« 尿意の秘密 | トップページ | 排尿障害が原因のいろいろな病気 »

新たなβ3作動薬

Beova
近々、新たなβ3作動薬が販売されることになりました。
キッセイ薬品と杏林製薬の併売です。これまでは、アステラス製薬のβ3作動薬のベタニスしかありませんでした。ベタニスも画期的なクスリでしたが、全ての人に均一に効果があるとは限りませんでした。
治療する側の医師としては、下部尿路症の患者さんにいろいろなお薬で治療しますが、その人に合う薬を見つけるのが大変です。少しでも選択肢が増えると、医師も助かるし、患者さんにとっても有益です。

これまで、ベタニスの効果が得られなかった人や副作用のために中止された人にとっては、朗報です。

|

« 尿意の秘密 | トップページ | 排尿障害が原因のいろいろな病気 »

コメント

いつもお世話になっております。
私は、松浦(診察No、28262)です。先生のブログによりますと、体調がすぐれない中、患者のために常に尽力されている様子がとてもよく伝わってきます。 感謝しながら拝読させて頂いております。 
 さて、毎年健診で実施しているPSAの値が21.37でした。ちなみに1昨年は10.2、昨年は14.08です。
健診を受けた医院では専門医療機関で精密検査を受診してその結果を送付して下さいと言われています。
小生は名古屋の専門医では針生検を奨められるので、受診するつもりはありません。
よって、今まで通り、高橋先生の処方箋通りのお薬を服用していればよろしいでしょうか?ご教示お願い致します。
【回答】
PSA値が高くなったのであれば、超音波エコー検査と触診をしなければなりません。
来院可能であればおこしください。

投稿: 松浦 | 2020/10/22 12:11

愛知県在住の松浦です。
今週の月曜日(16日)高橋先生の診察を受けることができて大変良かったです。
お陰様でここ数日心身ともに快調な日々を過ごさせていただいております。
本当にありがとうございました。
これからもお世話になりますがよろしくお願いいたします。
これから寒くなってきますので、とりわけお体に気を付けてお過ごしください。
先ずはお礼まで!

投稿: 松浦 | 2020/11/19 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尿意の秘密 | トップページ | 排尿障害が原因のいろいろな病気 »