« 瘀血(おけつ) | トップページ | 臨床治験の参加者募集 »

間質性膀胱炎ブログのガイド

このブログは、「間質性膀胱炎」に関して、私の独断の考え方で理論展開しています。あくまでも私の趣味の世界だと思って下さい。しかし、真実しか掲載していません。私はインターネットの中で真理を発信するように心がけています。

真理はどのような状況であっても真理です。真理について信じようとする必要はありませんし、信じてもらおうと説得する必要もないのです。真理が見える人にだけ理解していただければ結構です。(・・・だんだん宗教じみてきた。)

泌尿器科医で、私の考え方に賛同されるのであれば、実践してみて下さい。直接コンタクトを取っていただければ、診断・検査・治療のコツをお教えできます。遠慮なく。地方の患者さんのためです。

テーマが多く、2009年6月上旬現在で130テーマにもなりました。書いている私でさえも、どこに何が書いてあるか分からなることがあります。下記のようにカテゴリーに分類しています。知りたいカテゴリーをクリックして下さい。


ニュース・学会報告・文献報告
新しい知見や私の学会報告を納めています。ブログの中だけでの報告では信用が置けないと中傷されたので、年に2回のペースで学会報告しています。慢性前立腺炎の同じカテゴリーも一緒にご覧下さい。


メール相談
多くの悩み相談をメールでいただきます。内容から代表的なものを掲載しています。

初期の考え方
現在の間質性膀胱炎に関する診断・検査・治療にたどり着く前の考え方を納めています。誤った考え方もしています。比較の意味で貴重だと思っています。

心と体
分類ができないものや「こころ」に関するテーマを納めています。

患者さんからのレポート
私の治療、薬・手術を受けた方の生の声を納めています。レポートをお読みになれば、必ずしも理想的な経過の方ばかりではないことがお分かりでしょう。

間質性膀胱炎と周辺疾患
間質性膀胱炎とは無関係と思われた病気が、実は本質的には同じであったことが理解できるでしょう。
例として、などです。

間質性膀胱炎と手術
私が実施している間質性膀胱炎=膀胱頚部硬化症の内視鏡手術について解説しています。

間質性膀胱炎と薬
間質性膀胱炎をα-ブロッカーで治療するのが、第一選択の治療法です。

間質性膀胱炎の検査
単なる炎症であれば、検査で見つかることはなかなかない間質性膀胱炎ですが、間質性膀胱炎=膀胱頚部硬化症と考えれば、ハッキリした所見が検査で得られます。

間質性膀胱炎の症状
多彩な間質性膀胱炎の症状を一つ一つ解説しました。

間質性膀胱炎の考え方・生活習慣
ここに行きつくまで様々な試行錯誤の上に出た結果、考え方です。ご賞味ください。

症例報告
患者さんの実例を多く挙げています。しかし、私から目線だけでは客観性に問題があるので、治療を受けた患者さんにレポートを書いただくようになりました。

書籍・雑誌
私が関連した雑誌などを紹介しています。ハッキリ言って私の宣伝ですネ。

統計的考察
EBM(面識もない赤の他人が作った公の過去のデータを根拠に考えられた医療)を主張する方が世の中では多いので、私ができる範囲の統計的根拠を掲載しています。忙しい診療の中で、データを収集して意味づけをするのはかなりのエネルギーが必要です。ところがEBNを主張する吾人は、ご自分ではエビデンスを作らない傾向にあります。エビデンスを収集して喜んでいるだけみたいです。人のふんどしで・・・。

診療時間と休診のお知らせ・アクセス
たまに臨時休診することがあるので、ここで掲示しています。

|

« 瘀血(おけつ) | トップページ | 臨床治験の参加者募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/45390503

この記事へのトラックバック一覧です: 間質性膀胱炎ブログのガイド:

« 瘀血(おけつ) | トップページ | 臨床治験の参加者募集 »