前立腺癌

2年経過観察後に判明した前立腺ガン

Pca33493m622015
62歳の男性患者さんです。
平成27年7月にPSA値4.18とわずかに高いので、当院受診しました。その時点で、超音波エコー検査、触診で前立腺ガンは認めませんでした。何もしないで、経過観察としました。
その翌年の平成28年7月の定期的検査でもガンは認めませんでした。

Pca33493m62ps
ところが、2年後の平成29年5月になり、触診で前立腺右端に硬結を触れ、超音波エコー検査で体積0.26ccの陰影(赤い矢印)を認めました。前立腺ガンと判断し、前立腺肥大症の治療薬プロスタールを開始しました。

Pca33493m624mps
治療開始してから4か月後の超音波エコー検査所見です。
前立腺の大きさは、20cc➡︎11ccまで縮小しましたが、それと呼応するように前立腺ガンの陰影も縮小し、ガンの体積は0.26cc➡0.07㏄にまでなりました。水一滴が0.04ccですから、6滴チョッとの体積から1滴チョッとの体積に縮小したと言う事です。触診でも硬結は、わずかに跡が残っているかな?程度の感触でした。治療効果は、まずまずでした。

続きを読む "2年経過観察後に判明した前立腺ガン"

| | コメント (0)

前立腺癌ステージ❶の心得

Stage以前に週刊ポストのテーマについて解説しました。
受けてはいけない治療に前立腺ガンがありました。ステージ分類で調べると、ステージ❶~❸に関しては、経過観察も手術治療もほとんど有意差がありませんでした。


Pcastage
ステージ分類❶〜❹は、泌尿器科学会の分類A〜Dと同じです。
ステージA(ステージ❶)は、触診でも超音波エコー検査でも分かりません。
ステージB〜D(ステージ❷〜❹)は、触診でも超音波エコー検査でも容易に判別できます。したがって、当院に来院して、触診でも超音波エコー検査でも前立腺ガンが証明されない場合には、前立腺ガンが存在しないか、存在したとしてもステージA(❶)であることが分かります。すなわち、針生検の必要はなく、安心して半年〜1年毎の定期検査を受ければいいのです。

Img_0304★★★
通常、前立腺ガンの倍加速度(前立腺ガンの体積が2倍になる時間)は、速いもので2年、遅いもので20年以上と言われていますから、1年毎の定期検査でも、大きくならず発見できないかも知れません。
5年生存率から考えれば、ステージ❶の人は、少なくても5年間は問題なく生れるという事です。
当院に来院して、前立腺ガンが認められない場合、ステージ❶以下という事ですから、前立腺ガンについて心配する必要は全くありません。逆に、癌の存在を確かめるために針生検することは、前立腺ガンを刺激することですから避けた方が良いでしょう。

Img_0306
この表は、癌研が発表したステージ別5年生存率です。手術した方が、5年生存率は優位に良いと思われます。しかし手術をしないグループは、全く何もしていなかった訳ではありません。前立腺針生検を全員実施しています。つまり、前立腺に10〜20ヶ所も傷つけて前立腺ガンを刺激しているのです。ガンを刺激しておいて何もしなければ、前立腺ガンは悪化してもおかしくはありません。それが前立腺ガン5年生存率の有意差になるのでしょう。この統計では不明ですが、グリソンスコアという悪性度は論じられていません。悪性度の高い癌を刺激すれば、手術しないグループが5年生存率の悪くなるのは当然でしょう。
針生検をしないで、ステージ❶以下と診断された人は、気にせずに、人生を充分にエンジョイ❤️してください。

| | コメント (1)

前立腺ガンの超音波エコー所見

Pcaanatomy_2
前立腺は、模式図のようです。尿道を取り囲むように前立腺内腺があり、前立腺内腺を取り囲むように前立腺外腺があります。前立腺外腺は直腸に面しているので、触診で直腸から前立腺外腺を触れることができます。前立腺肥大症は、前立腺内腺から発生しますが、前立腺癌は前立腺外腺から発生します。ですから、超音波エコー検査も触診も前立腺外腺に集中すれば、ほとんどの前立腺癌は確認できます。


続きを読む "前立腺ガンの超音波エコー所見"

| | コメント (5)

80歳の前立腺ガン

10年前からPSA値が8以上と高かったので、医師から針生検をすすめられたのですが、拒否して、自己治療で過ごしてきた80歳の患者さんです。現在のPSA値は25越えです。

Cp35690
それまで横浜のリークリニックの院長が書いていたブログを読み、その考え方に賛同して自己流の治療法を工夫していました。リークリニックの院長は前立線針生検に否定的な医師でした。残念なことに数年前に食道ガンで他界しました。インターネットで同じようなことを主張した私のブログを読み、来院されました。元々は電気関係の仕事をしていた理数系の人で、今までのデータをきれいにグラフ化して持参しました。

この患者さんはすごくて、速歩のウオーキングとPSA値の比較などいろいろ実験をしています。自宅近くを5km速歩で歩いたら、PSA値が18.5から44.9まで上昇した記録が提示されました。運動はPSA値を下げないのですね。
また、癌は熱に弱点があると知ったら、積極的に遠赤外線治療を受けていました。残念なことに、結果的には、PSA値は下がりませんでした。


Pca35690m80ps
現在のPSA値は25で、一般の医師から言えば、完璧に前立線ガンです。早速、超音波エコー検査を行いました。前立線はとても大きく68cc(正常は20cc)でした。前立線の右端に前立線ガンらしき塊が検知されました。写真の赤い矢印の部分です。触診で、前立線全体が肥大症の硬さに、右端にわずかながら前立線ガンの硬い硬結が触れました。明らかに前立線ガンの初期所見です。おそらく、治療の必要のないラテント癌が大きくなっただけでしょう。

一般的な治療手順としては、前立線針生検を実施し、ガン細胞を確認してから治療になります。私は針生検でガンうぃ刺激したくないので、確認せずに治療を始めます。この患者さんは私の考え方に賛同して、私の治療を希望されました。この患者さんは、80歳を超えていますから、前立腺針生検や無理な治療法を選択しなければ、天寿を全うできるでしょう。私よりも長生きかもしれません。うらやましい。


| | コメント (0)

前立線とガンの気持ち?

病気の複雑な振る舞いを考える際に、自分が病気そのものとなって考えると、見えてきます。

続きを読む "前立線とガンの気持ち?"

| | コメント (0)

去勢抵抗性前立腺ガンの予防対策

前立腺ガンのホルモン治療を続けると、5年後位にホルモン治療に反応しないホルモン抵抗性前立腺ガン(去勢抵抗性前立腺ガン)が生まれることがしばしばあります。Img_0036


続きを読む "去勢抵抗性前立腺ガンの予防対策"

| | コメント (0)

前立腺ガンの顕在ガンの治療方針

超音波エコー検査と触診で確認できるのが、顕在ガンです。
発見できた時点で、おおよその悪性度は判定できます。正確には、前立腺針生検しか方法はありませんが、針生検で何箇所も前立腺ガンを刺激する訳ですから、今後の治療や予後に強く影響するでしょう。

続きを読む "前立腺ガンの顕在ガンの治療方針"

| | コメント (0)

前立腺ガンの顕在ガンの証明

実際にPSA値が高くて、前立腺ガンを疑われた際の顕在ガンの証明手段をここで解説致しましょう。

続きを読む "前立腺ガンの顕在ガンの証明"

| | コメント (0)

膀胱腫瘍に見えた前立腺内腺の前立腺癌

前立腺癌は、通常、前立腺の外側に位置する外腺に発症するのが一般的です。稀に、前立腺深部の内腺に生じることもありますが、私が通常実施する超音波エコー検査や触診では発見が困難です。膀胱腫瘍に見えた前立腺ガンの患者さんを経験したので、ここに紹介します。

Pca33081
70歳前の男性患者さんが、PSA値が少し高いということで平成27年3月に来院しました。
超音波エコー検査と触診で、前立腺肥大症が認められるだけで、前立腺癌は確認できませんでした。
ハルナールを処方したところ、排尿状態は改善し、そのまま継続して治療を続けました。

続きを読む "膀胱腫瘍に見えた前立腺内腺の前立腺癌"

| | コメント (5)

小線源療法を受けた前立腺癌の患者さん

Blethlet4
70歳代の男性が、排尿の際に尿道の先が痛いと言って来院されました。
尿道から膿もなく、性行為を行っている様子もありません。
既往歴を聞くと、2年前に前立腺癌で小線源治療を行ったというのです。私の友人が治療を受けた大学病院でした。PSA値が5.0を超えた時点で、前立腺針生検を実施し、グレソンスコア6程度の中等度悪性の癌が発見されたそうです。治療の選択肢は、①何もしない、②手術、③放射線療法を提示され、大学病院のすすめもあり、放射線療法の小線源療法を選択しました。
そのおかげで、現在PSA値は低値だそうです。
室内でガイガーカウンターで測定すると、0.09μシーベルト程度が正常です。

Pcagaigercouter
しかし、患者さんの恥骨にガイガーカウンターを当てると、0.2μシーベルトと明らかに放射線が漏れ出ていることが分かります。
・・・ところが、前立腺癌の治療以前より頻尿があり、昼間は1日10回以上、夜間は3回排尿のため目が覚めるそうです。

続きを読む "小線源療法を受けた前立腺癌の患者さん"

| | コメント (5)