« 2021年7月 | トップページ

前立腺ガンの治療

今の前立腺ガンに対する治療は、患者さんが、一般の方法だと、4年〜5年で死亡してしまいます。このワンパターンの治療は避けましょう。

前立腺ガンに対する考え方をお教えしましょう。

❶男性は40才の中年を経過すると、男性ホルモンが低下して、前立腺が何とかしようとします。そこで前立腺は男性ホルモンを作成しようと前立腺ガンを作るのです。前立腺ガンが男性ホルモンを作成すると、悪性度が増して4年〜5年で死亡してしまうのです。

❷また、前立腺を針生検をして前立腺ガンの見つけて男性ホルモンを低下させると、前立腺ガンの悪性度が増してしまうのです。

❸ですからPSAが高くなっても針生検をして前立腺ガンの細胞を確認してはいけないです。針生検だけでも炎症は生じて悪性度に低い前立腺ガンも悪化してしまうのです。

❹肛門から触診をして前立腺ガンが触れなければ、半年ごとに触診して観察しましょう。また、大豆イソフラボン(ドクターアグリマックス)を利用して男性ホルモンが元に戻ったと前立腺に誤解させるのです。

❺肛門の触診で前立腺ガンが確認されたら、次の治療をします。①エストラサイト(女性ホルモン+抗がん剤)、イクスタンジ(前立腺ガンの細胞の男性ホルモンを低下させる)、③ザルテイア(治療するガン細胞をリラックスさせる)のです。ただし①と②は毎日4カプセルを内服しますが、その量だと前立腺ガンが認識して悪性度が増大するかもしれないのです。これを防ぐために週に1錠にするのです。そうすれば治療している前立腺ガンは治療しても認識せずに少しずつ死滅するのです。

❻また前立腺ガンも男性ホルモンが低下すればするほど悪性度が増大します。それを踏まえて、大豆イソフラボン(ドクターアグリマックス)を投与すれば、前立腺ガンは男性ホルモンが上昇して若返ったと誤解して、前立腺ガンは悪性度が低下するでしょう。そのためにドクターアグリマックスを内服してください。

なかなか面白い考え方でしょう。おかげで10年以上も生きている患者さんがたくさんおられます。教科書どうりのの考え方は注意しなければなりません。

| | コメント (0)

前立腺肥大症を理由

一般に医師は前立腺肥大症が原因で排尿障害になると思っています。しかしながら本当の違います。

前立腺肥大症になった男性は、もともと排尿障害走あったのです。

❶若い時から頻尿や慢性前立腺炎頑張りあったのです。本人は「私の体質だ!」と思っていたのてす。

❷長い時間をかけて排尿障害が続くと、前立腺に物理的に負担がかかり、前立腺が大きくなり前立腺肥大症になるのです。

❸ですから頻尿や慢性前立腺炎の男性は若い時から排尿障害の治療を行なえば前立腺肥大症入院ならないのです。

❹前立腺肥大症になったら当然、前立腺を小さくしなければ排尿障害は改善しません。そのため前立腺を小さくさせる女性ホルモンに近い薬剤を処方されるのです。

❺こんな事にならない様に、若い時から排尿障害の治療をしましょう。そうすれば前立腺肥大症になりません。(笑)

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ