« 去勢抵抗性前立腺ガンの予防対策 | トップページ | 前立線とガンの気持ち? »

手術後の排尿障害?

60代の男性患者さんが、他の病院で前立腺肥大症の手術を行ったにもかかわらず、以前よりオシッコの出が悪くなったと訴えています。
Postopbns18736m65echops超音波エコー検査で確認すると、前立腺のある筈の部分が綺麗に切除されています。主治医の医師も「前立腺は皮一枚残して削ったから、そんなはずはない。」と取りあってくれないとのことでした。
確かに、この超音波エコー検査所見では、そのような結論になります。

Postopbns18736m65
そこで、超音波エコー検査の見方を変えて、3Dで立体的に観察してみると、前立腺のあった空間から尿道に移行する部分にシコリを発見しました。おそらく、このシコリが排尿障害の原因でしょう。

Postopbns18736m65preop
患者さんは、手術を強く希望されたので、手術を予定しました。
さて、手術当日、内視鏡検査で観察すると、予想通り、前立腺尿道移行部に腺腫の削り残しが認められました。残存の腺腫が、排尿圧力で通り道を塞ぐような動きをするのです。
この残存腺腫が術後の排尿障害の原因だったのです。

Postopbns18736m65postop
残存腺腫を改めて電気メスで削り除去しました。
写真でご覧のように、残存腺腫はきれいに取り除かれ、尿の通り道が確保されました。

手術をしても、前立腺肥大症の症状が取れないで悩まれている患者さんは、結構存在します。そのような主治医の多くは、「前立腺肥大症は残っていないから、症状が取れないのは、気のせいか歳のせい!」と診断するのです。この病気でお悩みの方は、ご相談ください。

|

« 去勢抵抗性前立腺ガンの予防対策 | トップページ | 前立線とガンの気持ち? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 去勢抵抗性前立腺ガンの予防対策 | トップページ | 前立線とガンの気持ち? »