前立腺癌

ガンの利点

Noiroze毎年、平均寿命が延びています。その関係か、ガンで亡くなられる患者さんも増えているのです。統計学的に言えば、死亡原因がガンの人が、2人に1人〜3人に1人の割合なのです。単純な考え方では、年齢を重ねれば重ねるほど、ガンのリスクが高まる訳です。逆にガンにならないで長生きすればするほど、今度は老衰や認知症の患者さんが増えるのです。厚労省の方針で、生活習慣病を回避して健康寿命を期待すればするほど、老衰や認知症の患者さんが増えるのです。

ところで、厚労省は病院での高齢者入院を避けて、自宅で家族に見守ってもらう方針でもあります。一見理想的なのかも知れません。専門医である他人に任せないで、素人である家族に、老衰や認知症の患者さんを任せようとしているのでしょう。これは裏の考え方をすれば、国家の医療費負担を抑え、家族=国民の所得財産から消費させようとしているのです。

Nintiこれからすれば、ガンの患者さんは、家族に負担をかける老衰や認知症を回避できるのです。老衰や認知症の患者さんの家族は、精神的にも肉体的にも金銭的にも時間浪費的にも、ものすごい負担がかかるのです。長期間続くと、『早く死んで欲しい』、『やっと死んでくれた、ホッ!』あるいは、介護する家族によって殺人事件まで起きるのです。そうなると、患者さんもご家族もとても不幸になります。

それに比べて、ガンの場合は寿命が確実に制限されます。頭は正常ですから、自分の過去を振り返ることが出来ます。その頃の思い、感情、後悔などを十分に堪能できます。また、周囲の家族から心配されることに本当に感謝します。そして、生前の予想通り、みんなに惜しまれ悲しまれながら、天国に旅立たれるのです。人生の終末のクオリティの観点からすれば、目の前の事しか見えない長生きの老衰・認知症患者さんと、ガン患者さんのどちらが良いと思われますか?

以上は、私の奇想天外の考え方ですから、参考程度にお読みください。

| | コメント (0)

バランス

生命は幾重にも重なるバランスで成り立っています。しかしながら、歳を重ねらごとにバランスが乱れて来ます。

Balance例えば、ご婦人が更年期を過ぎると、卵巣が老化のため萎縮し女性ホルモンが低下します。中枢は、その事を察知して女性ホルモンを増やそうとします。女性ホルモンの材料であるLDLコレステロールを肝臓で増やします。ところが、萎縮した卵巣はLDLコレステロールを利用しませんから、LDLコレステロールが大量に余ってしまいます。しかしLDLコレステロールは貴重な材料なので、分解代謝しないで血管壁内膜に蓄えます。

血管壁内膜に次第にコレステロールが貯まります。すると、血管壁中膜の平滑筋細胞がコレステロールを固定しようと、中膜から内膜に浸潤して平滑筋が貪食肥満細胞に変身してコレステロールを食べます。たくさん食べた貪食肥満細胞は泡沫細胞に変身します。

泡沫細胞を固定するために、別の平滑筋細胞が線維芽細胞に変身してコラーゲン線維を大量に作り、血管壁内膜にシコリが出来上がります。これが動脈硬化になり、シコリが大きくなると脳梗塞・心筋梗塞になります。シコリの周囲に血栓ができて、それが剥がれると脳血栓・動脈血栓になるのです。

では、治療はどうすればいいか想像できますよね?女性ホルモンを増やすか、擬似ホルモンの大豆イソフラボンを服用すれば、中枢は女性ホルモンが低下していないと騙されて、コレステロールを増やしません。

血管年齢の若い人は、動脈硬化になりにくいのですが、そんな人のコレステロールを下げると、ますます動脈硬化にならずに、さらに血流が良くなります。すると、末梢の毛細血管の血流もさらに良くなります。毛細血管近くの細胞は十分に栄養が良くなります。しかし、毛細血管の届かない細胞との相対的差が開いていきます。相対的栄養不足の細胞は困り果てて変身するのです。それがガン細胞になるのです。実際にコレステロールを下げると、一定の確率でガンのリスクが増えるのです。

550771f2da2e47e6afa28d485c3264ea更年期を過ぎた男性に「うつ病」になる確率が高くなります。一般人はご存知ありませんが、脳中枢でも男性ホルモンが作られているのです。『え〜!脳で男性ホルモンが?』とお思いでしょう?実は、男性ホルモンは「ネガティブな心」を吸収してくれるのです。実業家や出世街道真っしぐらのヒトの男性ホルモンは常に高いのです。40年間以上に渡って血液中の男性ホルモンが高ければ、脳中枢は血中の男性ホルモンに依存して、脳中枢での男性ホルモンの生産が『バランスを保つ』ために落ちてしまいます。ところが、更年期を過ぎて、睾丸での男性ホルモンの低下に対して、脳中枢での男性ホルモン生産が対応仕切れないのです。すると、脳中枢での男性ホルモン全体量が低下しますから、ネガティブな心を吸収することが当然できなくてなります。結果、元気だった人ほど更年期を過ぎると「うつ病」になるのです。逆に、ご婦人の場合は、若い時も血中の男性ホルモンは少なかった訳ですから、脳中枢の男性ホルモン生産は常に多くて、更年期になっても脳中枢で男性ホルモンは十分に作られていますから、更年期を過ぎたご婦人で「うつ病」になる人は少ないのです。逆に元気で男らしくなるのです。

前立腺に隠れていた前立腺ガン(ラテント癌)は、正常組織内でひっそりとバランスよく存在しています。ところが、PSA値が高いと針生検でそのバランスを崩してしまうので、ガン細胞に火がつき、命にかかわる悪性度の高いガン細胞に変身してしまうのです。


バランスの乱れで生じるヒトの病気は、幾重にも重なるバランスを十分に認識して治療しなければ、逆効果になるので注意が必要です。

| | コメント (0)

Tumor Dormancy Therapy 癌の休眠治療

Tumordormancybook癌の治療で手術ができない場合、あるいは不完全な手術の場合は、手術後に抗ガン剤などを使用した化学療法が一般的に行われています。

通常は体重当たり(◯◯mg/kg)、体表面積当たり(◯◯mg/m2)の投与量が決まっており、一般的にその通りに処方し治療します。検査などで確認できるガンの大きさが縮小して、主治医も患者さんも安心します。

しかし、それは一定期間に限られているのです。ある時期を境にガンの勢いが急に増して増加・増大し、最終的には患者さんはガンでお亡くなりになります。現実的にはあらゆる診療科でそのような症例がたくさん存在します。

素人的発想で思えば、ガン細胞を殺す抗がん剤で、何故に全滅出来ないのだろうと思いますよね?何故このような現象が起きるのかと言えば、抗ガン剤でガン細胞のすべてを消滅させることが出来ないからです。ガン細胞に抗がん剤の効果を確認する実験は、ガラス・シャーレで培養したガン細胞に薬液(抗がん剤)を注入し反応を観察するのです。実験のガラス・シャーレにガン細胞は2次元的に均一に広がっていますから、薬液は満遍なく注がれます。ところが、生体内のガンは3次元的立体的構造で存在します。表面に存在するガン細胞と、深部に存在するガン細胞とでは生きるための環境が異なります。毛細血管に接する表面のガン細胞は、当然ながら抗がん剤で容易に死滅しますが、毛細血管の届かない深部のガン細胞は生き残ります。生き残ったガン細胞は、死滅したガン細胞の情報を得て、抗ガン剤を勉強して抵抗力を工夫し、そして一気に増えるのです。

Tumordormancyppイラストは高橋豊著の「Tumor Dormancy therapy」という医学書に記載された、抗がん剤の治療での効果推移と生存期間を示したイメージグラフです。常識的・標準的な投与法・投与量でガンを治療すると、一時的には極端に収縮(50%以下)しますが、一定の期間が過ぎるとガン細胞が急に増え始め、抗がん剤も効かなくなり患者さんは亡くなるのです。しかし、抗がん剤の投与量と投与法を少なくすると、当然としてガン細胞の減少・収縮の効果はそれほど期待できませんが、不思議なことに生存期間は、延びるのです。そうです、延命効果が期待できるのです。このイラストを考案した研究者によると、抗がん剤の処方量が少ないと、免疫力の低下や体調の低下もわずかなので、ガンに対する抵抗力も維持できるので、標準治療に比べて延命効果が出ると言うのです。ガン細胞を抹殺するのではなく、抗がん剤を利用してガン細胞を休眠・冬眠させようとする考え方です。ある意味でガンと共存しようとも言えます。

しかし、この先生の考え方は、私は不十分だと思います。抗がん剤の副作用だけに注目しているからです。なぜかと言えば、ガン細胞は物でなく生命そのものです。例えば、細菌感染症の患者さんに、抗生剤や抗菌剤を長期間繰り返し繰り返し投与すると、抗生剤の効かないバイ菌が生まれるのです。いわゆる、薬剤抵抗性細菌と呼ばれます。バイ菌でさえ工夫して工夫して薬剤抵抗性の能力を確保するのに、高度の細胞である人間の細胞は、もっと能力が高いのに決まっていますよね?人間の細胞から変身したガン細胞にも同様の能力があるはずです。

前立腺ガンも他のガン細胞と同じです。標準的なホルモン治療を行うことで、50%以上の危険率で発生する「去勢抵抗性前立腺ガン」も、これまでお話ししたガン細胞の努力・工夫の結果と同じと考えます。以前にお話しした「去勢抵抗性前立腺ガンの対応」で解説したように、少量・微量の抗がん剤やホルモン剤で前立腺ガン細胞は確実に抑えることができるのです。

  【参考】去勢抵抗性前立腺ガンの対応 

 

| | コメント (0)

隠れた排尿困難で苦しむ前立腺ガンに患者さん

 静岡から70歳代の男性が前立腺ガンの相談に起こしになりました。PSA値が162(正常値4.0)にもなり、地元の基幹病院で骨シンチ検査を行ったら、左肩・左肋骨・骨盤・左大腿骨に前立腺ガンの骨転移が発見されたのです。

4月25日に前立腺針生検を行ったところ、14本中14本にガン細胞が発見されました。前立腺全体にガンが広がっていることを示しています。悪性度はグリソンスコアGS4+4=8の悪性度の高いガンだったのです。(GS5以下=軽度悪性、GS6・7=中等度悪性、GS8・9・10=極めて悪性)

ところが、患者さんは骨の痛みを訴えているのではなく、排尿困難と尿失禁、下腹部の痛みと陰部と下半身の浮腫み(むくみ)を訴えているのです。地元の主治医に症状を訴えても、「前立腺ガンだから仕方がない。早く前立腺ガうンの治療をしてください。」と言うだけで、症状に対する治療はしないのです。

Pcaretension37235m76pp悩んでいた時に、ある製薬会社の主催する前立腺の講演会が地元で行われていました。もちろん参加して視聴していた時に、隣の席の人と会話をしたのです。ご自分の今の悩みを少し口にしたら、その人が「騙されたと思って高橋クリニックに相談に行きなさい」と勧められたのです。たまたま当院に通院している患者さんだったのです(笑)。

早速、エコー検査を行い前立腺ガンを観察しました。先ずお腹を見たら…『!?……何だこれは!』お腹がパンパンでガッチガッチなのです。どう見ても「尿閉」です。そして陰部もむくんでいるのです。エコー検査で観ると、膀胱はパンパンです。そして、膀胱の粘膜が凸凹=肉柱(にくちゅう)形成が認められました(白い矢印)。これは明らかに排尿障害の後遺症の所見です。

2fae7c7c41074a9ea574a7cad162a238早速、カテーテルを使って導尿をしました。何と!1700㎖(写真)も取れたのです。患者さんはお腹がスッキリになりました。数ヶ月前に残尿が500㎖と言われましたが、「前立腺ガンだから」と言って主治医はそのまま放置したのです。そして体重も、この1ヶ月で5kgも増え、下半身もむくんだのです。その話しを必死に訴えても、無視されたのです。どう考えても、【前立腺肥大症→→→排尿障害→→→尿閉→→→閉塞性腎機能低下→→→浮腫み→→→体重増加】だったのです。

Pcaretension37235m762ppさらにエコー検査で前立腺を詳細に観察しました。前立腺の大きさは70cc(正常20cc)の一見前立腺肥大症ですが、前立腺の全体像が均一ではなく、外腺の左右に黒い部分(赤い矢印)が認められ、おそらく前立腺ガンの所見です。直腸触診で前立腺は全体的に硬く、左右のそれぞれ一部にさらに硬いシコリが触れました。おそらく、この2つの部分が前立腺の被膜を破り、前立腺の外に出て骨転移になったのでしょう。

この患者さんの現時点で一番辛いのは、前立腺肥大症による排尿障害です。前立腺ガンの治療も大切ですが、今、命に関わる病気は閉塞性腎機能障害に他ありません。ガンのことしか考えていない馬鹿な医師がいるのです。患者さんの状況を把握して、治療の優先順位を考えなければならないのです。もしかすると、4月ごろに行った前立腺の針生検がキッカケで、排尿障害が増悪して尿閉になったのかも知れません。取り敢えず先に、前立腺を小さくするプロスタールを処方して、排尿障害の治療薬であるユリーフを処方しました。

骨転移しているステージ④の前立腺ガンの治療は、針生検を実施した地元の基幹病院で行なってもらったら?とアドバイスしました。しかし、患者さんは当院での治療を希望されました。私の奇想天外の治療も同時に開始することになったのです。

| | コメント (0)

喫茶店で遭遇


364e2a55b3cd40caabca73fbe744b81b

私は手術がなかったり、用事がない時には、健康と認知症予防のために、近所を散歩しています。途中で休憩のために寄るのが、ブログに時々紹介するコーヒー店「楡」です。1953年から営業している歴史のあるお店です。私が1952年生まれですから、創業66年です。そのお店のご主人、奥さま、娘さん、お祖母さんがあインフルエンザワクチン接種などで高橋クリニックに訪問されています。

さて、コーヒーを飲みながらiPhoneでブログを書いていると、近くの席に80歳代のご高齢の男性がお座りになりました。そして娘さんと待ち合わせしているようでした。10分ほど遅れて娘さんがいらっしゃいました。仲良くお話をしてコーヒーを飲まれていました。

一つ席を置いた側でお話しをされているので、自然とお話しの内容がところどころ耳に入って来ます。お父さんが何となく現在の医師(主治医?)に対して愚痴を言っているようでした。お嬢さんはそれを「うんうん」とうなずいていました。しばらくすると、お嬢さんが「午後4時になったら、高橋クリニックは開いているのかな?」と言って席を立とうとしていました。

私がそのお嬢さんに向かって手を挙げながら「高橋クリニックです。(笑)」と言いました。お二人はビックリしました。実は、この方は某・癌研で前立腺ガンが発見され、その治療方針に悩んでいたのです。主治医にいろいろ質問しても納得のいく説明がなく悩んでいました。たまたま私の自著「本当はこわい排尿障害」をお読みになり、セカンドオピニオンのために高橋クリニックに行こうと思ったのです。私は買い物があったので、「後でお会いしましょう!」と言って「楡」でお別れしました。

Pca5725m80nire

さて、早速エコー検査を行いました。写真のように前立腺外腺に、ガンと思われる陰影が確認できました。(赤い矢印)前立腺針生検の結果は、主治医から詳しくは教えてもらえなかったのですが、お話しの内容と前立腺の触診所見の硬さから推察して、おそらくグリソンスコア4+4=8です。後日、骨シンチで前立腺ガンの骨転移を確認するそうです。その結果で、今後の治療を決めるのですが、ご本人は重粒子線治療を希望されています。それまでの対処の仕方や治療に関して解説してのです。

| | コメント (0)

前立腺ガンを心配する患者さんに「ひと言」

PSA値が高く前立腺ガンを地元に医師に疑われ、当院に飛行機や新幹線を使って来院する患者さんがたくさんおられます。その患者さんの中で実際に前立腺ガンを確認できたのが、12%でした。2年間にPSA値が高い人が500人来院して、その内60人に、触診と超音波エコー検査で前立腺ガンを確認できました。440人には前立腺ガンは確認できませんでした。ただし、絶対にガンがないとは言い切れませんから、半年に一度、あるいは1年に一度のペースで定期検査に来ていただいています。前立腺ガンの倍加速度(細胞の数が2倍になるまでの期間)が、2年~30年とされていますから、年に1回の定期検査でも十分と思われます。

前立腺ガンの5年生存率や10年生存率をその他の癌と比較してみましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【癌ステージ②:5年生存率、10年生存率 】

前立腺癌:99%(100%)、80.6%(100%)

食道がん:52.2%、27.5% 

胃 がん  :58.7%、43.4%

肝臓がん:32%、13.2%

肺 がん  :48.8%、22.9% 

膵臓がん:15.9%、7.4% 

大腸がん:81%、64.2%
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【5年生存率は2008年~2010年。10年生存率は2002年~2005年のデータ】

ちなみに前立腺ガンの(100%)は、健常者の生存率と比較して全く同じ=100%と言うことです。

この表を見て、どう思われますか?他のガンと比較すると、前立腺ガンは断トツに良性ですよね?まして健常者の寿命とほぼ同じなのです。これから考えれば、前立腺ガンを積極的に治療する必要があるのだろうか?と思われます。

Kanngaeppところが一度PSA値が高く前立腺ガンを疑われたら、その後ズ~と『前立腺ガン(悲)、前立腺ガン(涙)、前立腺ガン(悩)』と悩まれる続ける患者さんが多くおられるのです。そこで私は患者さんに次のような事をお話しします。

「人間は思ったものにしかなれないのです。高層ビルを作りたいと思ったから、資金を集め設計し建築会社に依頼して建物が建てられるのです。例えば、私は医師になろうと思ったから医師になれたのであって、誰かが私に相談もなく医師にした訳ではありません。要するに、この世界はヒトが『思った事しか現実化』になれないのです。ですから、逆の悪い意味でガンの事ばかりを考えていると、現実化して癌ができてしまいますよ。ネガティブな事ばかり考えているとネガティブな現象が起き、ポジティブな事を考えていればポジティブな現象になりますよ。」

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

去勢抵抗性前立腺ガンCRPCの対応

前立腺ガンの一般的な治療は、男性ホルモンを徹底的に抑えるホルモン治療です。通常、脳下垂体から下垂体前葉を刺激するLHRHホルモン関連(アゴニスト・アンタゴニスト)を注射するのです。すると、次第に睾丸が刺激ホルモンに対して抵抗を示し男性ホルモンを作らなくなります。結果、男性ホルモンがほぼゼロになるのです。

前立腺ガンは、男性ホルモンに依存して増殖しますから、男性ホルモンがゼロだと、ガン細胞は次々に死滅していきます、……しかしながら、この治療を5年ほど続けると、ガン細胞にも新しいアイデアが湧くのです。『そうだ!巡って来る男性ホルモンをじっと待って頼らないで、自分で男性ホルモンを作ればいいんだ!』とガン細胞が自らの力で男性ホルモンを作るのです。

それが、去勢抵抗性前立腺ガンなのです。では、このような状況にならないように治療すればいいのです。現在の治療は、徹底的にガン細胞を殺そうとするからいけないのです。

Cell2細胞は一般的に細胞周期と言われる時期があり、細胞分裂の時期は細胞周期の5分の1つまり20%になります。がん細胞は分裂を繰り返せば繰り返すほど、突然変異して悪性度が増加するのです。しかし、その分裂時期がガン細胞にとっては恐らく弱点の時期です。抗がん剤やホルモン剤が届きやすいのは、毛細血管に接しているガンの表面に位置するガン細胞です。ですから、1日1回の抗がん剤投与で、表面に位置するガン細胞が20%の分裂期の細胞だけ死滅するでしょう。この程度の死滅量であれば、深部に位置するガン細胞たちは気がつかないので、悪性度が増加する機会を防ぐことになります。

Cellmass前立腺ガンの細胞分裂は、文献的には45日に1回のペースです。ですから、少なくても45日に1回の投与でガン細胞に気付かれなくガン細胞の増加は抑えられるでしょう。しかし、それではガンを小さくすることは出来ませんから、投与頻度を上げればいいのです。30日に1回、14日に1回、7日に1回と投与すれば、ガンに気付かれずにガンは確実に小さくなります。そこで実際にガンが小さい患者さんには2週間に1回、ガンの体積の大きい患者さんには1週間に1回、クスリを投与すると確実に小さくなります。病状が落ち着いてきた患者さんには1ヶ月に1回1カプセルの方もおられます。

一般的に前立腺ガンの治療は、男性ホルモンをブロック抑えるクスリが使用されています。確かに男性ホルモンに依存する前立腺ガンは、ブロックされることで死滅します。しかし、生き残った男性ホルモンの依存度の高い前立腺ガンは、『イライラ💢、……何とかしなければならない!』と思うに決まっています。それが、前立腺ガン自らが男性ホルモンを作る去勢抵抗性前立腺ガンの由来なのです。

そこで、男性ホルモンをブロックしないで、そのままにして前立腺ガンにダメージを与えるクスリを使用すればいいのです。それが、女性ホルモンと抗がん剤の合剤である「エストラサイト」なのです。女性ホルモンの受容体=レセプター=スイッチは前立腺ガン細胞の表面にも存在します。女性ホルモンがガン細胞の表面に接すると、レセプターを介してガン細胞内に侵入してガン細胞にダメージを与えるのです。抗がん剤も同様です。男性ホルモンをブロックすることで、ガン細胞に飢餓感を与えずに死滅できるので、去勢抵抗性前立腺ガンを作る余裕をなくすことができます。

通常エストラサイトは、毎日4カプセル投与ですが、それを私は1週間〜2週間に1回1カプセルしか処方しません。正式投与量の1/28〜1/56です。それでもガンは確実に小さくなります。また投与量が極端に少ないので、クスリの副作用もわずかです。一石二鳥です。もちろん作用は正式投与量に比較すれば、速度は遅いですが、副作用は極端に少なく去勢抵抗性前立腺ガンの発生も遅延します。

前立腺ガンに効果のある抗がん剤を発見して、有効血中濃度を決め投与することは間違ってはいません。しかし、その発想工程はガン細胞の生き物としての個性を無視して物として扱っています。ガン細胞は人間の細胞で出来ている訳ですから、患者さんが頑固であれば、ガン細胞も頑固に決まっています。クドければ細胞もクドい、研究熱心であれば細胞も研究熱心、短気であれば細胞も短気に決まっています。患者さんの個性を見ることで治療法をより繊細に対処しなければなりません。

これほど工夫しても、患者さんによっては去勢抵抗性前立腺ガンになるのです。その場合は、治療薬を工夫して、イクスタンジを選択します。 イクスタンジは前立腺ガン細胞内で作られた男性ホルモンをブロックする作用があるのです。前立腺肥大症の治療薬であるプロスタールで治る患者さんもおられます。

| | コメント (2)

頻尿とは無関係…前立腺ガン

Pca37102m81bladpp先日、患者さんからご紹介された80代の男性がご夫婦でお越しになりました。

その男性の悩みは頻尿でした。毎日10回以上の頻尿と尿意切迫感で悩まれていたのです。地元の総合病院で治らない頻尿のことを何べん訴えても、同じお薬をただ処方されているだけでした。医師であれば、目の前の患者さんの訴えに応じてお薬の工夫をしなければなりません。

早速、エコー検査を行いました。前立腺の大きさは43ccと通常(20cc)の倍の大きさでした。また膀胱の壁がデコボコしています。これは、排尿障害による膀胱への物理的負荷が長期間かかることによる肉柱(白い→)形成の結果です。体質の関係で前立腺の全体像が詳細に観察できないので、一度、排尿していただきました。

 

Pca37102m81pp

排尿後に残尿測定をしたところ、40㏄以上も残っていました。すると、前立腺が詳細に見えたので、入念に観察しました。膀胱縦走筋が変形して肥厚しています。排尿障害の証拠です。また、前立腺の実質の中に前立腺結石を認めました。これも排尿障害の証拠です。膀胱三角部の粘膜が白く輝いています。これも膀胱出口が十分に開かないで排尿するために生じる膀胱出口の振動が原因で膀胱三角部の粘膜が硬くなった証拠です。つまり排尿障害による膀胱三角部の過敏による頻尿が、この患者さんの症状なのです。

Pcaind_1

さらに詳細に前立腺を観察すると、…あってはならない影が見えるのです。そこで前立腺の直腸触診を行うと、前立腺の左葉から中央にかけて硬結が触れたのです。明らかに前立腺ガンでした。

 

Pca37102m81pcappもう一度、エコー検査で確認すると、前立腺外腺組織の左葉から中央にかけて前立腺ガンの陰影(赤い→)が確認できました。前立腺ガンと思われる陰影の大きさは1.54㏄です。

今回の患者さんの悩みは頻尿でしたから、まずは頻尿の治療を優先としました。前立腺ガンの治療は帰宅後どうするのかお考えくださいとお話ししました。

後日、改めてお越しになり、私の奇抜でユニークな治療をすることになりました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

前立腺ガンを2年間放置…その結果…

Pca34801m57pp
3年前の平成28年7月にPSA値8.31と高くて来院した50歳代の男性患者さんのエピソードです。

触診とエコー検査で前立腺の右葉に前立腺ガンが確認できました。私オリジナルの穏やかな治療を開始しました。5ヶ月経過すると、エコー検査でも触診でも、ほとんど確認ができないほど前立腺ガンは小さくなりました。その患者さんは、埼玉から通院していましたが、家庭の事情で九州に転居することになりました。

Pca34801m572pp
遠方の患者さんには、お薬を着払いでお送りすることはできますから、そのようにお話しをしていました。
ところが、この患者さんは、転居の前後である本を読み、「癌は何もしないで自然に任せるべきだ」という内容に感銘を受けて、お薬を止め治療を何の相談もなく中止してしまったのです。せっかく治療効果が得られたのに…私からしてみれば、顔にドロを塗られた思いです。その後、2年余り何もせずに前立腺ガンを放置してしまったのです。
ところが、最近になって健診で内科の医師がPSA検査したところ、PSA値が57を超えるほど高くなってしまいました。地元の泌尿器科を受診したら、このまま何もしないでいると、苦しんで死ぬと脅され、気持ちが不安定になりました

早速、エコー検査を行うと、写真の如く前立腺の堅い被膜(白点線)から直腸側に前立腺ガンの陰影が突出しています。触診でも、明らかに硬い前立腺ガンが突出していました。
前立腺ガンの明らかな悪化・進行・侵攻です。
この患者さんに、次のように説明しました。
❶初診時に前立腺ガンとお話ししました。
❷治療により前立腺ガンが激減したことは確認しましたね?
❸しかし、貴方は読んだ本の影響を受け、ガンの積極的な治療をしないで、自然経過を選択した。
❹治療を中止すれば、再発・悪化のリスクが高くなるのは、常識的に当然です。
❺現実、現在の貴方の前立腺ガンは大きくなり、前立腺の被膜を超えて、ステージⅡ→ステージⅢ以上に悪化しています。それがPSA値57です。
❻読んだ本の影響で「何もしない」と決めたのなら、男らしく自分の判断を貫きなさい。一度決めたことは貫きなさい!地元の医師の言葉くらいで動揺するな!
❼今後の治療は、するしないは別として、地元の医師と十分相談しなさい。

ある意味でドクハラ・ドクターハラスメントかもしれませんが、以上のようにアドバイスをしました。
そして、言葉少なくお帰りになりました。自分の人生ですから、患者さんも私も自分の意志を通すべきです。


| | コメント (3)

グリソンスコア5+5=10のラテント癌

今回、ご紹介するのは、PSA値が高く心配になり、平成29年6月に来院した72歳の男性患者さんです。
平成28年にPSA値が5以上になり、診療所や大学病院で前立腺針生検をすすめられました。当院初診時には、超音波エコー検査でも触診でも、前立腺癌の所見は認められませんでした。

夜間頻尿(2回~6回)があり、超音波エコー検査で前立腺結石と膀胱三角部の肥厚を認めたので、排尿障害によるPSA値上昇と判断したのでした。
Img_1203
その後も超音波エコー検査と触診を2回実施しましたが、前立腺癌の所見は得られませんでした。
その間、PSA検査を受け、その値が11を超えることもあり、患者さんは悩みました。また、周囲の友人のアドバイスも受け、私に内緒で、某がんセンターで前立腺針生検を受けてしまったのです。その結果、12本中2本に前立腺癌が発見されてしまいました。それもグリソンスコア5+5=10の悪性度の一番高い前立腺癌でした。
エコー検査や触診で確認できなくて、針生検で12本中2本ですから、ステージⅠのラテント癌ということです。問題なのは、悪性度の高いグリソンスコア10の前立腺癌を針生検で刺激してしまったことにあります。患者さんは、急いで当院を受診して今後の方針を相談に来られました。半ば後悔をしているようです。
Img_1201_2
先ず、針生検した病院での治療方針が決まるまで、骨シンチ、MRI検査の結果待ちで3週間ほどありました。主治医は何も考えずに、計画を立てて待っています。
その間に針生検による傷害を治すために、体内の免疫・炎症システムが活発になります。結果、免疫細胞に傷付いた癌細胞は、マクロファージに貪食されるか、別の場所に運ばれてしまいます。

Ilastakuninpp
能力の高い前立腺癌細胞が、自分たちの受けている状況を何もせずに傍観している訳がありません。癌細胞にとって、出来ることは、細胞分裂しかありません。癌細胞が細胞分裂をすればするほど悪性度が増すのです。癌細胞は通常3〜6週間に1回バラバラに分裂しますから、放置できません。
治療方針が決まるまで、エストラサイトを週1回1カプセルの低容量を服用してもらいました。その後、重粒子線治療を決めたのですが、人気で混んでいるため9月に開始することになりました。それまで、エストラサイトを続けて服用していただきました。

今回の記事は、この患者さんからのご希望で掲載しました。いろいろな体験をされる患者さんがおられます。記事を参考にベストの選択をされてください。


| | コメント (13)

より以前の記事一覧