致します。

投稿: 33967 | 2016/03/19 16:50

上記質問させて頂いた36歳女性です。お忙しい中、早速のご回答本当にありがとうございます。

尿の回数も、尿をした後ジーンと疼いたり、尿がたまってくるとウズウズしたりする症状も、

また、前回受診で先生がおっしゃっていたように
術後の症状として
、膣の疼きが、外陰部の痒みに変わってきているのかもしれないとの可能性も、

色々と症状に不安になり過敏になってしまいますが、

高橋先生と、時間と、自分の体を信じて、
経過をみていきたいと思います。

いつもありがとうございます。

投稿: 33967 | 2016/03/20 11:16

度たび、質問失礼いたします。
お忙しい中、先生にはいつもお世話になります。

上記、質問させていただいた、昨年12月18日に手術をしていただいた36歳女性です。

たびたびの質問で失礼いたしますが、

●頻尿、残尿感(膀胱がすっきりしない、すぐに尿意をウズウズと感じる)が
またてできておりますが、

この頻尿・残尿感が、術後の経過としての症状なのか、
【回答】
はい。」

細菌性膀胱炎の症状
⇒泌尿器科を受診して抗生物質をのむ必要があるか?
の違いがわかりません。

どのくらいの頻尿なのか、また細菌性膀胱炎だと思われる特徴は、術後の症状とどのように違うのでしょうか?
【回答】
細菌性膀胱炎は、性行為の直後に起きます。」


外陰部の痒みで軟膏等を塗ったりすることで
バイキンが尿道に入ってしまい、
細菌性膀胱炎になってしまったのか?どうか
ビクビクしております。
【回答】
心配無用です。」

先生のところにすぐにでも行ければ安心するのですが、子供が小さくてなかなか時間の融通がきかず不安な毎日を過ごしております。

投稿: 33967 | 2016/03/29 18:08

先生、お忙しい中、本当にありがとうございます。先生の存在が、私の今の救いです。

先生の治療、手術を受けれた私は、とても幸せ者なのに、弱音ばかりで、申し訳ありません。

去年の8月に細菌性膀胱炎になったのがきっかけでこの病気が発症したために、

いつどこからが細菌性膀胱炎でなくなったのか?
その時ははたして細菌性膀胱炎だったのか?
そもそも膀胱炎の症状って今と何が違ったのか
よくわからなくなってしまいました。

性行為の直後に細菌性膀胱炎というのは、
去年の8月の時点では思い当たりますが、

最近は、この病気発症後は、
普通に生活していても、性行為自体を
夫も私もビクビクしてできていないので
思い当たらないので、

今回の頻尿残尿感は、
術後の経過の症状なのだと思い、様子をみてみます。

皆さん、他の患者様も、
さまざまな症状を抱えながら、

そして先生ご自身も、ご病気と闘いながら、
きちんと忍耐強く生きていらっしゃるのが
本当に尊敬に値します。

人生ままならないのですね、
これほどまでに生きることとは
忍耐、辛いことなのだというのを
感じたのは、人生で初めてです。

流産したり、子供がなかなか授かららなかったり、その時も精神的に辛かったですが、

人間勝手なもので、精神的につらかったときより、やはりこのように症状がでる病気、
我慢する毎日からは早く逃れたいと思ってしまいます。

先生は、お忙しい中、
私のようなウジウジとして、
小心者のくどい患者を
相手しなければならないのですから、
本当に大変ですよね、

先生、いつもごめんなさい。
そしてありがとうございます。

また近日中に伺います。


投稿: 33967 | 2016/03/30 19:03

診察を受ける日が近くなりましたのでお聞かせください。
博多の泌尿器専門病院で心因性膀胱炎と診断された60歳前の男です。
【回答】
心因性膀胱炎なるものは存在しません。
単に原因が分からないので、患者さんの心のせいにしているだけです。」

強い尿意で起こされトイレに行っても排尿困難で悩まされています。昼寝でも尿意で起こされ眠気があると出ません。水を多く飲むことで尿閉にならずに済んでいますが効果的な薬はありますか?
【回答】
尿閉とは水分を多く摂取し、膀胱から尿を出せない状態です。
今の貴方の状態は、水分を多く摂取することで、膀胱に負担をかけています。」

3年前に前立腺肥大症の手術の際、膀胱出口付近に防波堤のようなものがあったのでそれも除去したとのことでスイカのような利尿作用のある物を食べると夜でも勢いよく出て問題はありません。
【回答】
前立腺肥大症の手術の際に、過敏になっている膀胱三角部が手付かずなので、今の状態になっているのでしょう。
いわゆる過活動膀胱です。

投稿: | 2016/05/07 16:16

どうもありがとうございます。
ーーー以前過活動膀胱の薬ベタニスを私の希望で処方されましたが効果はありませんでしたので来月高橋先生の診療を心待ちにしたいと思います。どうもこの△部がポイントのようですね。

投稿: | 2016/05/08 17:29

ブログ「膀胱水圧拡張術 3回の結果・・・」の記事を読み、コメントさせて頂いております。
私も福岡の泌尿器科専門医院で、これまで4回ほど水圧拡張術をしました。手術の度に潰瘍が認められ、焼灼も行ってきています。術後、効果は1.5~3年ほどしか持続せず、直近の手術は2015年の6月です。この時はたしか麻酔科でも150ml程度しかためられなかったと記憶しております。
現在35歳、昨年11月に出産を経験し、現在に至るのですが、この一カ月、かなりの頻尿(20~30回、ひどいときは50回近く、夜間頻尿10回程度)とひどい膀胱痛にさいなまれており、日常生活に支障をきたすようになってきたため、今月末に再度水圧拡張術を受ける予定にしたのですが…今回これまでの病院とは別の医院で手術をすることになり、少し不安でインターネットで調べていたところ、高橋先生のブログにたどり着き、「膀胱水圧拡張術を何回も受けて、段々症状が強くなり、結果、委縮膀胱と言う状態になって、膀胱全摘出手術を受けられている患者さんが存在する」という回答を読んで不安が増しています。お尋ねしたいことがいくつかあり、本日は午後休診とのことでしたので、電話ではなくコメントで失礼いたします。

①先生のブログを読んで自分なりに推測するに、私も排尿障害を抱えているのではないかと思います。排尿障害を治すためには、「α-ブロッカー(エブランチル)を服用し、水分(お茶・コーヒーを含む)を極力控えて1日1㍑以下にして下さい。」とありましたが、αブロッカーなるものは、どの病院でも処方していただけるものなのでしょうか。
【回答】
いいえ。
間質性膀胱炎は原因不明の病気とされていますから、エブランンチルを処方しません。」

②また、これまでは水分をしっかりとってできるだけためる訓練をするように繰り返し言われてきたのですが、排尿障害を解消するには水分は控えたほうがよいでしょうか?またはαブロッカー服用中は水分を控える必要があるということでしょうか?
【回答】
排尿障害で症状が作られていますから、水の量=尿の量=症状になります。
ですから、水分を控える必要があるのです。」

③遠方で乳飲み子がいることもあり、今すぐ上京することは難しいのですが、福岡で先生と同じような考えを持って治療に当たられている病院をご存知でしょうか?
【回答】
いません。」

④単刀直入に、今月末の水圧拡張術は行わないほうが賢明でしょうか?
【回答】
はい。」

以上長くなり大変申し訳ありませんが、高橋先生のご回答をよろしくお願いします。

投稿: うーたん | 2016/06/09 17:22

はじめまして。
80歳の母が、膀胱炎の症状で苦しんでいるのを見て、どうにか力になりたいと思って言る娘です。


当人ではないので、具体的な痛みを表すことはできませんが、わかる範囲で書かせていただきます。よろしくお願いいたします。

母は、32歳の時、私を産んだ年に初めて膀胱炎になり、その後、大変疲れた後などに年4,5回程度発病し、其の度に抗生物質を飲んで治めていたいたようです。

その後、52歳頃からひどい更年期障害になり、不眠、うつ症状を10年近く患いました。

60歳代、70歳代は水泳、フラダンス等を楽しみ、体と相談しながら楽しくすごしていました。しかし、この間も、お盆など、孫たちが来て家事など大変な事が続くと、そのあと決まって膀胱炎になって苦しんでおりました。
どの場合も、大体、抗生剤を飲めば治まっていたようですが、最後まできちんと飲み切ってはいなかったようです。
医者から、”膀胱炎は抗生剤を飲めば飲むほど抗耐性の菌が出てきて、どんどんキツイ薬になるよ。”という言葉がかなり怖かったようです。

ご相談したい問題症状は、ここ半年にみられる症状で、2週間に1度の頻度で出ています。その間の期間も、ずっと膀胱の存在を感じ気分悪いようです。

症状としては、膀胱炎になりそうな気配が自分の中に起こり、トイレに行くと排尿後に激痛が走り、うずくまらないといけない状態です。病院に行っても、菌が出るときと出ないと時があります。前述したように、抗生物質はあまり飲みたくないので、今は漢方の”猪苓湯”を服用しています。

現在病院は2か所行っていますが、尿検査とエコ-撮影のみ。菌が出ていないならばどうしようもないと言われているだけです。
先日も、余りにも痛みがひどく、1日3回飲む抗生物質を1回飲んだだけで症状が軽くなり、その事をDr.言ったらそんな事は考えられない、やはり心因性でしょうと言われたようです。
確かにストレスを感じる様なことがあるとその後になっていることは明らかなんですが・・・。

今は、膀胱炎のみではなく、足のひざ下のむずむず、腕のむずむず、舌痛症など、心療内科的な症状とも戦っています。私が、先生の執筆されている文章を読んで、
各神経が色々つながっていて、各症状は、一か所の問題ではなく関連がありそうよ、と母に説明したら、ホットした顔をしていました。

大阪中央病院に通っていますが、そこで内視鏡で見てもらったほうがいいのか,何か他の検査もしてもらったほうがいいのか?
何かアドバイスいただけるとありがたいです。

現在大阪ですが、あまり効果がない場合には、先生のお力をお借りしたいともかんがえています。

以上、長い分になりましたが、よろしくお願いいたします。
【回答】
恐らく、若い頃から膀胱に問題があり、年齢と共に膀胱炎症状として発現しているのでしょう。
抗生剤が効いているのは、細菌を殺しているのではなく、抗生剤が単に症状を一時的に抑えているだけです。
排尿障害が隠れていて、その症状が膀胱炎症状になるのです。
治療としては、排尿障害の治療薬であるエブランチルと頻尿改善薬のベタニスがおすすめです。

投稿: ゆうちゃん | 2016/08/10 14:42

3歳の娘についてです。
昨日から排尿時に痛がる様子があったため、休日診療をしている小児科に今日行ってきました。
尿検査の結果全て正常で、感染性ではないとのことでした。
しかし、夜になるにつれてどんどん痛がるようになり、寝る前のトイレでは泣きながらおしっこしていました。
かわいそうでなりません。
今日診察した先生は尿道に傷がついているかも知れないが、それなら今夜くらいには痛くなくなると仰っていたのに、どんどん痛みが増しているようで不安です。
【回答】
ご心配ですね。
小さなお子さんの場合、風邪のウィルスによる膀胱炎になることがあります。
少量の抗生剤と鎮痛剤でおさまります。

投稿: | 2016/12/05 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 膀胱痛症候群(陰部疼痛症) | トップページ | 「尿は無菌」はウソだった!:研究結果 »