« 間質性膀胱炎の症状 「足の冷え」 | トップページ | 主要下部尿路症スコア(Core LUTS Score CLSS) »

原発性膀胱頚部硬化症と続発性膀胱頚部硬化症

慢性膀胱炎・間質性膀胱炎・過活動膀胱の原因である膀胱頚部硬化症は、内視鏡検査を実施しても残念ながらほとんど分からない(所見が得られない)のが現実です。(注:二次的変化は内視鏡検査で観察できるのですが、その所見を無視している医師がほとんどです)
しかし泌尿器科医のほとんどが、下部尿路(膀胱・尿道)の病気は内視鏡検査ですべて分かると誤解しています。また、ご婦人の場合は尿道の観察を省略して結論を出します。ですから、内視鏡検査で所見の得られない膀胱頚部硬化症は存在しないと・・・まぁ当然の結論でしょう。私も研修医の頃であれば、そう思っていました。しかし、泌尿器科医を30年も経験すると、異なる考えが頭の中に姿を現すのです。

内視鏡検査で容易に分かる膀胱頚部硬化症は、続発性膀胱頚部硬化症です。【続発性】というのは膀胱結石や膀胱腫瘍などの内視鏡手術の後遺症で、膀胱出口が線維化して狭窄した状態、つまり二次的=続発性の膀胱頚部硬化症を意味します。
続発性膀胱頚部硬化症は超音波エコー検査では分かりにくいのが盲点です。線維性の薄い膜状に狭くなった病変は、超音波エコー検査では観察できません。唯一観察できるのは内視鏡検査だけです。

私が慢性膀胱炎や間質性膀胱炎の原因としている膀胱頚部硬化症は、【原発性】の膀胱頚部硬化症です。過去に内視鏡手術などを行った経験のないご婦人で、線維性の狭窄や硬化ではなく、【粘膜の硬化】や【平滑筋の過形成】を意味します。続発性とは異なり、内視鏡検査では分かりませんが、詳細で丁寧な超音波エコー検査で容易に観察できます。

例えると、部屋の壁を観察する時と似ています。
壁の大きさや壁紙の模様は見れば容易に分かります。これが内視鏡検査です。
しかし、壁の厚さや中の柱の本数・補強材、石膏ボードや断熱材の有無は、見ただけでは分かりません。これを分かるように観察するのが、超音波エコー検査になります。内視鏡検査だけですべてが分かるというのは、単なる思い込みでしかないのです。何の根拠もない事柄です。

そこで、ご婦人の慢性膀胱炎や間質性膀胱炎・過活動膀胱の患者さんを中心に、次のブログで超音波エコー検査を提示しながら原発性膀胱頚部硬化症の存在を証明しようと思います。50例も実例を挙げれば、頭の固い泌尿器科医の中に一人くらいは理解していただける御仁が出現するかも知れません。

この内容は、慢性前立腺炎にも同様に掲載しました。

【注】内視鏡検査で観察できる原発性膀胱頚部硬化症の二次的変化
炎症性ポリープ
尿道粘膜の石灰・結石(紹介しているのは男性のものですが、ご婦人でも散見されます。)
膀胱白斑症

【補足】
昨年、健康保険支払基金の審査の医師(S大学名誉教授)から電話があり、「ご婦人や若い男性にこんな病気(膀胱頚部硬化症)は見たことがない。」と電話越しに鼻で笑われました。また「病気がないのだから内視鏡手術も認められない。」と一方的に告げられたのです。
私は「この病気を医師が認識せずに、慢性膀胱炎・間質性膀胱炎・慢性前立腺炎や気のせいと誤診するするから患者さんがドクター・ショッピングするのです。」そして「見たことがないから、この病気はないというのは、科学的ではありません。従来の観点からしか見ないから見えないだけです。この病気が間質性膀胱炎・慢性前立腺炎の原因であることを啓蒙するためにも、毎年2回泌尿器科学会で報告しています。」と返答しました。「それでは請求書(レセプト)に患者さん毎に個別に症状詳記を添付して下さい。」ということで、取りあえず、その場は一見落着しました。

昨年の暮れ頃に、鹿児島で開業している同級生から電話があり、「高橋のことが噂になっているから、気をつけて・・・」と忠告されました。
今月(2010年3月)、K大学の名誉教授が亡くなられ、そのお通夜に参列した時のことです。私のボスであった某大学の名誉教授に呼び止められ、「高橋、あまり派手なことをやるなよ!狙われているぞ。」と忠告されたのです。私は「決してやましいことは行っていません。そのことで学会でも毎年発表しています。」しかし、「コンセンサス(世の中の意見の一致)が得られていなければ、どんなに正しくても駄目なんだよ!」と注意されました。

しかし、いつまでも「お目こぼし?」を受けられるとは思えませんし、自分が悪いことを行っているとも私は思っていません。医学的に正しい診断と治療を行っても不正を行っていると思われるのは釈然としません。
そこで平成22年3月から、この病気(原発性膀胱頚部硬化症)の内視鏡手術を保険請求することを断念しました。私も慈善事業ではないので無料で手術することはできません。膀胱頚部硬化症に対する私の内視鏡手術に関しては残念ながら自費扱いとします。一律18万円の負担になります。患者さんには本当にご迷惑をおかけます。

いつか原発性膀胱頚部硬化症が世間に認知され、治療法として内視鏡手術が認められるまで私は走ります。(生きている間)

【参考】ニーチェの言葉 014 白鳥晴彦編訳 ㈱ディスカバー
物事はいかようにも解釈できる。
良い物事、悪い物事が初めからあるのではない。良いとするのも悪いとするのも、役立つとか役立たないとか、素晴らしいとか醜悪だとか、いかようであろうとも、解釈するのは結局は自分なのだ。
しかし、どう解釈しようとも、そのときからその解釈の中に自分を差し込むことになるのを知っておこう。つまり、解釈にとらわれ、その解釈ができるような視点からのみ物事を見てしまうようになるのだ。
つまり、解釈や、そこから生まれる価値判断が自分をきつく縛るというわけだ。しかし、解釈せずには物事の始末がつけられない。ここに、人生を読み解いていくことのジレンマがある。
(原文のまま、自分に反省を込めて)

|

« 間質性膀胱炎の症状 「足の冷え」 | トップページ | 主要下部尿路症スコア(Core LUTS Score CLSS) »

コメント

幾つかの病院を巡り改善されず、やっと先生に辿り着き昨年手術していただいた者です。再硬化で調子が悪くなって来たので、また先生に手術の相談をしたいと思っています。
保険対象外の手術になる事で金額的負担が大きくなることもショックですが、それ以上に医学界に認識されないことが悔しいです。
私は術前に比べれば術後は改善されたことを身をもって体験しています。
この病気に苦しんでいる私たち患者に出来ることは無いのでしょうか?

【回答】
私が扇動者として認識されるだけです。
学会報告をコツコツと続けるだけです。

投稿: 前向き | 2010/03/23 12:51

分かりました。
家は娘も先生に診ていただきましたが、同じ病気でした。
これからも先生のご健闘を娘と共に祈っています。
先生もお身体、大切にしてくださいね。

投稿: 前向き | 2010/03/26 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/47881661

この記事へのトラックバック一覧です: 原発性膀胱頚部硬化症と続発性膀胱頚部硬化症:

« 間質性膀胱炎の症状 「足の冷え」 | トップページ | 主要下部尿路症スコア(Core LUTS Score CLSS) »