« メール相談 慢性膀胱炎編 #7 | トップページ | 関連痛モデル »

慢性膀胱炎・間質性膀胱炎・心因性頻尿の成り立ち

私の自論を「慢性膀胱炎・間質性膀胱炎・心因性頻尿の成り立ち」という形で、下図のように簡潔にまとめました。
もちろんこれだけで全てを表しきれませんが、混沌とした難治性の膀胱炎を理解する上で役立つ筈です。また、様々な周辺疾患に誤診される理由も理解できるものと思います。

この中で、細菌が原因の病気は、急性腎盂腎炎と急性膀胱炎だけです。尿検査で異常が出るのは、この2つの病気でしかありません。それなのに、尿検査が正常というだけで症状は「気のせい」と診断する医師の何と安易なこと!大病院や有名医師ですら愚行を行うので情けないかぎりです。

黄色のパネルが病態、赤字が病名、青字が症状です。
ただし、この理論展開は私のオリジナルですから、他の医師に強要してもその医師が迷惑に思うだけです。

cc-naritati

この複雑な病気のネットワークの中で、病気の本質を分かりにくくしているのが、男性・女性ともに排尿障害が原因の膀胱三角部の肥厚性過敏症という状態です。
triangle-hs

|

« メール相談 慢性膀胱炎編 #7 | トップページ | 関連痛モデル »

コメント

以前にもメールしお伺いしようと思っていたものです。うつの薬を服用し寝ますが朝四時半から五時半に強い尿意で必ず目が覚め尿をグラスで取り見た所あまりの濁りように驚きました何回も繰り返す膀胱炎。それから二、三回尿意を覚え出すと少しきれいになりますが尿の中にもやもやした白いものが浮かんでいます潜血+3か4でしょうが医師はあまり気にしないようにとの事助言どうかよろしくお願いします。ノイローゼになりそうです抗生物質をのんでも繰り返し疲れとストレスに弱く膀胱炎がひどくなります

投稿: sk | 2005/12/23 14:50

このコメントでは、実名を上げないで下さい。修正しました。
尿に混じる白いモヤモヤは、塩類尿と呼ばれる様々な塩分の析出物質です。
膀胱炎とは無関係ですから、気にする必要はありません。
抗生剤の内服は意味のない治療です。

投稿: 高橋クリニックからの回答 | 2005/12/23 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慢性膀胱炎・間質性膀胱炎・心因性頻尿の成り立ち:

« メール相談 慢性膀胱炎編 #7 | トップページ | 関連痛モデル »