« 患者さんからのレポート#2 | トップページ | 手術法の伝授 »

間質性膀胱炎の今事情 泌尿器科学会から

平成18年4月12日~4月15日の間、第94回日本泌尿器科学会総会が福岡国際会議場で開催されました。
私も4月13日(木)~4月15日(土)の間、クリニックを休診にして参加しました。
その中で、ワークショップ「間質性膀胱炎の診断と治療」という題の討議がありました。その要旨を下記に掲載します。それぞれの画面をクリックすれば、読める大きさになります。

Icws

Icws2

Icws3

Icws4

Icws5

Icws6

ちなみに平成17年9月の岩手で開催された日本泌尿器科学会東部総会では、下記のような発表がありました。
Ic050929

Ic0509292

1年前の東京で開催された第93回日本泌尿器科学会総会シンポジウムでの間質性膀胱炎の内容は下記のようでした。お読みになればお分かりになるでしょうが、1年経過してもほとんど進歩していません。
Ics20050493tokyo_1


|

« 患者さんからのレポート#2 | トップページ | 手術法の伝授 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/9665104

この記事へのトラックバック一覧です: 間質性膀胱炎の今事情 泌尿器科学会から:

« 患者さんからのレポート#2 | トップページ | 手術法の伝授 »