« 週刊現代の記事から | トップページ | PSA値を下げるサプリメント »

前立腺とサプリメント

患者さんのコメントで披露しているように、前立腺や夜間頻尿に効果のあるサプリメントが幾つかあります。ここで、ご紹介します。


ノコギリヤシ
日本ではサプリメントですが、主な薬効のある成分は、βシトステロールです。フランスでは薬として、公けに医師が使用しています。
確かに排尿の負担が軽減し、夜間頻尿が少なくなるようですほさね。サプリメントは万人に効果がある訳ではないので、日本ではサプリメントの地位しか与えられませんでした。
日本では、大小の健康食品会社が多数販売しています。幾つか試してみて、ご自分にピッタリ合った製品を購入してください。3ヶ月試してみて効果がなければ、貴方にはノコギリヤシは効かないということになります。
ドイツでは、前立腺肥大症の初期治療に処方されます。
【参考】サントリーHP
【参考】やわたHP


アグリコン型イソフラボン
大豆にわずかに含まれふ成分です。
自然界のホルモン物資と言われています。効果はあるのですが、我々が食事で摂取する量では、少な過ぎて効果が出ません。納豆や豆腐や豆乳を毎日100個100丁100杯食べ飲めば効果が得られるでしょう。しかし、現実の実生活では、不可能です。
イソフラボンの有効成分はアグリコン型イソフラボンという微量な成分です。大豆を酵母で発酵させ、無効のイソフラボンをアグリコン型イソフラボンに変え、濃縮したサプリメントが製品化されています。

医療機関でお勧めが、アグリマックスという製品です。
「アグリコンがMAX」と「いかにも」と言う商品名ですが、様々なコメントで見るように評判は良いようです。

アグリコン型イソフラボンは、前立腺に直接作用するので、原因不明のPSA値上昇が低下するのは、患者さんのコメントで披露されています。

健康食品やサプリメントを興味のある医療機関にお問合せください。
高橋クリニックでは、このアグリコン型イソフラボンの無料サンプルがあります。ご希望の方は、クリニック受付スタッフに、「無料相談で来ました」と告げてください。私が直接サンプルを差し上げます。

ただし、医師である私が勧めるサプリメントと言っても、これもあくまでもサプリメントですから、効果の出ない方もおられます。3ヶ月試してみて効果が得られなければ、お止めください。
【参考】高橋クリニックのブログ


カボチャの種
カボチャ(ヘポカボチヤ)の種子は、ドイツで薬として使われるサプリメントです。種の自然界の様々な成分が効くとされたいますが、日本では詳細は不明です。
頻尿・排尿障害の治療のサプリメントとされています。男性にもご婦人にも効果があるとされています。
商品の広告には、下記の効能が掲載されています。
女性の排尿障害を軽減、前立腺肥大を抑制、骨粗しょう症を予防、体力を増強、新陳代謝を活発、コレステロール値を下げる、老化や病気を予防など、良い事しか書いていません。
この内容から、医師の立場で考察すると、カボチャの種の成分は、イソフラボンと同じく自然界の男性・女性共通のホルモン作用を持ち、若い時の状態にリセットするということでしよう。
【参考】AmazonHP
【参考】ダイドーHP


オメガ3オイル ω3
DHA・EPAで有名な魚油が、オメガω3オイルです。
この油成分は、抗酸化作用を持っています。つまり、抗炎症作用で、炎症を抑える作用があるのです。
生体内の不具合な異常に対して起こる全ての現象が、「炎症」と呼ばれます。
バイ菌が原因なのは、炎症の一部です。怪我や火傷や排尿障害や動脈硬化や薬剤の副作用に対する全ての生体反応が、「炎症」なのです。
前立腺肥大症の頻尿や痛みや残尿感などは、排尿障害による「炎症」症状と考えます。
【参考】サントリーHP


グリシン(アミノ酸の一つ)
テレビ広告で「自然の睡眠薬」として有名なのが、グリシンというアミノ酸です。
体内に含まれている鎮静作用のあるアミノ酸です。泌尿器科的には、膀胱や前立腺の神経支配の中枢にある神経節に多く含まれています。神経節内で、このアミノ酸が欠乏すると、膀胱や前立腺が過敏になって、頻尿・残尿感・膀胱痛が症状として発現することが、医学的にも分かっています。
各社、いろいろ販売しています。
【参考】味の素HP

|

« 週刊現代の記事から | トップページ | PSA値を下げるサプリメント »

コメント

大変解りやすくためになりました

機会が有れば漢方薬の話も聞いてみたいです

宜しくお願いします

【回答】
漢方薬は、4千年前の中国で開発され治療薬です。
その当時の中国では、平均寿命が30歳もありません。
なぜなら、戦争ばかりで殺しあっていて、長命の人間は非常に少なかったのです。
中国人と日本人では、人種が違い、体質も違います。
また、大陸の環境と日本の環境も違います。
水は、中国では硬水で日本では軟水です。
薬草の名前は同じでも、中国大陸の土壌と日本の土壌は違います。
土壌の成分を吸い上げている薬草が、中国と日本が同じである訳がありません。
ですから、日本の現代人に漢方薬が効くとは思えません。
稀に、有効な人はいますが・・・。

投稿: 心なしか | 2017/03/31 08:45

早速の回答有難うございます。
話が飛んでしまうかもしれませんが
MRI検査で使う造影剤について、先生の意見をお伺いしたいです。

宜しくお願いします
【回答】
問題ありません。

投稿: 心なしか | 2017/03/31 20:32

グリシンの服用を考えているのですが、先生の考える1日の摂取量の推奨量はどのくらいでしょうか?
睡眠の改善を目的とした場合は、1日3gが目安のようですが・・・。
【回答】
3グラムから始めて、様子をみれば良いでしょう。

投稿: えいじ | 2017/05/06 21:43

ありがとうございます。
症状が改善されたら、診察時に報告します!

投稿: えいじ | 2017/05/11 15:36

宮城県の蔵王町に住んでます、先生のホームページを視て仙台で前立腺がんと診断され先生にまた診察してもらった者です、帰りがけ先生が俺が触ったのは石かも知れないといわれ、薬を処方してもらいました。
信じて針を拒否しました、光過敏症でブロスタールを先生からやめるよう言われましてやめました。その10日後にPSAの検査で2.1また1っか月後にPSAの検査をしましたまた1.2まで下がりました。
ブロスタールの薬は1っか月後まで効き目は残るのでしょうか、担任の先生先生にはブロスタールの話はしてませんでした。このままでいいのでしょうか。
☪️回答
はい。

投稿: 渡邉 | 2017/08/19 16:52

高橋先生,お世話になります.先生にプロスタールを処方していただいたものです.プロスタール服用でPSAは2.22まで低下しましたが,服用停止して90日後に5.65に戻っていました.(服用前は6.05でした.)上にある質問では一ヶ月後にもプロスタールの効き目は残っているとのことですが,90日後にも残っているでしょうか?そうだとすれば,実際のPSA値(プロスタールの影響を受けない場合の)はもっと高くなっているかもしれないと考えられますか?前立腺が縮小していればもう少しPSA値が低下していてもおかしくないと思ったのですが,コメントいただければ幸いです.
☪️回答
プロスタールは、前立腺の細胞を萎縮・自滅させる働きがあります。
しかし、薬を中止すれば、前立腺の細胞はすぐに再生します。
ただし、PSAを漏らしていた前立腺細胞が萎縮し、運良く瘢痕化すれば、そこからはPSAが漏れませんから、PSAは上昇しません。

投稿: T | 2017/08/20 14:39

高橋先生,
早速のお返事ありがとうございます.といことはプロスタールがPSAに与える影響の持続性は人によって異なるということでしょうか.運次第ということですね?.
それでは失礼いたします.

投稿: T | 2017/08/20 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊現代の記事から | トップページ | PSA値を下げるサプリメント »