« 過活動膀胱OABの臨床治験のお知らせ | トップページ | 膀胱知覚入力のメカニズム »

膀胱疼痛症候群のボトックス治療

間質性膀胱炎の関連疾患として、膀胱疼痛症候群painful bladder syndromeという病気があります。間質性膀胱炎の内視鏡検査で異常がないタイプと思っていただければイメージ的には間違いないでしょう。
美容整形外科のシワ取り治療で有名なボトックス注射の膀胱疼痛症候群の臨床治験の文献が、Campbell-Walsh Urologyに掲載されています。ご紹介しましょう。

Botulinum A toxin injection for painful bladder syndrome

Patients with painful bladder syndrome experience suprapubic pain related to bladder filling and increased urinary frequency and nocturia without demonstrable pathology. The etiology is unknown. Because of the benefits of botulinum A toxin (BTX-A) injections for detrusor overactivity, including an antinociceptive effect, the authors conducted this pilot study to determine if BTX-A would be an effective and tolerable treatment for painful bladder syndrome.

The study included 14 patients with bladder pain and urgency frequency syndrome who had no other demonstrable cause and for whom all previous treatment modalities (oral and intravesicular) failed. They were given injections of 10 U per site (total of 200 U) of BTX-A into the submucosa of the trigone and bladder floor, performed through a cystoscope. After the injections, a 16Ch Foley catheter was placed for 24 hours. After the catheter was removed, uroflowmetry and postvoid residual volumes were done. Clinical evaluation, Visual Analogue Scale (VAS) score, cystoscopy, and urodynamics were done for follow-up at 1 and 3 months after treatment.

Prior to treatment, the mean daytime and nighttime urinary frequencies were 14.2 ± 3.8 and 4.5 ± 1.3. At 1-month follow-up, the daytime and nighttime urinary frequencies were reduced to 8.4 ± 1.9 (P < .01) and 2.1 ± 1.5 (P < .05), and at 3 months urinary frequencies were 9.1 ± 2.3 (P < .01) and 2.4 ± 1.7 (P < .05). Pretreatment mean VAS score was 9.3 ± 0.9, and this was reduced to 5.8 ± 2.4 (P < .01) at 1 month and 6.1 ± 2.8 (P < .01) at 3 months. The mean maximum cystometric capacity increased from 261.6 ± 34.8 mL to 359.7 ± 48.4 mL (P < .01) at 1 month and 341.7 ± 52.4 mL (P < .01) at 3 months. Detrusor pressures were reduced from the baseline of 23 ± 17.8 to 15.7 ± 12.5 at 1 month and 17.4 ± 10.7 at 3 months (P < .05). Twelve patients (85.7%) reported subjective improvement in symptoms at the 1-month and 3-month follow-up visits. At 3 months, 4 patients had persistent dysuria, and 2 patients continued to need intermittent self-catheterization. At 5 months, bladder pain had recurred in 10 patients, 2 reported dysuria, and 1 still required self-catheterization.

Conclusion
BTX-A injection led to reductions in urinary frequency and pain in patients with painful bladder syndrome. These benefits are further evidence of the antinociceptive actions of BTX-A. The most serious side effect was impaired detrusor contractility, which led to a need for self-catheterization in some patients. Lowered doses of BTX-A or using more dilution or using intravesicular instillation of BTX-A may avoid this complication and could be considered in future studies.

Giannantoni A, Costantini E, Di Stasi SM, et al: Botulinum A toxin intravesical injections in the treatment of painful bladder syndrome: A pilot study. Eur Urol 49(4):704-709, 2006.


2007年5月22日付け最新報告
R.コフマン医師、聖ルーク病院、セントルイス、ミズーリ州
膀胱疼痛症候群のためのBotulinum A毒素注射:
膀胱疼痛症候群にかかった患者は、明白な病理学的根拠もなく膀胱緊満時・頻尿・夜間頻尿の際に恥骨上疼痛を経験する。病態生理は不明である。
排尿筋過敏性に対する抗疼痛レセプター効果のボツリヌス菌A毒素(BTX-A)注射の有益性証明のため、著者はBTX-Aが膀胱疼痛症候群のために効果的で安全な治療であるかどうか決定するために、この予備的研究を実行した。

検査では他のいかなる明らかな病因もなく、そして、あらゆる種類の治療(経口や膀胱内薬剤注入)が効果がなかった膀胱痛と尿意切迫頻尿症候群14人の患者は次の通りであった。
彼らは膀胱三角部と膀胱底の粘膜下組織へ1箇所につきBTX-Aの10単位(合計200単位)を膀胱鏡を通して注射された。
注射の後、16サイズ(直径5.3mm)膀胱留置カテーテルが24時間留置された。
カテーテルが取り外されたあと、尿流速計測法と残尿量測定検査を行なった。
臨床評価、Visual Analogue Scale(VAS)スコア、膀胱鏡検査と尿水力学的検査は、治療後、1ヶ月・3ヵ月追跡調査された。

治療前の昼間頻尿と夜間頻尿の平均は、14.2回(14.2±3.8)と4.5回(4.5±1.3)であった。
1ヵ月の追跡調査で、昼間と夜間頻尿は8.4回〔8.4±1.9(P<.01)〕と2.1回〔2.1±1.5(P<.05))に減少した。そして、3ヵ月の頻尿は9.1回〔9.1±2.3(P<.01))と2.4回(2.4±1.7(P<.05))であった。
処置前のVASスコアは9.3±0.9であり、1ヵ月と3ヵ月のVASは6.1±2.8(P<.01)と5.8±2.4(P<.01)に減少した。
平均の最大膀胱容量は、261.6±34.8mLから1ヵ月で341.7±で48.4mL(P<.01)に、3ヶ月で359.7±52.4mL(P<.01)に増加した。
排尿筋圧は、23±17.8の基準ラインから1ヵ月で15.7±12.5まで減少し、3ヵ月で17.4±10.7(P<.05)まで減少した。
12人の患者(85.7%)は、1ヵ月と3ヵ月の術後の診察で、症状の主観的な改善を報告した。
3ヵ月に、4人の患者は持続的な排尿困難があり、2人の患者は間欠的自己導尿を必要とした。
5ヵ月に、10人の患者に膀胱疼痛は再発した、2人が排尿困難で一人は未だ自己導尿が必要であった。

結果
BTX-A注射は、膀胱疼痛症候群患者で、尿頻度と疼痛の減少につながった。
これらの利点は、BTX-Aの抗疼痛レセプター作用の追加エビデンスである。
最も重大な副作用は排尿筋収縮性の障害であった。それは一部の患者で自己導尿法の必要に至った。
低濃度BTX-Aまたは高希釈BTX-Aの使用やBTX-Aの膀胱内点滴注入は、この合併症を回避する可能性があり、将来の研究の課題となった。

Giannantoni A, Costantini E, Di Stasi SM, et al: 膀胱疼痛症候群治療のボツリヌス菌A毒素の膀胱内注射:予備的研究Eur Urol 49(4):704-709, 2006.

|

« 過活動膀胱OABの臨床治験のお知らせ | トップページ | 膀胱知覚入力のメカニズム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/16013963

この記事へのトラックバック一覧です: 膀胱疼痛症候群のボトックス治療:

« 過活動膀胱OABの臨床治験のお知らせ | トップページ | 膀胱知覚入力のメカニズム »