« 糖尿病治療薬が前立腺癌治療に効果? m3.comから | トップページ | 夜間頻尿の治し方のコツ »

前立腺がん検査のガイドライン発行で受診率が減少 m3.comの記事から

 前立腺がんのスクリーニング検査は便益よりも害のほうが大きいとする米国予防医療作業部会(USPSTF)の結論を受け、米国では検査を受ける男性が減少していることが、新たな研究で明らかにされた。別の研究では、プライマリケア医がこの決定を広く受け入れていることも判明した。これらの研究は米ニューオーリンズで開催された米国泌尿器科学会(AUA)年次集会で発表された。

 第一の研究では、USPSTFの勧告後、米オレゴン健康科学大学(OHSU)が運営するクリニックで、PSA(前立腺特異抗原)検査の受診率が50%低下したことが示された。研究の筆頭著者で同大学の泌尿器外科医であるRyan Werntz氏らは、この勧告によりスクリーニングのパターンが変化し、前立腺がんで死亡する男性が増加するおそれがあるとしている。

 一方、米国がん協会(ACS)のOtis Brawley氏は、検査による害を考慮し、十分に検討したうえでスクリーニングが実施されるようになったことは好ましい傾向だと述べる。

 USPSTFは2012年5月、PSA検査を用いた前立腺がんスクリーニングを勧めないとする最終勧告を発行。前立腺がんによる死亡リスクの低さに対して、治療による勃起不全や失禁は患者のQOLを大きく害する可能性があると結論付けた。この勧告を受け、OHSUのクリニックでは40歳以上のPSA検査受診率が14%から7%に減少した。スクリーニングによる便益が最も大きいと思われる50~70代では、19%から8%へと最も大幅な減少がみられた(56%減)。40代と70歳以上では有意な変化はなかった。

 第二の研究では、激しい論争とは裏腹に、マサチューセッツの多くの医師がこの勧告を支持していることがわかった。研究の筆頭著者で米マサチューセッツ大学医学部(ウースター)准教授のJennifer Yates氏によると、調査対象とした73人の医師のうち、約80%がルーチンのPSA検査は患者への便益よりも害のほうが大きいと考えており、約3人に1人がPSA検査によって前立腺がんで死亡する確率が低下することはないと回答した。調査ではさらに、USPSTFの勧告について誤解があり、多くの人が直腸診も実施すべきではないと解釈していることが判明した。

 USPSTFによる勧告は、AUAおよびACSが発行するガイドラインよりもさらに踏み込んだものだとYates 氏は述べ、特定患者に標的を絞った選択的なスクリーニングの実施が必要だと指摘している。なお、学会発表されたデータおよび結論は通常、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

|

« 糖尿病治療薬が前立腺癌治療に効果? m3.comから | トップページ | 夜間頻尿の治し方のコツ »

コメント

平素からお世話になりまして本当にありがとうございます。
オーストラリア タスマニア州在住の○○です。
(患者番号 26693)

これまで一時帰国の際に診察していただいておりましたが、今年は帰国できません。
ハルナール錠は毎日服用していますが、あと5週間分ぐらいしか残っていませんので、処方をしていただくようお願いしたくメールをお送りしています。
以前と同じく方法が変わっておりませんでしたら、まごめ薬局さんから着払いで私の姉宅にお送りいただきますようお手配下さるようお願い申し上げます。
誠にお手数をおかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

薬名: ハルナールD錠0.2mg x 12か月分
送先:○○ 宛
電話
【回答】
了解です。
先日はお気遣いありがとうございます。

投稿: (患者番号26693) | 2015/06/21 19:06

高橋先生
ハルナールの処方ありがとうございました。
水曜日に京都の姉宅に1年分が到着しました。
その前日、まごめ薬局さんに電話しましたら、12か月分のうち3か月は保険扱いにしていただいてましたので、12か月分すべて非保険扱いに訂正していただきました。当方の説明不足でお手数をおかけして申し訳ありませんでした。
郵便局では、オーストラリアへの薬品郵送がなかなか厳しいとのことで、とりあえずは「法定範囲内」の3か月分をタスマニアへ送ってもらいました。12か月分一度に送ると、商業目的だと見做されたりして没収というケースもあるようです。 やはり年に一度ぐらいは帰国しなければならないかと思っております。
お世話になりましてありがとうございました。
高橋先生も健康に十二分ご留意の上、益々ご活躍されますよう祈念しております。

○○○拝

投稿: (患者番号26693) | 2015/06/26 21:54

高橋先生

 はじめまして。
 人間ドックでPSA値が高く針生検まで行いました。
結果は癌ではなく、前癌状態と診断されました。
経過観察ということで、針生検後、四ヶ月後に血液検査を受けました。ドクターアグリマックスは生検後すぐに飲み始めたのですが、四ヶ月後の血液検査では検査時のPSA値が8あったのですが、6(端数は覚えていません)に低下していました。誤差の可能性もあるのですがひとまずは安心しています。

 ブログ中に先生は「1日1錠」と書かれていますが、サプリの箱には「目安1日2錠」とありました。男性の私が1日2錠は多いのでしょうか。
【回答】
多くはありませんが、コストパフォーマンスが悪いからです。
1錠で効果のある人が2錠服用する必要はないと考えるからです。
高いサプリですから。

投稿: ポンポン | 2015/08/04 14:13

高橋先生

ありがとうございます。
今度の血液検査まで一錠ずつ飲もうかと思います。
サプリを飲む時間は特に効果的な時間はあるのでしょうか?
【回答】
いつでもOKです。

投稿: ポンポン | 2015/08/06 14:35

初めまして、57歳男性です。

前立腺肥大と慢性前立腺炎で大学病院に通院中でして、2013年11月の初診時よりα1ブロッカー薬を各種飲んできたなか、排尿障害は徐々には落ち着いてきている体感ですが、2014年11月に処方されたアボルブ1カプセルを服用して1年近くになりますが、本日の受診では前立腺の大きさにまったく改善なく不安でして、高橋先生のアドバイスなりをお聞かせいただければ幸いですというのが質問の1点目です。
【回答】
アボルブよりも強い薬剤はプロスタールですが、EDになります。」

α1ブロッカーについては、初診時にユリーフを処方、排尿がすごくスムーズになったので嬉しかったのですが、同時にのぼせや頭痛動悸、射精障害といった副作用が出たため断薬、すぐにフリバスに変更となり、今日からはハルナールに変更しています。

質問の2点目ですが、どの薬を飲んでも、残尿感がきついときに共通していることは、コーヒー・緑茶などお店や訪問先で出された日、そして仕事などで明らかにストレスや緊張を感じたときに症状が出まして、これを何とかしたいのですが何かアドバイス頂けますでしょうか?
【回答】
貴方の症状とコーヒー・緑茶がリンクするのでしょう。
例えば、梅干しを見たら酸っぱい唾液が出るのと同じ現象です。」


なお、小生、元々コーヒーや緑茶は好きなほうですので、これを止めたくはありません。
【回答】
では、我慢するしかないでしょう。」

また、参考になるか分かりませんが、小生の既往症は1型糖尿病(2002年より)と高血圧・高脂血症(2006年ぐらいより)で、いずれもインスリン注射と投薬中です。

質問の3点目ですが、小生サプリメントも2006年頃から色々摂っておりますが、2008年頃からでしょうか、男性機能の向上にと思って、NO enhancer系のサプリをずっと摂っておりました。これは前立腺肥大に良くないのでしょうか??
【回答】
あまり関係ありません。」


お忙しいところ恐縮ですが、よろしくご教示のほどお願い致します。

投稿: | 2015/09/02 20:48

早速にありがとうございました。

カフェインの嗜好物は結局のところガマンするしかなさそうですね。

が、一方で、NO enhancer系のサプリは前立腺肥大と関係ないとのコメントを聞いてホッとしています。

なお、先生のブログのなかで「一酸化窒素が平滑筋の弛緩に役立つ」というコメントがあるのを拝見しましたが、そうであればむしろ摂取を再開したほうが排尿障害もまた改善するかも知れない、というふうに受け止めてよろしいでしょうか?
【回答】
はい。

投稿: | 2015/09/03 20:46

はじめまして。
54歳の男性です。
”陰嚢のかゆみ”で検索していたところ、先生の「陰嚢のかゆみ」 陰嚢掻痒症と排尿障害という記事に巡り合いました。
症状は1年半前くらいから始まったのですが、最初の頃は、かゆみよりも肛門の出口内側の痛み(左右ランダムに)や陰茎先端の痛みといった症状が主体で、触っても痛くないことや痛みの場所が頻繁に移動することから、関連する神経の問題かなと考えていました。このような痛みが1か月おきくらいに現れては消えを繰り返していたのですが、最近は痛みを感じることはほとんどなく、陰嚢のかゆみが主体でかなりの頻度で起こっています。
陰嚢皮膚の性状は特にただれているということではなく、見た限りは異常はありません。
【回答】
痛みも痒みも関連痛症状でしょう。
必ず排尿障害があるはずです。
排尿障害の治療で症状は改善するでしょう。
まさしく先生の記事にあるような状況かなと思った次第です。
一度は泌尿器科を受診したのですが、尿の細菌検査と、前立腺の肛門からの触診では異常がないとのことで、特に治療は不要となりましたが、根本原因が潜んでいないか不安なままです。
PSA値は全く正常であり、血尿などはもちろん定期健康診断での尿の異常も認められないのですが、もっと以前からとなりますが少し排尿の勢いが人より小さく感じており、最近では少し膀胱付近?の軽いもやもや感を感じています。ただ、頻尿とか夜に排尿を催し起きるようなことはありません。

このような状況なのですが、早めに精密検査などを受診したほうがいいのでしょうか。お忙しいところ誠に恐縮ですが、先生のご助言を賜れば幸いです。

投稿: ちあ | 2015/11/17 23:38

高橋先生お世話になっております。
岡山の大野、診察番号32992です。お体の調子はいかがでしょうか?
今年3月にPSA18で前立腺がんと宣告されました。先生にプロスタールとユリーフを処方していただきました。5月にはPSAが2.2まで激減しその後8月には1.8に11月に1.4になりました。もうラテン癌にちかいのでしようか?そこで3点ほどお尋ねします。
①射精ができるようになるには、いつの時点でしようか?
【回答】
いつでも可能です。」

②もしできた場合、薬の副作用で逆射精になりますが体のなかに問題はないでしょうか?
【回答】
問題ありません。」

③今後の治療方針を大雑把でいいですからお願いできませんか?
【回答】
貴方はラテント癌ではなく顕在癌です。
PSA値が下がっているということは、プロスタール程度のホルモン剤で抑え込まれた悪性度の低い前立腺癌だということです。
現在、顕在癌がプロスタールで抑えられているということで、前立腺癌が死滅したとは考えない方が良いでしょう。
今後も今の治療を続けるか、あるいは一時的に薬を止めてみるという間欠的治療も選択できます。」

大変お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします。

投稿: 大野 | 2015/11/23 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 糖尿病治療薬が前立腺癌治療に効果? m3.comから | トップページ | 夜間頻尿の治し方のコツ »