« 市民公開講座 | トップページ | 夜間頻尿と「いびき」 »

男性のテストステロン低値は夜間頻尿と関連する(アステラス・ウェブ文献より)

日本語版更新日 2014-01-14

「男性のテストステロン低値は夜間頻尿と関連する」

Int J Urol 2013; Advance online publication
英語版 配信日 2013-12-23

medwireNews: 年齢や前立腺体積に関係なく、男性のテストステロン低値と夜間頻尿には関連性が認められることが、韓国の研究で明らかになった。

高麗大学校医療院九老病院(ソウル)のDu Geon Moonらは、2011年7月~2012年8月に下部尿路症状で同施設の外来泌尿器科を受診した患者2180例を対象に検証を行った。

全被験者のうち148例(6.8%)に明らかなテストステロン欠乏(<2.50 ng/mL)が認められ、1399例(63.7%)に3日間の頻度・尿量記録において1回以上の夜間排尿(夜間頻尿)が認められた。

年齢、BMI(体格指数)、前立腺体積なども含めた多変量線形回帰モデルでは用量反応関係が認められ、テストステロン値が0.142 ng/mL低下するごとに1晩当たりの頻尿回数が1回増加した。

併存疾患の有無を組み入れたフルモデルでは、テストステロン値は夜間頻尿と有意に関連し、明らかなテストステロン欠乏が認められる患者は、テストステロン高値の患者に比べて、夜間頻尿を経験する確率が60%増加することが明らかになった。特に、テストステロン値の低下に伴い夜間多尿オッズは93%増加した。

さらに、排尿量、排尿頻度、機能的膀胱容量の概日調節障害についても、それぞれの値を経時的に記録することにより検証を行った。多変量解析の結果、8時間尿量の変化について、血清テストステロン欠乏患者とテストステロン高値患者の間に有意差が認められたが、排尿頻度や膀胱容量では認められなかった。

「排尿頻度よりもむしろ尿生産量がテストステロン欠乏と関連することが示されたことから、病因を明らかにすることは重要である」とMoonらはInternational Journal of Urology誌で述べている。

今回の結果は、夜間排尿頻度が概日リズム障害を引き起こし、それがテストステロン生産量低下につながるという逆の因果関係と矛盾している、とも著者らは述べている。それよりも、テストステロン分泌の概日リズム障害が、夜間尿生産および総テストステロン値低下の両方に共通する因子である可能性が高いと、研究者らは示唆している。

【補足】
夜間頻尿の男性の血中男性ホルモン(テストステロン)値が低いという文献です。
その理由に関して、色々解説していますが決定打は出ません。

日中の頻尿も含めて、夜間頻尿の患者さんには、必ず排尿障害があります。排尿システムには陰部神経が深く関与しています。陰部神経は、排尿機能の他に勃起神経としての役目も担っています。つまり、排尿障害の患者さんの陰部神経は疲弊して勃起させることは出来なくなります。長い年月の間、勃起しないような男性としての個体には、男性ホルモン(テストステロン)を作る必要はなくなります。ある意味、男性ホルモンに関連した分泌腺の廃用機能委縮の状態です。結果として、テストステロンは低値になります。

|

« 市民公開講座 | トップページ | 夜間頻尿と「いびき」 »

コメント

64才の主人の事で失礼ながら初めてご相談いたします。
今までの経過時系列で書かせていただきます。
h21年ー前立腺がん検診spa1.7
h22年1月 脳出血で入院脳出血の後遺症で右半身障害あり。要介護2 1日の尿回数15回ぐらいで時間もかかり、1度の尿量は少量。ユリーフ2錠とウブレチド1錠服用。
h25年末前立腺がん検診spa 4.7 で要精査。
h26年1月血液検査spa 5.4 f / t比11%
この時、生検を勧められましたが、その前に髙橋先生のブログに巡り会い、とりあえず生検を断り3か月ごとの血液検査で経過観察です。
又2月からブログで拝見した大豆イソフラボンを服用しており、4月の血液検査の数値が下がってるといいのにと思っています。
医者が云うには、脳出血の後遺症で膀胱の機能も下がるので、その影響もあると思うがーとの事です。触診では前立腺はそれ程大きくないとのことです。
どちらにしても、生検をして心身ともに主人に負担をかけたくない思いです。今となっては、ガン検診を受けなければ良かったと後悔している次第です。
主人のような後遺症を持つ方で前立腺がんや肥大の治療をされている方はどのように過ごされているのでしょうか?
お教え願えればと思います。よろしくお願いします。
【回答】
まずは、超音波エコー検査で前立腺の大きさを測定してください。
30cc以上であれば、前立腺を小さくする薬(抗男性ホルモン剤)が必要になります。
ウブレチドは逆効果になることがあります。
試しに休薬してみてください。

投稿: 登録no878 | 2014/03/10 23:16

今年一月末の健康診断でPSA値4.55で有る事が分かり
泌尿器科の受診を勧められました。
今月7日に近くの泌尿器科を受診し
PSA4.07触診異常なしとの事で
3ヶ月後の再診でもう一度血液検査を
しPSAの変化を診る事になりました。
3ヶ月後まで何もしないのでよろしいので
しょうか?
少し不安です。
先生コメントをいただけますでしょうか?
【回答】
心配無用です。

投稿: 56歳男性 | 2014/03/15 18:42

先生
コメント有難う御座いました
安心しました

投稿: 56歳男性 | 2014/04/04 12:50

5年ほど前まで、アナフラニールという抗うつ薬を4年ほど服用していましたが、尿の勢いや頻尿の症状が出たので抗うつ薬の服用を止め、かかり付けの内科の医師に相談し、PSA検査を行いました。数値5ぐらいでした。医師は数値が少し高いですが前立腺肥大でしょうとのことで、ハルナールを処方してくれました。
服用後尿は比較的スムーズに出るようになりましたが、夜間頻尿と切迫尿意がかなり顕著になってきました。
昨年あたりからハルナールが効かなくなり、排尿時にりきんでも少量しか排泄されなくなり、残尿感があり、酷いときは排尿して15分くらいで切迫尿意が起きます。しかし
トイレにいっても少量の尿しか出ません。
以上の内容を内科の先生に相談したら、昨年暮れからユリーフとエビプロスタットに変更になりましたが、さほど改善もされず、先月再度医師に相談したら5年ぶりにPSA検査を実施し2週間後に検査結果PSAの数値が10.46で
大学病院の泌尿器科を紹介され、今月受診予定です。
大学病院での初回の検査はエコーや触診検査をして、また日を改めて生検とかするのでしょうか。
【回答】
針生検になるでしょう。」

また、検査結果ガンではないと判明したら、前立腺肥大手術をしなければいけませんか。個人的にはアボルブを服用して、もし効果なければ最終的に手術をしたい考えです。
【回答】
薬剤治療でOKです。」

以上長文で申し訳ございませんが、藁にもすがる思いで投稿させていただきました。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 匿名62才男 | 2014/04/14 17:58

早速のご回答ありがとうございます。
先生の助言で元気が出ました。

投稿: 匿名希望62才男 | 2014/04/18 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市民公開講座 | トップページ | 夜間頻尿と「いびき」 »