« 間質性膀胱炎への疑問 | トップページ | メール相談 慢性膀胱炎編#2 その後 »

膀胱三角部と膀胱頚部

膀胱三角部と膀胱頚部の関係を明らかにすると、排尿障害がなぜ非細菌性慢性膀胱炎・間質性膀胱炎の様々な症状を形成するのかの謎が解けます。

【膀胱三角部】
膀胱三角部という名称は、左右の尿管口と膀胱出口(膀胱頚部)を結んだ線が、femalebladder三角形になるのでこう呼ばれます。
【ネッター解剖学アトラス図353 南江堂から参照】
さて膀胱三角部の一番の役目は膀胱内の尿の溜まった程度を感覚器として感じ、脊髄(主に仙骨脊髄神経2番~4番に相当)に情報として流すことです。膀胱三角部の感覚器はテンション・レセプター(伸展感覚受容器)と呼ばれる構造になっています。

【伸展感覚受容器】
その仕組みは簡単に表すと【模式図】で示すようになっています。模式図中の左図は、尿がたまっていない状態の膀胱粘膜です。膀胱粘膜下・膀胱筋層内の伸展感覚レセプターは、図のような電気回路になっています。尿が溜まっていない・ゆるんでいる時には、回路中の青の接点は離れていて回路には電流が流れていません。
triangleneckところが、尿が充満して粘膜や膀胱筋肉が引き伸ばされると、次第に回路の接点が近づき、遂には接点同士が付きスイッチが入り、回路に電流が流れます。この状態が脳脊髄中枢に膀胱内の尿量情報として伝達され、尿意になります。この接点間の距離にはバリエーションがあり、少し伸展してスイッチの入るものからかなり伸展しないとスイッチの入らないものまでいろいろあります。すべての伸展感覚受容器にスイッチが入ると、尿意の限界になります。
伸展感覚レセプターのこの原理が分かれば、次のことが容易に推論できます。もし尿貯留ではなく、病的な原因で膀胱三角部の伸展が余儀なくされれば、尿意や膀胱刺激症状が簡単に形成されることです。

【膀胱頚部と膀胱三角部の密接な関係】
膀胱三角部の延長に膀胱頚部が存在します。正常であれば膀胱頚部は適度に閉まっています。そして、排尿時には、目いっぱい開大して気持ちよくオシッコを出します。
ところが膀胱頚部の開きの悪い人の場合、膀胱出口の組織が硬くなっていると膀胱頚部が膀胱三角部の組織を引っ張る形になります。引っ張られた膀胱三角部は伸展感覚レセプターを常時接続状態にします。ですから膀胱三角部が常に過敏になり慢性前立腺炎の膀胱刺激症状で苦しむ患者さんに対しては、膀胱頚部を一部切除・切開を行い、膀胱三角部と膀胱頚部を引き離し、膀胱三角部の緊張を解除することに治療の主眼を置かなければなりません。

|

« 間質性膀胱炎への疑問 | トップページ | メール相談 慢性膀胱炎編#2 その後 »

コメント

1月8日早朝、はち切れないほどの尿意で目が覚め、気持ちよく排便し終わった後、赤くきれいでスプ-ン1杯程度の出血がありました、その後は以上ありません、因みに右股関節・時々の腰痛等ありますが、ゴルフやその他運動も良くやっています、病名は何でしょうか、よろしくお願いします。
【回答】
前立腺肥大症か慢性・急性前立腺炎でしょう。

投稿: 81歳男性 | 2017/01/08 12:53

患者の本山です。今月12日に膀胱三角部の癌の内視鏡による切除手術をしました。手術後6日経過しましたが、沁みる様な痛みと頻尿が余り改善されません。三角部と言う部位の手術のために回復が遅くなることがあるのでしょうか?また、回復を促進するための何らかの方策があるのでしょうか?夜間もほぼ寝る時間がないような状態ですので、何かご意見を頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。
【回答】
頻尿治療薬であるベタニスを処方してもらってください。

投稿: 本山 | 2017/04/18 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/3309392

この記事へのトラックバック一覧です: 膀胱三角部と膀胱頚部:

« 間質性膀胱炎への疑問 | トップページ | メール相談 慢性膀胱炎編#2 その後 »