« 膀胱・直腸の違いで分かる病気の本質 | トップページ

休診のお知らせ

【休診日】
12月30日~1月4日休診です。
仕事納め:12月29日(土曜日)
仕事始め: 1月5日(土曜日)

1月12日(土)は臨時休診です。

【診療時間】

月曜日〜土曜日: 午前中9時~12時診療を行います。
ただし、火曜日・木曜日のみ、午後4時〜午後6時も診療を行います。

|

« 膀胱・直腸の違いで分かる病気の本質 | トップページ

コメント

初めてご相談させていただきます。私は70歳の男性ですが、6年ほど前から前立腺肥大の診断を受け地元のクリニックに通院しています。これまで、10回ほどPSAの検査を受けてきましたが、低い時で9.41高い時で17.10など高低差を繰り返しています。最近のエコー検査での前立腺の肥大度は3.6ミリ×4.3ミリと診断されています。毎晩ほぼ1時間おきに排尿ためにトイレに行かなければならい状態が数年続いています。現在まで、処方されている薬は、エルサメットS配合錠・ナフトビジルOD錠75㎎・クロルマジノン酢酸エステル徐放錠50㎎です。今後、どのように治療をしてゆけばよいか迷っています。ご指導いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。  武田 ○○。
【回答】
ナフトビジルをユリーフに変えた方が良いでしょう。
さらに頻尿治療薬のベタニスを併用すると良いでしょう。

投稿: 武田○○ | 2018/02/25 11:29

初めまして。私は63歳の男性です。今年の1月にholep手術をうけました。手術前半年間自己導尿を一日4回しておりました。術後も残尿が残ることを覚悟で手術を受けました。医師からは一日一回残尿が無くなるように導尿を勧められ、やっているのですが残尿がうまく出せません。膀胱の変形のせいなのでしょうか。何か治療法はないものでしょうか?よろしくお願いします。
★回答
現在の状況を確認しなければ、お答えできません。

投稿: | 2018/03/08 16:07

高橋先生 初めまして。71歳の男性です。先生のブログはいつも拝読しており、生検に対する貴重なご見解と的確なご指摘に常々感銘しております。この度はメールで失礼とは思いつつも、悩んでご連絡を差し上げた次第です。私は4年前、総合感冒薬がおそらく引き金となって初めて尿閉を起こし、駆け込んだ地域病院で前立腺肥大が判明しました。病院によると前立腺体積は83g、PSA値は6.3、触診で癌ではないとのことでした。直ぐにアボルブとユリーフを処方され、一年後に72g、PSAは3.7に下がりました。低血圧で時々貧血があるため、2年前からユリーフを止めてアボルブのみになりました。現在は自宅近くの泌尿器科医院でお世話になっており、今年2月の計測で体積70g、PSA2.9です。医院の話では、私の年齢から考えて今のうちに手術する必要があり(ホーレップという手術だそうです)、ある病院を紹介すると言われていますが、入院の際に十数カ所の生検を行うそうです。しかし高橋先生のブログを拝読して、生検だけは避けたいと考えるようになりました。そこでご教示いただきたいのですが、この前立腺の大きさになると手術は避けられないものなのでしょうか、またアボルブを4年間も飲んでいて前立腺の体積がほとんど減少しないのはなぜなのでしょうか。高橋先生のご見解をいただければ幸いです。お忙しい中を恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。
★回答
アボルブの効果は、前立腺の大きさが25%減が限界です。
83→70位でしょう。
プロスタールであれば、50%減位になりますから、試してみてはいかがでしょうか?
一般的に、前立腺肥大症の手術前に針生検をするのは残念ながら常識です。

投稿: 71歳 男性 | 2018/03/16 17:26

高橋先生 お忙しい中を早速にご教示をいただきありがとうございました。アボルブでは25%の減少が限界であること、よく分かりました。また手術をする場合には事前の生検が避けられないことも理解しました。現在は排尿の状況がそれほど深刻ではないので、近々プロスタールに薬を切替えて結果を見たいと思います。貴重なアドバイスをいただき心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

投稿: 71歳 男性 | 2018/03/16 22:52

PSA値が高く、人間ドックを受けた病院からは、強く針生検を勧められています。一度、高橋先生に診てもらいたいのですが、病院の所在地が分かる病院名やホームページを教えて頂けないでしょうか。
★回答
このブログをパソコン設定して、右手のブロックに記載しています。
東京都大田区の高橋クリニックでインターネットで検索してください。

投稿: 北川 | 2018/04/06 11:12

高橋先生
今年の5月24日、6月21日にお世話になりました者です。その節は有難うございました。
処方頂きましたエストラサイトの継続使用についてご相談いたします。
当地の医師より、毎月のエコーの陰影は縮小し変化なし、しかし、血液検査で貧血症状(今回ヘモグロビン値11.1g/dl)で数値が下がり続けていると指摘されました。
副作用も考えられるので、服用量(1カプセル/週)
又は、薬の変更を相談して欲しいと言われました。
その他の症状として、両乳房の腫れと痛み、頻尿症状(夜間1回が3回、尿量普通)、睾丸部の違和感が出ています。
遠方在住にて直に伺えません。
申しわけありませんが、メールにてご相談いたします。よろしくお願い致します。
2018/09/25
【回答】
薬を中止して、様子をみてください。
その後は、地元の医師にご相談ください。

投稿: | 2018/09/26 05:55

はじめまして
南馬込在住の69歳 男性です
ここのところ、いわゆる、前立腺肥大症ではないかと悩んでおります

時間帯(日中・夜間)・気温(寒・暖)により差はありますが、
特に夜間帯に
頻尿 (22時~6時に4回程度)
排尿困難(尿が出にくい、細い、力みがちになるなど)

自然に回復するものでしょうか、
【回答】
続くでしょう。」

ご相談に伺ったほうが良いでしょうか、
歳も歳なので投薬で緩和される程度で良いのですが、
【回答】
お薬で経過をみれば良いでしょう。」

アドバイス頂ければ幸いです。

投稿: Fumiaki N. | 2018/10/05 11:13

高橋先生
12月12日(水)にお世話になったHM(No.36078)です。小線源療法後PSA値が継続的に上昇し憂鬱な状況でしたが、エコー&触診の結果として膀胱頸部硬化症との診断をいただき安堵しております。
今後は(居住地が遠距離という事情もあり)例えば年1回程度先生に診ていただくことで経過観察になり得るでしょうか。
★回答
はい。」

地元病院にて3ヶ月毎のPSA検査を継続すべきでしょうか。
★回答
半年に1回くらいで」

以上アドバイスいただければ幸いです。

投稿: HM | 2018/12/16 18:04

高橋先生
HM(No.36078)です。
早速のアドバイスありがとうございました。
承知しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

投稿: HM | 2018/12/17 05:27

68歳、男性です。
昨日3年ぶり(母の介護もあり中々家を空けられず)にPSA検査をしたところ4.049(3年前は2.73)でした。触診・エコーでは特に異常はなかったようですが、念のためとMRIを勧められ、画像専門クリニックで施行して来ました。結果は来週聞きに行きます。MRI検査を勧められたのが気になりますが、3年間でのこの上昇では悪性の可能性は如何なものでしょうか?
なお、肥大と前立腺炎もありハルナールとセルニルトンを服用中です。よろしくお願い致します。
★回答
前立腺肥大症と慢性前立腺炎があれば、PSAは高くなるのは当然ですね。

投稿: KEN | 2019/02/01 16:37

高橋先生お忙しい中でよろしくお願いします。
 2016年9月に先生から診察をしていただいたNO34975です。
 その際、前立腺癌の初期だろうとの診察でした。
 その一ヶ月後、自宅近くの病院(がんセンター)に検査を受けに行ったところ、PSA値が1.1で直腸疹とエコー検査でも特に異常がないとのことで経過観察となりました。
★回答
今まで治療はしてなかったのですか?
また、定期的に検査していなかったのですか?」

 1年後2017年10月に検診を受けたところPSA値が8.0と上がっており、その際の検査では少し硬いところがあるけど特に悪いところはないとのことでした。
★回答
その時点で前立腺ガンの疑いが強かったのです。」

 そして2018年3月にはPSA値が10.3とさらに上昇、9月には12.0となっており、直腸疹、エコー検査をしたところ左に気になるところがあるとのことで針生検を行うことになり、今年1月22日針生検をしました。その結果、左右に癌が見つかり、左からグリソンスコア9が2本見つかりました。ステージはT2です。
 私はこれまで特に問題ないと言われていたのもあって、この結果に私も妻もすごく動揺しています。
★回答
定期的に検査を受けなかったのが問題です。」

 今月18日に骨シンチとCTを行う予定ですが、先生がブログで「ガン細胞は3週間から6週間で増殖する」とのことが書かれていたのを見て、検査結果が出て、治療を開始するまでには何ヶ月も待たなければならないと思うと、その間に悪性であるだけに転移などをするのではないかととても大きな不安を抱えています。
★回答
治療すべきですね。」

 先生に診察していただきたく思っていますがよろしいでしょうか。
★回答
どうぞ。

投稿: S.A | 2019/02/04 21:35

高橋先生早速の回答ありがとうこざいます。
できるだけ早くお伺いしたいと思います。よろしくお願します。

投稿: SA | 2019/02/05 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 膀胱・直腸の違いで分かる病気の本質 | トップページ