« 前立腺癌患者は不安から不要な手術を選ぶことも m3.comから | トップページ | 前立腺ガンの顕在ガンの証明 »

PSA値が高くなる原因❷

PSAに関しては、このブログで機会があれば、たびたび解説しています。
ここで、まとめて解説したいと思います。

❶まず、一番に解説したいのが、前立腺肥大症です。
前立腺が大きいと、排尿時にかかる圧力が前立腺を圧迫します。その結果、排尿する度に前立腺の内圧が高くなり、その圧力が前立腺の腺組織を絞ります。絞られた結果が、腺組織内に多く含まれているPSAとうタンパク質分解酵素が滲み出し、それが血管内に侵入し、血液中のPSA値を高くするのです。
泌尿器科を専門とする医師が、この位の想像力が発揮できない のが 情けない !
前立腺の正常値が20ccだとすれば、PSAの値の正常値4.0もそれに比例します。例えば、前立腺の大きさが2倍の40ccであれば、正常値は8.0、前立腺が4倍の80ccであれば、正常値は16.0という具合にです。

❷次に解説すべきは、排尿障害です。前述の前立腺肥大症にも関連します。しかし、前立腺が大きくなくても、膀胱頚部硬化症という前立腺の病気が排尿障害が強くするのです。超音波エコー検査で、その所見は容易に得られるのですが、超音波エコー検査を十分に勉強していない泌尿器科医には読めません。

❸前立腺の慢性炎症が挙げられます。慢性炎症の所見としては、前立腺内の石灰化や前立腺結石です。前立腺結石の存在は、排尿障害の存在を示唆しています。

❹前立腺嚢胞(ミュラー管嚢胞)です。先天性の構造異常です。前立腺組織内に前立腺組織を圧迫する構造が存在すれば、当然、前立腺組織内の圧力が高くなります。

❺前立腺の先天性の構造異常は、所見として得られない場合もあります。マイクロレベル・顕微鏡レベルの異常です。

❻最後ご紹介するのが、前立腺針生検の後遺症です。前立腺組織内を針生検で、そこら中穴だらけにする訳ですから、当然でしょう。しかし。バカな泌尿器科医師は、たくさん開けた穴の全てが、自然に塞がると考えるのです。

❼高齢者のPSA検診と確認のための前立腺針生検は愚の骨頂です。
特に、平均寿命を越えた80歳以上の男性に、PSA検診を実施するのは犯罪です。うがった見方をすれば、金儲け主義と考えます。アメリカでは、高齢者へのPSA検診は患者さん不利益をもたらすだけと、否定的な検査として認定されています。また、ヨーロッパのPSA検診に関する大規模研究ERSPCでは、55歳以下と70歳以上の男性におけるPSA検診の結果は、不利益をもたらすと実際の生データに出ています。しかし、日本では、そのデータを無視し、55歳〜70歳までの有益だというテータを採用しています。私程度の開業医が大学の図書館でレポート資料を収集して気がついたことです。レポートのサマリー(要約)には、有益なことしか記載されていません。よって、日本の研究者や教授はサマリーしか読んでないと思われます。
【参考】ERSPC

❽また、問題なのが、F/T比という検査所見です。これは、フリーPSAとトータルPSAの比率です。
しかし、注意しなければならないのが、上記に挙げた排尿障害を否定しなければ、これらは全く評価できる値ではありません。
詳細に勉強しない泌尿器科医師に命を預けるのはやめましょう!
【参考】freePSA/totalPSA

❾PSA検査キット
最近では、ご自宅でPSA検査ができるキットを手に入れることが出来ます。1回、2千円足らずです。PSAの動向を知りたい方にはお勧めです。

|

« 前立腺癌患者は不安から不要な手術を選ぶことも m3.comから | トップページ | 前立腺ガンの顕在ガンの証明 »

コメント

お世話になっております。No.35191です。前回PSAから6ヶ月経過しましたので測定してみたところ、上昇して4.31でした。ハルナールは6ヶ月、アグリマックスも4ヶ月継続して服用しております。水分摂取量は1日1L未満、排尿回数も1日4回程度です。にもかかわらずPSAは上昇してしまいました。まだ排尿障害が改善されていないのでしょうか。それとも前回ご指摘を受けた部分が影響しているのでしょうか。この値くらいが私の正常値なのでは?と思ったりもしておりますが、ご意見お聞かせ下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
【回答】
問題ないでしょう。

投稿: マーキュリー | 2017/04/23 01:08

早速のお返事ありがとうございます。
来月伺いますので宜しくお願い申し上げます。

投稿: マーキュリー | 2017/04/23 11:13

64歳男性です。先日人間ドックで前立腺がんの疑いを指摘され精密検査を受けるように言われています。状態は、PSA数値が7.63でMRI検査結果によると、前立腺のサイズが横径47mm、明らかな左右差はなく、3時の方向の左移行域にT2WI低信号、DWI高信号、ADCmapにて拡散制限を示す領域を認め、前立腺がんの可能性があると言われています。先生のブログを拝見すると破壊検査である針生検により[眠っていた無害]のガンが目を覚まし、一気に悪性度が増す恐れがあるとのことですが、私の場合は精密検査(針生検)を受けた方がよろしいでしょうか?
【回答】
どのような状態であっても、前立腺針生検は良くないと考えます。
触診をして、前立腺癌が触れるのであれば、さっそくホルモン治療を実施すれば良いでしょう。

投稿: ブライト | 2017/05/10 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前立腺癌患者は不安から不要な手術を選ぶことも m3.comから | トップページ | 前立腺ガンの顕在ガンの証明 »