« 高齢者のPSA検査は正常値を上げた方が良い?(m3.comから) | トップページ | 前立腺癌と前立腺肥大症の鑑別 »

針生検のヒット率

前立腺の大きさを直径35mm(3.5cm)のほぼ球体として考えると、超音波エコー検査で長軸×短軸×横径×0.52=前立腺体積として計算できますから、35×35×35×0.52=22.3ccとなり前立腺の正常の大きさ20cc前後になりました。この直径35mmの前立腺をモデルにして、前立腺針生検のヒット率なるものを考えてみましょう。

前立腺針生検で触れるのは、直腸診で触れる前立腺の面の部分です。直径35mmのほぼ球体として考えられる前立腺の直腸診で触れる面は、半径17.5mmの円の面積になります。その面積は、
17.5×17.5×π=306.3πです。
針生検の針の太さは直径2mmですから、その針の面積は、
1×1×π=1πになります。
さて、この針を利用して約20ccの前立腺に隠れた一部の前立腺癌を探し当てるのは、前立腺を満遍なく針生検で網羅するとすれば、
306.3π÷1π=306ヵ所を刺す必要があります。
ところが現実の針生検は少ない所で6針採取、多い所で18針採取ですから、針生検で前立腺に隠れた一か所の前立腺癌をヒットする確率は、
2%~5.9%(6÷306=2%と18÷306=5.9%)になる訳です。
つまりPSA値が高く、触診で触れない前立腺に隠れたラテント癌を針生検で見つけることのできる可能性は10%にも満たないことになります。つまりPSA値が高いだけで、針生検で前立腺癌が発見された人は、たまたま「偶然」に発見されたに過ぎません。それよりも年齢だけでラテント癌の存在率を見ると、40歳代で8%、50歳代で12%、60歳代で20%、70歳代で30%、80歳代で50%近く存在する訳ですから、針生検の発見ヒット率よりもはるかに高い確率で前立腺癌は存在することになります。
そうなると針生検の存在価値はどこにあるのでしょうか?

|

« 高齢者のPSA検査は正常値を上げた方が良い?(m3.comから) | トップページ | 前立腺癌と前立腺肥大症の鑑別 »

コメント

2003年からPSAを測っていますが、2010年に3.7から5.0に上がりました。すぐの針11本生検ではなにも出ず。前立腺肥大で46cm3。2011年のMRIは何もなく、2012年の超音波では肥大が49cm3で、TZ-PZ境界にストロングエコーあり、移行領域と周辺領域との境界に結石でしょうか。その後6.7を経て2012年7月は5.0でした。しかし2012年11月に9.0に上がり、2013年1月は8.7です。但し、この11月測定二週間前から左の睾丸後ろと会陰部の痛みと下腹部の違和感がありました。いまは消えましたが。2013年2月のMRIでは拡散強調画像で内腺域(移行領域)において異常信号域が出現。malignancyを否定できないので、生検をすすめるとのことです。もうしばらくPSAで静観するか、生検すべきかわかりません。MRIの新たな結果が疑問で残るのはよくないと思います。コメントいただければ幸いです。
【回答】
前立腺の大きさが49ccですから、PSA値が9.8以下であれば正常とも考えられます。
(PSA値4.0×49cc÷20cc=9.8)
さらに排尿障害があれば、PSA値はもっと高くなります。
前立腺肥大症の治療を優先するべきです。

投稿: 64歳の健康人 | 2013/02/15 22:36

58歳です。8日か来週中に先生に診察していただこうと考えています。夜間頻尿の症状があり、PSAが5,49で、エコーに異常なし。ただ、触診で少々硬いと最近始めて指摘され(触診は4度目)、生検を勧められました。前立腺の大きさは、22CCです。頭が混乱しておりまして、先生のアドバイスをいただけたらと思います。宜しくお願いします。

投稿: まさくん58 | 2013/03/05 18:59

名古屋在住のものです。
前立腺高温度治療についてですが、日帰り治療は可能なのでしょうか?
先生のところでの、この治療を行われたかたの改善具合はどの程度なのでしょうか?
【回答】
現在、前立腺肥大症の前立腺高温度治療は行っていません。
効果は一時的で、α-ブロッカーと同程度で、その上1年は効果が持続しないので、世間でも今は行わない傾向です。

投稿: 名古屋在住 | 2013/03/16 12:41

45歳の夫が人間ドックでPSA8で要精密検査となり、一週間後に総合病院で触診とエコー検査を受けました。触診ではわからなかったとのことで「若いのにこの数値は危険だから針生検しましょう。」と言われました。2,3年前から尿のキレが悪いと言っていました。その他自覚症状はありません。一年前はPSA1~2位でした。先生の記事を読ませていただいて、針生検は躊躇しています。人間ドックの血液検査だけで入院検査までしなくてはならないことが腑に落ちません。かといって素人判断で放置もできないと思っています。北海道在住です。初診当日に検査をしていただくことは可能でしょうか。
【回答】
「尿の切れが悪い」ということから排尿障害が存在しています。
排尿障害は容易にPSA値を高くします。
排尿障害の治療(α-ブロッカー)や前立腺肥大症の治療をおすすめします。

投稿: | 2013/03/18 01:18

2週間ほど前、急な発熱と排尿痛の発生で、インフルを心配して病院に行きました。インフルはマイナスでしたが、「白血球値が高く何らかの感染」とのことで、抗生剤の点滴3回と抗生剤服用処方を受け、これにより気分・排尿痛は快方に向かいました。この医師の紹介で腎臓専門医に回り、検査を受けました(検査時体温38.6℃)ところ、後日、PSA値がきわめて高いと言われ(あやふやなのですが200と言われた記憶が・・・)、前立腺癌の生研を進められました。
その後、高橋先生のブログを拝見して生研自体にも心配を持ち、また高熱の時の検査だったことに疑問を持ち、(熱回復ののち)他の医師にお願いして改めてPSA監査を受けました。結果が本日出てPSA=21、医師からは「僕は生研を勧めます」と言われましたが高橋先生のご見解も気になり悩んでおります。
必要なら高橋先生をお伺いして診察を受けようかと思っておりますが、ご意見をお伺いしたく、発信いたします。
なお、以前から排尿の尿線は細くなったと感じており「トシなりの状態」と勝手に理解しておりました。62歳・男性です。
【回答】
PSAが体の代謝によって半減するまでの時間、つまりは半減期は、1日~5日、平均3日~4日と言われています。
200あったPSA値が100になるまで3日、50になるまで6日、25になるまで9日かかります。
もちろん前立腺の炎症が治まってからの時間ですから、炎症が完全に鎮静されるまで10日間かかったとして、200あったPSA値が21になるまで、10日+10日=20日前後かかる筈です。
また、排尿障害や前立腺肥大症が存在すれば、その時間は、更に延長します。

投稿: tossar | 2013/04/06 13:59

3月18日に投稿したものです。総合病院で針生検を進められていましたが、先生のブログを読ませていただいたので、そこでは針生検を断り、別の病院で、PSA検査と触診してもらいました。触診は異常なしPSAは6。今度の先生は「PSAが高くなるのは癌だけでなく、いろいろな原因や原因不明だったこともある、だけどあなたの年齢でも癌の可能性はゼロではないので、経過観察するかMRIをしてみますか。」とのことでMRIをやってもらいました。ここでも針生検を進められたら、かなり遠方ですが、先生に診てもらおうと思っていましたが、運よく、PSA=癌と決めつけない医師に診てもらえました。MRI異常なし前立腺は29CC。少し大きめとのことでした。ありがとうございました。

投稿: | 2013/04/11 14:57

先生PSA高値から癌を見抜く一番の方法はなんでしょうか? MRAですか? 針検査はしたくありません!
【回答】
一番原始的な方法、触診です。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/bph/2013/04/post-9884.html
をご覧下さい。

投稿: | 2013/04/14 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高齢者のPSA検査は正常値を上げた方が良い?(m3.comから) | トップページ | 前立腺癌と前立腺肥大症の鑑別 »