« スタッフ募集中 | トップページ | 年賀状 »

デパスの筋弛緩作用と自律神経調節作用

私が治療にしばしば使用する、デパスについてご説明しましょう。
「高橋クリニックも最後はデパスか!」という慢性前立腺炎でお悩みの方の文面がありました。おそらく、「デパスは抗うつ剤!」という認識の持ち主が嘆いているのでしょう。デパスについて不当な誤解があるようなので、ここで詳しく解説しましょう。
●デパスはベンゾジアゼピン系抗不安薬です。その名の通り、抗うつ剤ではありません。そのベンゾジアゼピン系抗不安薬には、作用時間によって次のように分類できます。
【短時間型】
デパス・リーゼ
【中間型】
コンスタン・ソラナックス・ワイパックス・レキソタン
【長時間型】
コントール・バランス・セレナール・レスミット・セルシン・ホリゾン・セパゾン
【超長時間型】
メイラックス

●ベンゾジアゼピン系薬剤の共通した作用には、次のものが上げられます。
1.抗不安作用
2.鎮静作用
3.睡眠導入作用
4.筋弛緩作用
5.抗ケイレン作用
6.自律神経調節作用
7.抗ストレス作用

●ベンゾジアゼピン系薬剤の作用機序
神経細胞の細胞膜に存在する塩素イオン・チャンネル(塩素イオンの出入り口)を開放し、神経細胞内への塩素イオンの流入を促進します。その結果、神経細胞の興奮性が抑えられます。その抑制が、脳神経細胞であれば、1.抗不安作用 2.鎮静作用 3.睡眠導入作用 5.抗ケイレン作用(中枢性) 6.自律神経調節作用(中枢性) 7.抗ストレス作用になるのだろうと推測されています。
また、末梢神経末端であれば、4.筋弛緩作用 5.抗ケイレン作用に、自律神経であれば、6.自律神経調節作用になるのでしょう。

特にデパスには5番目の筋弛緩作用が強いので、筋緊張性頭痛、頸肩腕症、ムチ打ち症、肩こりの患者さんに、鎮痛剤と一緒にしばしば処方されます。これらの病気を「うつ病」として医師は処方していません。

さて私は、慢性膀胱炎・間質性膀胱炎の患者さんに、通常α-ブロッカーを処方しますが、症状が今ひとつ改善しない場合に、デパスを処方することがあります。
その理由は、膀胱頚部の筋弛緩作用を期待してのことと、仙骨部を中心とした自律神経系の調節を期待してのことです。慢性膀胱炎・間質性膀胱炎で苦しんでいる患者さんを「うつ病」とは考えてもいません。
内視鏡手術後の患者さんに、症状の改善がみられない時にデパスを処方するのも理由があります。
内視鏡手術を行なっても、膀胱出口の平滑筋や神経が健常者と同じように正常に戻る訳ではありません。あくまでも開かないスライドドアを壊しただけです。しかし壊すにも限度があり、スライドドアが完全にオープンになるほど壊すことはできません。患者さんによっては、その程度の壊れた穴では不十分の場合があり、そのような際にはデパスの筋弛緩作用を利用します。
【補足】
デパスの筋弛緩作用の標的は、主に骨格筋でしょう。しかし私は期待しているのは、内臓筋(膀胱平滑筋)です。ですから、デパスが必ずしもシャープに効くわけではありません。
漢方薬の芍薬甘草湯の効能には、骨格筋や内臓筋の抗ケイレン作用をうたっていますから、慢性前立腺炎にも効果があるかも知れません。

また、排尿障害が軽減しても、一度完成してしまった膀胱・仙骨神経を中心とした知覚神経・自律神経回路の過敏さは、なかなか消失してくれない場合があります。そのため、デパスの自律神経調節作用を利用するのです。
医師の中には、不定愁訴(さまざまな訴え)の多い患者さんを「抗うつ剤」などで「とりあえず黙らせよう」とする医師がいるのも事実です。そういう輩は、病気の本質や病態生理は見ずに、表面上の症状や病名でのみ薬を処方するので、「数撃てば当る」的な治療になります。そのような治療を行なえば、誤解される薬や効かない薬が増えます。デパスも、その代表例でしょう。

●下記に、慢性前立腺炎の男性患者さんですが、参考になるメールが届きましたので、ご披露します。

2006年10月21日に診察して頂いた、会員番号・・・78 ○○○○です。
あれから高橋先生に処方していただいたデパスを飲み続けたところ、今までに悩んでいた原因不明の右肋骨の痛み、逆流性食道炎の症状(頑固な胸焼け、胃の鈍痛、胃のせん痛、胃もたれ)が消滅しました。
ほかに多量の唾液の分泌や睡眠障害、腸内異常発酵も改善されました。本当に助かってとても喜んでおります。
デパスは、今までほかの病院で処方された胃薬ガスターD錠やタケプロンよりも胃痛に効果がありました。胃からくる症状やほかの原因不明な症状も慢性前立腺炎からくる関連痛だったのでしょうか?
もしくは私は心身症になっていたのでしょうか?考えるだけで混乱しますがこれからも診断の方よろしくお願いします。
あと薬のことなんですが、デパスはこれからもずっと飲み続けてもいいでしょうか? 

|

« スタッフ募集中 | トップページ | 年賀状 »

コメント

質問させてください。
内視鏡手術を行っても膀胱出口の平滑筋や神経が健常者のように正常に戻るわけではありません とこのようにありますが、今まで排尿障害があったせいで、うまく機能できなかった部分が内視鏡手術をした直後からはそう簡単に(思うように)健常者のようにはなりませんよ、という意味でしょうか?手術をして排尿障害がなくなり、本来の膀胱機能が働けるようになるにつれ徐々にでも平滑筋や神経が回復というかよくなっていくものですか?

【高橋クリニックからの回答】
排尿障害が平滑筋やその神経をダメにしたのではなく、その逆です。平滑筋やその神経が原因で排尿障害になったのです。
平滑筋かあるいはその支配神経がダメで、膀胱出口が十分に開かないので手術になる訳です。
つまり、故障して開かないガラス製の自動ドアを、ドアのガラス部分を壊して出入りしようとすることに似ています。そのような処置を行なって、自動ドアの故障が直るとは考えにくいでしょう?
我々医師は、筋肉や神経の障害を根本的に治すことはできないのです。

投稿: みかん | 2007/07/08 10:20

丁寧なご回答ありがとうございました。

投稿: みかん | 2007/07/09 16:48

内科でみてもらっていた細菌性の膀胱炎がなかなか治らず(最初の頃、確かに菌は出てました)、泌尿器科に行ったら「カウンセリングを受けたら」と言われただけで、治療は一切してもらえず、心療内科の紹介もしてもらえませんでした。
私自身は心因性でなく何かの病気と信じていたので、民間療法の道場に行ったら「冷え」と言われ、信じて何回か通いました。
紆余曲折あり、最後は内科でデパスを処方され、全ての症状が治まりました。

そこにたどり着くまで非常に苦しんだことを思うと、何の治療もアドバイスもしてくれなかった泌尿器科に不信感でいっぱいです。

また、トイレが近いだけでなく陰部の痛みに悩んでいたのですが、今でもたまに陰部が痛くなると同時にトイレが近くなります。そんな時にデパスを飲むと下半身の筋肉が緩んで楽になるのを感じます。上半身の筋肉も緩んで肩こりも治ります。

私は何かの原因で膀胱あたりの筋肉が刺激されていて、それをデパスが緩めてくれるので効いてきるのではないかと思っています。
【回答】
排尿障害が原因の慢性膀胱炎症状でしょう。
デパスはあくまでも対症療法です。
間質性膀胱炎・慢性膀胱炎のテーマのブログをご覧ください。

投稿: みけ | 2015/08/01 22:06

高橋先生お世話になります。

デパスの継続的服用はブロック注射複数回と同じ効果を期待できるのでしょうか?
それともあくまでデパスは一時しのぎの頓服的な作用しか期待できないのでしょうか?
私は、今までデパスは頓服的な服用しかしていませんが、ブロック注射と同じ効果が期待できるなら、少ない量を決まった時間にのんで見ようと思います。
人それぞれである事は承知していますが、高橋先生の印象をお伺いしたいと思います。
【回答】
デパスは神経を鈍感にする薬剤です。
その神経の標的は特定できません。
仙骨神経ブロックは膀胱や前立腺の支配神経のみに作用するので、効果的なのです。

投稿: | 2015/08/24 22:44

高橋先生お世話になります。

一つ前の質問をした者です(まだブログに掲載されてませんが)
私は先生に内視鏡手術をして頂いたものです。
昨日2回目の手術の話をさせて頂いた者です。

私の今の考えをまず述べます。先生のブログにある通り、過敏になった膀胱頸部を切開したにも関わらず症状が残存しているのは、削り方が少ないか、神経回路がまだ稼働している。と理解しています。

そして、今の状態は。
頻尿は見事に無くなりました、鼠径部のシクシクした痛みや肛門のジクジクした違和感も無くなりました。
しかし、30%ほど残った会陰部の痛み、足の痺れがまだ消えません。

そんな状況で、今後の治療計画を次のように考えました。
2回目の手術を検討しています、がその一方でこのまま時間の経過とともに残った症状も消えるのではないか、と期待もしています。
どちらかと言えば時間の経過とともに直していきたい、と考えています。
時間の経過とともに治すには自律神経の沈静化が必要と考えてます。
神経ブロックを検討しましたが、定期的にクリニックに通えない私のには不可能と判断しました。
今は、ハルナール、ザルティア、デパスを服用しています。自律神経の沈静化を目的とした場合この薬にプラスして漢方を併用出来ないでしょうか?
先生ご推薦の漢方はありますでしょうか?
ネットで見てみると柴胡加竜骨牡蛎湯などが相応しいのかな?と思いました。
【回答】
漢方薬は効く人には効くでしょうという感じです。」

如何でしょうか?私の考えは間違っているでしょうか?
質問ばかりですみません。推奨の漢方があった場合高橋先生に処方して頂きたいと思ってます。

よろしくお願い致します。

投稿: | 2015/08/25 22:10

ホームページを見てメールさせていただきました。74歳です。5月中旬より冷えから始まりトイレが近くなり、尿がたまっていないのに膀胱が緊張するみたいで下腹がはってきて、今も四六時中行きたい感じが続いています。尿は綺麗で神経因性膀胱とのこと。エブランチル、ソランタールなど処方されましたが良くなったり元に戻ったり・・・膀胱の機能は悪くないので、心療内科を紹介されました。それまでも抗不安薬アメルを飲むと症状が落ち着いたことは確かです。今は柴胡加竜骨牡蠣湯を処方され飲みだしました。頓服で抗不安薬をと。尿量は100cc台が多く、たまに250もあります。尿がたまってないのに下腹の張りは精神的原因でも起きるのでしょうか。これで様子を見ればいいでしょうか。
【回答】
排尿機能障害が原因の膀胱の症状です。
排尿機能障害の治療薬を内服しなければ改善しません。

投稿: 山田 | 2020/06/29 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デパスの筋弛緩作用と自律神経調節作用:

« スタッフ募集中 | トップページ | 年賀状 »