« がん・統計白書2012から | トップページ | PSA値から前立腺癌治療までのアルゴリズム »

PSA検診でがん疑い急増

Psakoseinenkinhospitalアステラス・ネット・プレスに紹介された記事です。
地域医療連携でPSA検診を導入したら、「前立腺癌の疑い」患者さんが急増したという内容記事です。この通りにPSA検診を積極的に押し進めれば、「前立腺癌の疑い」数が記事のように増え、針生検数も増え、結果として前立腺癌罹患数はさらに増えます。前立腺癌の母集団の増加は、ひいては前立腺癌死の増加を促すのです。

一見して、とても良い事業を推し進めていますが、結果として癌で亡くなる方を増やしているだけです。『癌をたくさん見つけて治療している!』と善意で行っていることだけに、誰も疑問を感じないのが盲点です。
『見つけてはいけない癌を見つけている?』という可能性を危惧します。

|

« がん・統計白書2012から | トップページ | PSA値から前立腺癌治療までのアルゴリズム »

コメント

高橋先生、はじめまして。40歳の会社員です。前立腺癌について調べていたところ、先生のブログに辿り着きました。

今年の9月に受けた人間ドックで、PSAが5.81で要再検査でした。20日後に別の病院で検査したところ、PSAは3.91で、F/T比は0.11でした。

PSAは下がりましたが以前として、40歳のPSA基準値2~2.5に対し高い結果である点と、F/T比が低く、F/T比は10%(0.1)以下の場合は前立腺癌の可能性が50%と判定されるという事も耳にしております。
【回答】
F/T比が低く癌の可能性が示唆されるためには、排尿障害が存在しないことが条件です。
もしも、貴方に排尿障害が存在すれば、F/T比は全く無意味になります。
ですから、排尿障害の検査と排尿障害の治療を優先すべきでしょう。』

今後、どのように検査を進めていくべきかご助言を頂けないでしょうか。

ご多用の折、恐縮ですが何卒、宜しくお願い申し上げます。

投稿: 芝 | 2013/11/02 11:34

ダブりましたらすみません。私43歳男性です。先日、人間ドックでPSA3.8となり、念のため専門医の診断をということになり再検査したところフリーPSA0.1、エコーに影ありで生検となりました。排尿障害はあるような、ないような・・・バケツに入れる検査では指摘はありませんでした。これだけの情報での先生のご意見はいかがですか?(フリーPSAが低いので心配です。生検まで2週間、吐きそうなほど心配です。がんがあったらと思うと夜も寝れません。どうかお助けください。)
【回答】
触診で前立腺癌が触れなければ、存在したとしても潜伏癌です。
様子をみます。

投稿: 〇〇〇〇宣 | 2014/02/11 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がん・統計白書2012から | トップページ | PSA値から前立腺癌治療までのアルゴリズム »