« 前立腺の触診所見 | トップページ | 前立腺ガン悪性度の見分け方 »

代替医療に希望を託す前立腺ガン患者さん

Pca36080m69psa401ps
関東近郊から来院した患者さんのエピソードです。

平成26年1月に前立腺ガンを宣告されました。針生検を勧められましたが、患者さんは拒否して、治療だけを受けることにしました。前立腺ガンの治療であるリュープリン注射とカソデックス内服です。
PSA値は、0.5まで降下しましたが、思うところがあって平成27年11月に今までの治療を中止したのです。

現在、代替医療で有名なゲルソン療法と自然食に徹しているのです。ゲルソン療法は、コーヒー浣腸を毎日行い、身体の中から悪い物質を排泄することを目的とします。しかし、これら代替医療を懸命に行なっていましたが、PSA値が次第に上昇して、PSA値0.5→47.1まで上昇しました。現在通院しているクリニックから、当院が紹介されて来院しました。

エコー検査で観ると、前立腺の右に前立腺ガンと思われる陰影が認められるます。体積は1.83ccです。
触診所見では、やはり前立腺の右葉に硬結が触れます。ただ硬さは前立腺肥大症に近いものです。ですから、前立腺ガンのグリソンスコア7以下でしょう。

878ed203b1bc4e2392b6de751fbbfb54依頼された医師からは、リュープリン注射とカソデックス内服を初めて欲しいとのことでした。しかし、2年余りの治療にもかかわらず、1年でPSA値が急上昇した訳ですから、今の治療は不十分で、逆にホルモン抵抗性前立腺ガンに変身したのかもしれません。そこで、今まで使用されていない治療を始めてみました。女性ホルモンと抗がん剤を合体させたエストラサイト、ホルモン抵抗性前立腺ガンの癌細胞中で作られた男性ホルモンをブロック阻止するイクスタンジの併用治療を開始しました。
Dcd503fd9c99408886ecc056a87935b9さて、話はまだ続きます。今後、遠赤外線などを利用した温熱療法(ハイパーサーミア)を希望されています。地元に温熱療法を実施している病院があるので、紹介状を書いて欲しいと依頼されました。そこで書きました。この患者さんはどのような経過を見せるでしょうか。

【後日談】
★メール★

高橋先生
明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。年末年始の寺の行事もひと段落し、寺の檀務は愚息に任せ、拙僧はようやく前立腺の治療に専心することが出来ようになりました。
 まず、高橋先生にお詫びをしなければなりません。お忙しい中紹介状をお送り頂きましたのに、その後の情報による思案の結果マイクロ波の治療を選択するこになりました。
 高橋先生にはご連絡もせずご無礼とは存じながら、迷いに迷った結果ですので何卒ご理解賜わりたく伏してお願い申し上げます。
さて、膀胱の内視鏡検査の結果は前立腺がんの浸潤とのことであり、12月8日の初診時の70.63のマーカーも、12月27日の検査の結果では19.88まで下がりました。一番の不安材料でありましたマーカーの落ち着きに安堵の思いを抱くことができ、次へのさらなる治療へと歩を進めることができます。本当にありがとうございますました。
 今後の方向としては、高橋先生の意表を突いたホルモン療法を主体としてマイクロ波治療、免疫療法、遺伝子療法に活路を見いだしていく所存です。
今回のことに見限ること無く今後ともご指導下さいますよう心よりお願い申し上げます。

〇〇覚〇 拝
【回答】
了解です。

|

« 前立腺の触診所見 | トップページ | 前立腺ガン悪性度の見分け方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前立腺の触診所見 | トップページ | 前立腺ガン悪性度の見分け方 »