« 前立腺ガンの顕在ガンの証明 | トップページ | 前立腺ガンの顕在ガンの治療方針 »

難治性の前立腺肥大症の治療

前立腺肥大症の治療を長年しても、症状がなかなか改善しない患者さんが多く来院されます。
主治医の先生には、「歳のせいですね」と冷たく告げられているのです。実は、歳のせいではありません。

❶その理由は、超音波エコー検査をすることで判明します。
触診で前立腺の大きさが正常でも、超音波エコー検査調べてみると、予想外にとても大きい場合が多々あります。前立腺が大きいことが治りの悪い一番の原因です。前立腺の大きさの正常は、約20ccです。ところが、前立腺が相当大きくても、排尿障害の治療薬であるαブロッカーであるハルナールやユリーフ、フリバスしか処方しません。なぜなら。前立腺を小さくする抗男性ホルモン剤を処方すると、前立腺ガンの腫瘍マーカーであるPSA値が簡単に低い値になるからと言って処方しないのです。しかし、抗男性ホルモン剤で簡単にPSA値が低下するということは、前立腺の大きさでPSA値が容易に高くなるということでもあります。そのことを理解して抗男性ホルモンのを処方するのであれば、問題はありません。

❷前立腺肥大症の大きさが40cc以上であれば、使用する抗男性ホルモンのは、プロスタール、40cc以下であれば、アボルブを使用します。なぜ使い分けるかと言うと、プロスタールは前立腺肥大症を元の大きさの半分に、アボルブは前立腺肥大症を元の大きさの7割の大きさにする能力があるからです。

Bph35436m65ps
❸抗男性ホルモン剤を処方しても、症状がなかなか改善しない患者さんもおられます。その場合、超音波エコー検査で、その理由が判明します。膀胱三角部が前立腺肥大症によって押し上げられ、いわゆる「膀胱の魚の目」状態になるからです。この部分が過敏になると、頻尿、残尿感、膀胱疼痛、陰部疼痛、陰部のしつこい痒み症状になります。すると、泌尿器科の主治医は「慢性前立腺炎」と誤診するのが落ちです。その場合、頻尿治療薬であるベタニスやベシケア、ウリトス、トビエースなどが必要になります。

❹これら薬剤でも症状が軽快しなければ、最後の手段として内視鏡手術が登場です。内視鏡手術でこの膀胱の魚の目を切除すれば良いのです。他の病院で前立腺肥大症の手術(TUR-Pやレーザー手術)実施しても、「膀胱の魚の目」が手付かずの場合、症状は取れないからです。

❺治療をまとめると、次のようになります。
前立腺肥大症を小さくするために、抗男性ホルモン剤としてプロスタール、アボルブがあります。
排尿障害の治療薬としてユリーフ、ハルナールがあります。
膀胱三角部の興奮を抑えるために、ベタニス、ベシケア、ウリトス、トビエースを処方し、場合によっては、ユリーフやハルナールの手助けも必要になります。

|

« 前立腺ガンの顕在ガンの証明 | トップページ | 前立腺ガンの顕在ガンの治療方針 »

コメント

エコー検査で膀胱に近い部分が肥大しているといわれました。これは先生の言われる膀胱の魚の目状態ではないかと思っています。アボルブとフリバスによる治療(約1年)でも頻尿、陰部疼痛と尿の勢いが弱い症状があまり改善していません。いくいくは内視鏡手術を考えています。
先生の言われる膀胱の魚の目を理解し、それを内視鏡手術で削除できるドクターは高橋先生以外に日本にいるのでしょうか?
【回答】
前立腺肥大症の中葉肥大型として手術を実施すれば、恐らく「魚の目」の部分も処理されます。

投稿: | 2017/05/22 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前立腺ガンの顕在ガンの証明 | トップページ | 前立腺ガンの顕在ガンの治療方針 »