« 前立腺触診の重要性 | トップページ | エネルギーから観た生命力と前立腺ガン »

PSA高値の7人〜8人に1人が顕在ガン

Img_0728
2年前にPSA値が高い患者さんを集計し、前立腺ガンの患者さんの発見率を調べてみました。
延べ人数ちょうど500人の初診患者さんで締めました。その中で前立腺癌と思われた患者さんが60名おられました。確率12%で、8人に1人(500人÷60人)の割合です。
また、先月11月の1カ月間に、PSA値が高くて来院した初診・再診患者さんの内、エコー所見と触診でハッキリと前立腺ガンと診断できた患者さんも集計してみました。
総数115人、その中で、前立腺ガンと確認できた顕在ガンの患者さは17人でした。約14.8%で、7人に1人の割合(115人÷17人)です。過去のデータから考えて、私の経験上、PSA値が高い患者さんの7人〜8人に1人が顕在ガン(ステージⅡ〜Ⅳ)です。
ところが、顕在ガンを除く、6人〜7人の患者さんに前立腺ガンが全くない訳ではありません。この患者さんに針生検を行えば、30%の確率でラテント癌(ステージⅠ)が発見できる筈です。つまり、6人〜7人の中で2人から前立腺ガンが発見されるでしょう。2年前の500人ー60人=440人のうち、30%の患者さん(440人×30%=132人)の132人のステージⅠのラテント癌が発見されるのです。

Img_0729
このエコー検査の写真は、PSA値が高く針生検を受けた患者さんの所見です。前立腺ガンの影は見えません。単に前立腺肥大症の所見だけです。ところが、前立腺肥大症のために、PSA値が高くなり、針生検を受けてしまい、ラテント癌である前立腺ガンが発見されてしまったのです。患者さんが持参した最初に掲げた説明書には【グリソンスコア6】で良性に近い前立腺ガンでした。つまり、この患者さんは、見つけなくてもいい癌を無理矢理に発見されたのです。ある意味、この患者さんは、治療や手術を受けるかどうかは別として、無理矢理のガン宣告を受けてしまった精神的犠牲者です。医師は、『前立腺ガンを見つけてやったんだ!』と言う気持ちでしょうが、「治療しなくても寿命に影響ないので安心してくださいね。」と告げられても、安心できる訳もありません。

|

« 前立腺触診の重要性 | トップページ | エネルギーから観た生命力と前立腺ガン »

コメント

私、 K/F( 73歳 カナダ在住)は、2016年6月と2017年6月16日、直近では2018年5月17日、高橋先生に診て戴きました。
今年5月に診て戴いた直後カナダに戻り、定期検を受けた時のPSAは15.2に上昇し、早速医師から呼び出しがかかりました。来週医師との面談で針生検を勧められると思います。
その前に、自分なりの予測とスケジュールを立てたいと思いますので、先生のご意見をお聞かせくださいますようお願い致します。

今年5月に受けた高橋先生の診断(触診と超音波)は、ガンの兆候はなく、前立腺肥大(39㏄)が進んだ状態だということでした。
2017年7月カナダでの定期検診でも同じような状況(PSAが上昇)、その時もカナダの医師から生検を勧められたのですが、生検を断り、代わりに2017年秋、日本で、MRI を受けました。そのときの画像診断では、「前立腺内腺は膨大しており、内部に信号異常が認められ、前立腺腫瘍存在の可能性が考えられる。」とあり、前立腺内にあると思われる腫瘍は「ガンの疑いあり」ということでした。これは前回もお知らせしました。

因みに私のPSAの推移ですが、
2015/09/08(6.5), 2016/01/19(6.8), 2016/05/03(7.8), 2017/07/26(11.5), 2017/11/08(※12.45), 2017/12/07(12.05)、2018/06/21(15.2) ※は日本での計測、その他はカナダで計測、カナダでの基準値は6.0

以上の状況から、やはりガンが存在するのでしょうか?
【回答】
分かりません。」

もしその可能性が高ければ、今年秋の帰国を早めて、また先生の診察を受けようと思っています。先生のご意見をお知らせください。
【回答】
いつでもどうぞ。
質問する場合は、診察券の番号を必ず教えてください。
貴方の番号は、#34643です。

投稿: K・F | 2018/06/23 06:23

今回の健康診断の中で、尿検査の白血球の数に異常がありました。
Urinalysis Leukocytesの基準値<25のところ75
でした。
PSA上昇と関係があるのでしょうか
【回答】
無関係でしょう。」

診察券番号;34643

投稿: K・F | 2018/06/23 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前立腺触診の重要性 | トップページ | エネルギーから観た生命力と前立腺ガン »