« 健康情報誌「すこぶる8月号」からの抜粋 | トップページ | PSAと前立腺癌(エビデンスの信憑性) »

前立腺肥大症の新しい治療薬

Avolvetestosteron前立腺肥大症の新しい治療薬で「アボルブ」という商品名の新薬が8月から9月にかけて登場します。
この薬は5α還元酵素阻害剤で、男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロ・テストステロン)に変化するのを抑えます。前立腺はDHTに依存していますから、DHTの濃度が少なければ、前立腺は委縮します。
5α還元酵素阻害剤で有名なのは「プロペシア」という育毛剤です。慢性前立腺炎に詳しい方ならば、一時期プロペシアが慢性前立腺炎に効果があるという情報が氾濫したのをご存じでしょう。
しかし、その後、鳴かず飛ばずでした。前立腺が委縮して小さくなるような薬でさえ、慢性前立腺炎を効果的に治すことができなかったのです。「慢性炎症」の場をなくすような治療でさえ、慢性前立腺炎症状を治せなかった事実から、慢性前立腺炎の本質が見えてくるでしょう。

AvolvedhtこのアボルブもDHTの産生を抑えます・
右のグラフに示すように、服用後、たった2週間でDHT濃度は本来の10%近くまで低下するのです。

AvolvedownsizeDHTを抑えることで、前立腺の大きさの縮小率は、半年で25%(元の大きさの75%)、1年で33%(元の大きさの67%)も小さくなります。
もしも、慢性前立腺炎が、本当に前立腺そのものに依存しているのならば、炎症の場の前立腺組織が委縮と縮小は、症状の改善につながる筈です。本当の慢性前立腺炎の患者さんには朗報かも知れません。

Avolvesideeffect男性ホルモンを抑える薬の副作用で問題になるのが、ED、性欲減退、女性化乳房です。
しかし、このアボルブは、男性ホルモンそのものを抑えるのではなく、DHTを抑えるので、従来の抗男性ホルモン剤に比較して副作用が低いのが特徴です。

TestbphDHTが低下することで、なぜ前立腺組織が委縮するのかを解説しましょう。右のイラストをご覧下さい。
テストステロン(男性ホルモン)から変化したDHTは、前立腺の腺細胞や間質細胞に取り込まれ、細胞内の核を刺激します。(イラストでは、テストステロンが直接作用しているように示されていますが・・・) 刺激された核内のDNAは、細胞をコントロールし、成長と増殖を促します。そして生殖に必要な前立腺液をたっぷりと作るのです。

Bphapotosisところが、DHTが欠乏すると、腺細胞も間質細胞も正常にコントロールできなくなり、ついには細胞が死んでしまいます。
死んだ細胞が多いと、吸収されて前立腺全体のボリュームが減少するので、前立腺は委縮します。そして、生殖に必要な前立腺液は少なくなります。

|

« 健康情報誌「すこぶる8月号」からの抜粋 | トップページ | PSAと前立腺癌(エビデンスの信憑性) »

コメント

アボルブと言う薬に非常に興味があります。
質問1
これは海外でAVODART(dutasteride)の名前で売られているものと同じと考えてよろしいでしょうか。
【回答】
はい。

質問2
現在、病院では2週間分しか処方してもらえないと言うことを聞きました。しかし、海外オンラインショップではジェネリックも有り、90日分まで処方してくれるとのこと。これを個人用途で輸入することには、問題無いでしょうか。
【回答】
ご指摘のジェネリックの品質が分かりませんから、お答えできません。

以上、ご教示願えれば幸いです。

投稿: | 2010/01/25 15:40

サプリメントですので効能をはっきりうたう事が出来ないようですが、暗に前立腺肥大症や頻尿に効きそうだと思わせるノコギリヤシ関係のサプリメントが結構一流の薬メーカーも販売しています。愛好者も多いのかドラッグストアーでの人気商品のようです。
先生はノコギリヤシサプリメントの効果についてはどのような見解をお持ちでしょうか。
最近夜に2,3回トイレに起きるようになったので実験してみようかと思います。
【回答】
α‐ブロッカー(エブランチル・ハルナール・ユリーフ・フリバスなど)と同じような作用があるのでしょう。
しかし、薬剤よりは効果は弱いと考えます。

投稿: 今野 | 2011/05/26 21:52

高橋先生、はじめまして。
昨年夏の人間ドックでPSA10.1と出たため、2泊3日で8ヶ所針生検を受けましたが、結果はシロでした。以後、生検の病院を紹介してくれた泌尿器クリニックに月一回通院し、アボルブを30日分処方され、3ヶ月に一度尿流測定と残尿エコー、および採血をされています。昨年12月にはPSAが7.0になりました。来月に測定、採血があります。診断は前立腺肥大です。このサイクルで治療を受けていて、支障はないでしょうか。
【回答】
尿流量測定検査で排尿障害があるのであれば、アボルブにα‐ブロッカー(エブランチル・ハルナール・ユリーフ・フリバスなど)を併用すれば、PSAはもっと下がります。
前立腺肥大症がかなり大きいのであれば、アボルブよりもプロスタールの方が効果的です。

投稿: | 2012/02/29 00:53

高橋先生、はじめまして。
2か月前、84歳の父が尿閉になり、前立腺肥大症で針生検をするように言われましたが拒否しました。PSA値は6.5で、アボルブとフリバスを処方され、今は尿閉も排尿障害もなくなっています。
先日、下記の記事を読み、アボルブについて不安になりました。高橋先生のご意見をお聞かせ頂けると嬉しいです。
http://medical-confidential.com/confidential/2012/07/post-427.html
【回答】
これは当然の結果です。
アボルブは前立腺癌の悪性度の低い(グリソン1・2・3)癌細胞を死滅できますが、悪性度の高い(グリソン4・5)癌細胞を抑えることはできません。
アボルブを服用した患者さんのうち、悪性度の低い癌細胞はいなくなり、ふるいに掛けれれた悪性度の高い癌細胞だけが生き残るので、統計上、悪性度の高い前立腺癌が増える形になります。
それが心配であるのなら、悪性度の高い癌細胞を殺すことのできるプロスタールを服用すべきでしょう。

投稿: | 2012/10/26 09:44

アドルブの服用について伺います。前立腺は結果として萎縮し生殖に必要な前立腺液は少なくなるということですが、服用をやめると前立腺のはたらきはどのように変化するのでしょうか。前立腺の大きさは再び大きくなろうとするのか。また、前立腺液の量は元に戻るのか。
先生のご意見をお願いします。
【回答】
前立腺細胞は薬剤を中止すれば、再生してきて大きくなり前立腺液も作られます。
前立腺細胞は不屈なのです。
したがって、その前立腺細胞から生まれた前立腺癌細胞は、もっと強いのです。

投稿: 62歳男性 宮城 | 2013/08/11 18:44

>前立腺細胞は薬剤を中止すれば、再生してきて大きくなり

とのことですが、たとえば半年服用して1CM小さくなった場合に、服用をやめるとその1CMはどのくらいの時間で元に戻ってしまうと考えたらよいでしょうか?
【回答】
単純に半年と考えれば良いでしょう。

投稿: | 2013/11/08 15:55

PSAが4-4.8です。まだ針生険の話は出ませんが、早晩医師は薦めます。私は拒否します。
10年続くPSA4,0-4.8私は70歳、この年齢2割は癌です。10年PSAが、極度に増加しないのは、おとなしい細胞と判断出来ます。では先生、確定診なしで、少量の抗がん剤「ホルモン」で
癌を死滅出来ないが、余命10年何とか、体を傷つけず生きる道は、最後は「放射線外照射」300万円かかる重粒子線で、闘うにはやはり針生険になります、転移で死ぬんでしょうが、針生険なしで10年後静かに死んで生きたい、こう言う患者先生は、診てあげようと思いますか、10年の戦いです
【回答】
PSA値が高い=前立腺癌ではありません。
前立腺肥大症や膀胱頚部硬化症などの排尿障害でもPSA値は高くなります。
排尿障害の治療をしてPSA値を下げ、安心して10年間以上長生きしてください。

投稿: 石井 | 2014/05/14 23:39

細胞が死んでしまうと言う事は全滅と言うことでしょうか?
全滅の場合、どんな悪影響がでますか?
【回答】
全滅しません。
前立腺はしぶとくて、内視鏡手術で削り取っても、数年すれば再生してくる人が存在するくらいです。
心配無用です。

投稿: KK | 2014/11/02 14:14

前立腺の薬として今迄、アドルブを一日一錠2年間飲んでいたが、最近主治医から薬は飲まないほうが良いと言われて薬はもらっていません。薬をくれない理由を主治医に聞いても理由を教えてくれない。不安で仕方ないのでアドバイスをお願いします。現在は尿を出す為の管を入れています。今迄は痛み止めとしてカロナールを服用していましたが現在は使用していません。
【回答】
アドルフではなく、アボルブでしょう?
実はアボルブはフランスの工場で生産し、世界中に供給していました。
ところが、最近になってフランス工場でフランス政府から生産ストップの命令が下され、供給できない状態になりました。
その影響で、日本でもアボルブを漸次供給できなくなりつつあります。
貴方の主治医の対応は、その先駆けでしょう。

投稿: matsu | 2015/12/01 11:59

お世話になっています。

現在、ユリーフとアボルフを使用して
改善されていますが、低血圧気味に
なり立ちくらみなどの症状が出ています。

副作用を調べたところユリーフには
上記の症状が出ることがあるとあり

数日、飲むのをやめてみましたら
改善されてました。

代替え薬としてこのような副作用の
ないものかサプリでノコギリヤシや
大豆イソフラボンを試してみたいと
思いますが、いかがでしょうか?

投稿: 診察No.35409 | 2017/06/12 11:20

アボルブの休薬可能期間の目安についてお尋ねします。先生より処方されて、3週間程ですっかり調子が良くなりましたので、50日ほど飲んだ後で休薬してみましたら、5日の休薬でギブアップしました。もし半年ほど続けて服用した場合、休薬可能期間はもっと劇的に伸びるものでしょうか?効率の良い休薬をしたいものでこのような質問をさせていただきました。
☪️回答
人間の体は複雑です。
単純な法則がある訳ではありません。
人それぞれです。

投稿: TI | 2017/09/03 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/45787111

この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺肥大症の新しい治療薬:

« 健康情報誌「すこぶる8月号」からの抜粋 | トップページ | PSAと前立腺癌(エビデンスの信憑性) »