« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

PSAが高く、前立腺癌を疑われた方へ

以下の文面は、PSA検査値が高く、前立腺癌を疑われて高橋クリニックに来院された患者さんに配布しているものです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
PSA検査はご存知のように、前立腺癌の「腫瘍マーカー」検査です。
ところがPSAは「前立腺液」に含まれるありきたりの酵素成分で、前立腺癌特有の成分ではありません。ここに誤解の一つがあるのです。
PSAが高くなる病態としては、排尿障害(前立腺肥大症・膀胱頚部硬化症)や炎症(急性前立腺炎・慢性前立腺炎)そして前立腺癌が挙げられます。ですから、前立腺癌はPSAが高くなる「3つの原因」のうちの「1つ」でしかありません。さらに、PSA検査で高くなる一番の原因は、自覚しているかどうかにかかわらず前立腺肥大症や膀胱頚部硬化症などの排尿障害です。

文献によると、わたしたち男性はかなりの高い確率で前立腺癌を持っています。それを前立腺潜伏癌(ラテント癌)といいます。悪性度とは無関係にその確率(潜伏率)は次の通りです。
【50歳代12%↑、60歳代20%↑、70歳代30%↑、80歳代50%↑】

しかし、腫瘍マーカーとされるPSA検査単独では、このように高い確率で前立腺癌を発見することはできません。人間ドック・健診でPSAが異常値になる確率は文献的に約6%です。さらに前立腺癌が発見される可能性は1%以下です。潜伏癌のほとんどがPSA検査では発見されていないのが現実です。したがってPSAが高くなる本当の原因は、初期の前立腺癌ではなく、ほとんどの場合、前立腺肥大症などの排尿障害が原因と考えられます。前立腺針生検で癌が見つかるのは、潜伏癌の潜伏率の高さから考えて偶然の結果でしょう。そして針生検で癌を確認された患者さん『だけ』が、「前立腺癌」と診断され、その30%が5年以内に前立腺癌で命を落としているという笑えない奇妙な現実があります。
原因はともかくPSAが高くて前立腺針生検により前立腺癌が発見されると、破壊検査である針生検そのものによって『眠っていた無害』の前立腺癌が目を覚まし、悪性度が増し全身に転移してしまうのだと私は信じています。
ですからPSAが高くても私は前立腺針生検を行わず、前立腺肥大症の治療(ホルモン治療)で取りあえず前立腺を小さくし、前立腺癌が『目を覚まさない』うちに癌細胞を前立腺肥大症と共に消滅させる治療を研究模索しています。

この考えや治療法は私独自のものですから、正しいのか否か分かりません。現在の泌尿器科医の中で私の考えは非常識であり一般的ではありません。
私の考えを患者さんに強制するものではありません。信じていただけた患者さんだけが治療をお受けください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
面白い記事を見つけました。私の考えを裏付けるものです。それもPSA検査の生みの親が語っているのです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »