« 泌尿器科医からのメール | トップページ | メール相談#8 膀胱出口のう胞 »

ボトックスと過活動膀胱(専門書キャンベルから)

UPDATE Date Added: 30 January 2009
Donna R. Coffman, MD
Botulinum A and overactive bladder
Body_ID: PUP2007MMDDA001
Botulinum toxin A (BTX-A) injection induces detrusor muscle relaxation and may affect afferent sensory receptors in the urothelium. BTX-A injection has been used as treatment for neurogenic detrusor overactivity (NDO) and idiopathic detrusor overactivity (IDO).
Body_ID: PUP2007MMDDA002
In a review of studies of the efficacy and safety of BTX-A for treatment of detrusor overactivity, Dmochowski and Sand found that most patients have improved urodynamic variables and decreased need for anticholinergics when treated with BTX-A and that most children with myelomeningocele also show improvement. The data for other subpopulations of patients with NDO (e.g., patients with multiple sclerosis or spinal cord injury) are insufficient (because of inconsistent definitions of continence) to determine whether BTX-A is effective, but high rates of continence (>80%) have been reported in some studies, which is encouraging.
Body_ID: PUP2007MMDDA003
Patients with IDO are not as well studied as patients with NDO, but the evidence to date suggests that BTX-A improves continence, reduces frequency, and improves the quality of life of patients with IDO (33%-91% of patients had regained continence, using various measurements and outcome parameters). Despite the overall reports of efficacy, there is not a standard method for reporting objective and subjective criteria, making it difficult to reach specific conclusions about efficacy.
Body_ID: PUP2007MMDDA004
A wide variety of doses and numerous discrete dose sites have been studied. Although efficacy of doses of 100-300 U of BTX-A given at multiple sites (30 is used most commonly) has been shown, there have been no systematic dose-response studies done in patients with NDO or IDO. Dosage of 1-12 U/kg body weight given in 20-50 injection sites has been reported for children.
Body_ID: PUP2007MMDDA005
The most common side effect is urinary tract infection (4.9%), followed by hematuria (1.6%) and transient urinary retention (1%). Drug migration-related side effects do not seem to be a problem after intravesical administration of BTX, although there are rare reports of induction of an immune response to BTX resulting in reduced response. Sixteen percent of patients with IDO may need to use clean intermittent catheterization for several weeks after BTX treatment. Use of Dysport has been associated with transient muscle weakness and hyposthenia (in 8% and 5% of patients); this seems to be a dose-related effect, but studies are limited.
Body_ID: PUP2007MMDDA006
Duration of effect seems to be ≥6 months, but the authors note the need for a more consistent definition of "duration of effect" to compare trial results more effectively. The range of duration for BTX-A with NDO was 5.3-10.5 months. In patients with IDO, the mean duration of efficacy of BTX-A was 5-7 months.
Body_ID: PUP2007MMDDA007
BTX-A therapy seems to be an effective alternative for treatment of overactive bladder symptoms, but the comparison of trial data is difficult because of the lack of standardized, clear definitions of outcomes and duration of effects. Studies that use standardized, clear definitions would help greatly in determining which patients would benefit the most, what dosage is most effective, when to re-treat, and what patient subgroups might be most susceptible to side effects.
Body_ID: None
Dmochowski R, Sand PK: Botulinum toxin A in the overactive bladder: Current status and future directions. BJU Int 99(2):247-262, 2007.

アップデート2009年1月30日
ドナ・R.コフマン、MD
Botulinum A、および過活動膀胱
ボディー_ID: PUP2007MMDDA001
ボツリヌス毒素A(BTX-A) 注射、排尿筋緩和を引き起こして、尿路上皮で求心性の感覚受容器に影響するかもしれません。 BTX-A注射は神経性の排尿筋過活動(NDO)と特発の排尿筋過活動(IDO)に治療として使用されました。

ボディー_ID: PUP2007MMDDA002
効力の研究と排尿筋過活動の治療のためのBTX-Aの安全性のレビューでは、DmochowskiとSandは、BTX-Aと共に扱われると、ほとんどの患者の尿力学的データが改善して、抗コリン作動薬の必要性が少なくなり、また、脊髄瘤をもっているほとんどの子供が改善を示すのがわかりました。
NDO(例えば、多発性硬化症か脊髄損傷の患者)をもっている患者の他の分集団のためのデータは、BTX-Aが有効であるかどうか決定するためには不十分ですが(自制の無節操な定義による)、自制(> 80%)の高い率はいくつかの研究で報告されました(奨励しています)。

ボディー_ID: PUP2007MMDDA003
IDOをもっている患者はNDOをもっている患者としてまた、研究されませんが、これまでの証拠は、BTX-Aが失禁を改善して、頻尿を減少させて、IDOと共に患者のQOL(生活の質)を向上させるのを示します(33%から91%の患者は自制を取り戻しました、様々測定と結果パラメタを使用して)。
効力の総合的なレポートにもかかわらず、客観的で主観的な評価基準を報告するための標準方法がありません、効力に関する特定の結論に達するのを難しくして。

ボディー_ID: PUP2007MMDDA004
さまざまな投与量と多数の離散的な投与量サイトは研究されました。 100-300単位 複数のサイト(30は最も一般的に使用される)で与えられているBTX-AのUの投与量の効力は示されていますが、NDOかIDOをもっている入院患者に行われたどんな系統的な用量反応研究もありませんでした。 子供に対して1-12単位 /kg体重の投与量を20-50 注射部位で与えられた報告されました。

ボディー_ID: PUP2007MMDDA005
最も一般的な副作用は血尿(1.6%)と一時的な尿閉(1%)があとに続いた、尿路感染(4.9%)です。 少している応答をもたらしているBTXへの免疫反応の誘導のまれなレポートがありますが、薬剤吸収相関の副作用がBTXの膀胱内投与の後の問題になるように思えない。 IDOをもっている患者の16パーセントは、BTX治療の後の数週間清潔間欠導尿を使用する必要があるかもしれません。 Dysportの使用は一時的な筋衰弱と脱力(8%と5%の患者の)に関連しています。 これは投与量関連の効果であるように思えますが、その研究わずかなものです。

ボディー_ID: PUP2007MMDDA006
効果の持続時間は6カ月以上と思われます。報告者は「効果の持続時間」の、より一貫した定義が、より効果の出たトライアルの結果と比較する必要性に着目しています。
NDOとBTX-Aのための持続時間の範囲は5.3-10.5月でした。 IDOをもっている患者では、BTX-Aの効力の平均の持続時間は5-7カ月でした。

ボディー_ID: PUP2007MMDDA007
BTX-A療法は過活動膀胱兆候の治療のための効果的な代替手段であるように思えますが、トライアルデータの比較は結果の標準化されて、明確な定義と効果の持続時間の不足のため難しいです。 使用が標準化した研究、明確な定義はどの患者が最も利益を得るだろうか、そして、どんな投与量が最も効果的であるか、そして、いつ再治療するか、そして、どんな我慢強いサブグループが副作用に最も影響されやすいかもしれないかを決定するのを大いに手伝うでしょう。

ボディー_ID: なし
Dmochowski R、Sand PK: 過活動膀胱におけるボツリヌス毒素A: 現状と将来展望。 BJU Int 99(2): 247-262、2007。

|

« 泌尿器科医からのメール | トップページ | メール相談#8 膀胱出口のう胞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/44261492

この記事へのトラックバック一覧です: ボトックスと過活動膀胱(専門書キャンベルから):

« 泌尿器科医からのメール | トップページ | メール相談#8 膀胱出口のう胞 »